愚かな人間になるな

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search

Other languages: en

Noto Emoji Pie 1f4c4.svg This is an essay. It expresses the opinions and ideas of some Wikimedians but may not have wide support. This is not policy on Meta, but it may be a policy or guideline on other Wikimedia projects. Feel free to update this page as needed, or use the discussion page to propose major changes.

愚かな人間になってはいけません。もし人々がこの規則に従えば、他の規則は自然に運用され直感的に理解されるでしょう。

「愚かな人間になるな」は、あらゆる論説の裏に流れる基本的なメッセージであり、社会空間での汎用的な方針です。すべての規則は、愚かさの境界を定義しようとする試みです。

ウィキメディアのサーバーには非常に多くの容量がありますが、それでも愚かさの詳細やその様々な種類(馬鹿者、頑固者、卑しい人間、完全におかしい人間)を説明するには不十分です。

愚かさの本質とは、愚かな人間が自分の愚かさに気づくことがめったにないことにあり、したがって、愚かな利用者に対しては、単純にこの方針を引用して問題が解決したふりをするよりは、たとえいらいらさせられたとしても、状況に応じた問題点を説明する方が有効でしょう。

忘れないで下さい。「善意を見つけ出せ」は「愚かさで説明できることに悪意を見出すな」のより優れた言い換えです。愚かな人間にならないようにしてください。