Translation requests/WMF/Access to nonpublic data policy/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to: navigation, search

Need help? See the Translation FAQ or Meta:Babylon. All translators should also subscribe to translators-l to be kept up-to-date (and to ask questions).



非公開データ閲覧権限に関する方針[edit]

この方針の意図するところは、ウィキメディア財団のプライバシー・ポリシーが対象とする非公開データを閲覧する権限をもつボランティアが個人的にも法的にも信頼しうる存在であることを確保することです。 The intent of this policy is to ensure that volunteers who have access to nonpublic data covered by the Wikimedia Foundation privacy policy are personally and legally accountable.

1.ウィキメディア財団に対し身元証明した人だけが、非公開データやその他の非公開情報を作成、収集することが許可されます。そうでない場合、そのような非公開データや情報はウィキメディア財団が保持するのみで、プライバシーポリシーにより、開示できません。

1. Only persons whose identity is known to the Wikimedia Foundation shall be permitted to have access to any nonpublic data or other nonpublic information produced, collected, or otherwise held by the Wikimedia Foundation, where that data or other information is restricted from public disclosure by the Wikimedia Privacy Policy.

2.どのコミュニティのプロセスで選ばれて非公開データを閲覧する権限取得を認められたボランティアであっても、ウィキメディア財団に対して身元証明を十分に果たすまでは、その権限を付与されません。身元保証の要件には、その利用者が満 18 歳以上、かつ、居住地法で成年であり、保護者の承認なしに行動できることも含まれます。

2. Any volunteer who is chosen by any community process to be granted access rights to restricted data shall not be granted that access until that volunteer has satisfactorily identified himself or herself to the Foundation, which may include proof that such user is at least 18 and explicitly over the age at which they are capable to act without the consent of their parent in the jurisdiction in which they reside.

3.この決議が採択された時点ですでにそのような閲覧権限をもつボランティアは、議決採択から60日以内にウィキメディア財団に対して十分な身元証明を果たさなければなりません。さもなくば、非公開データの閲覧にかかわる権限は剥奪されます。身元保証だけが足りないために権限を剥奪された優良利用者の場合、身元保証がなされた場合、財団の裁量判断により権限が再付与されます。

3. Any volunteer who holds such access rights at the time of the adoption of this resolution must satisfactorily identify himself or herself to the Foundation within 60 days of the adoption of this resolution, or have any and all such access rights revoked. Volunteers otherwise in good standing whose access is revoked for failure to identify may have those access rights restored after providing identification, at the discretion of the Foundation.

4.この議決が対象とするボランティアには、すべてのスチュワード、チェックユーザー権限保持者、オーバーサイト権限保持者、および非公開情報を含む電子記録(たとえば、閲覧者や編集者のIPアドレスなど)を閲覧可能な開発者が含まれます(ただし左記に限定されるものではありません)。 :4. Volunteer positions covered by this resolution include, without limitation, all stewards, all holders of the "checkuser" and "oversight" rights, and all developers with access to any electronic records which contains nonpublic information (such as the IP addresses of readers or contributors).

5.OTRSアドレスやその他のコミュニケーションシステムに関する方針は、この決議の趣旨に従って財団スタッフにより規定されます。

5. The access policies for OTRS e-mail queues or other communication systems of the Wikimedia Foundation are defined by WMF office staff in accordance with the intent of this policy.

6.公開プロジェクトにおける削除された版の管理者による閲覧などは、この方針のもとでの身元証明を必要としません。

6. Access to deleted revisions on a publicly editable project, such as that held by administrators, is not sufficient to require identification under this policy.

7.この方針に従ってボランティアが財団に明かした身元情報は、部外秘の非公開情報として取り扱われ、ウィキメディアのプライバシーポリシーに定める場合に該当する以外には開示されません。

7. Identifying information disclosed to the Foundation by a volunteer in compliance with this policy shall be treated as confidential, nonpublic information and shall not be released except consistent with the Wikimedia Privacy Policy.

8.この方針に対する例外が有りうるのは、理事会の議決があった場合のみとなります。

8. Exceptions to this policy may be made only by resolution of the Board of Trustees.

この方針の最終更新日: 2007年6月2日
Policy last updated: June 2, 2007