合意形成

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Consensus and the translation is 90% complete.
Other languages:
Bahasa Melayu • ‎Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎Lëtzebuergesch • ‎Nederlands • ‎Sunda • ‎Türkçe • ‎Zazaki • ‎asturianu • ‎dansk • ‎eesti • ‎español • ‎euskara • ‎français • ‎italiano • ‎latviešu • ‎lietuvių • ‎magyar • ‎occitan • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎shqip • ‎čeština • ‎Кыргызча • ‎русский • ‎татарча/tatarça • ‎עברית • ‎العربية • ‎فارسی • ‎مصرى • ‎پښتو • ‎मराठी • ‎हिन्दी • ‎தமிழ் • ‎తెలుగు • ‎മലയാളം • ‎中文 • ‎中文(简体)‎ • ‎日本語

皆が平等の権限を有することから(ブロック、削除、保護、管理者に限定した機能を除く)ウィキメディアは合意を形成することで運営されるだけで、従ってどんな変更も元に戻すことができます。合意は紳士的な対話と交渉を通じて形成されています。

メーリングリストで形成される合意の一つは次の通りです。

事実上WPの基準が、その表すことの良い例証にさえなっている。広く合意を形成するコミュニティーを横断する混合、同意しないが不満もなく「不同意のための同意をする」人々、同意しないが与えられた問題に高い価値を認めない人々、強硬に不同意するがコミュニティーの視点があることを認めその段階で尊重する人々、能弁で不和を齎す集団、「法の範囲外で」活動する人々がいる。合意を形成しようとする際に満場一致でなければ自分が合意しているか気付くことになる。

その問題に関する異なった視点を的確且つ適切に表明するためにともに活動する善意に取る努力を行う道理を弁えた編集者の中で作用することしかできないことを忘れないでください。

合理的な地位を構成することを正確にいちいち明示することは、困難です。殆ど全ての編集者は、自分の地位が合理的であると信じていて、良き編集者は、自身の立場に反する地位も合理的であると認めています。しかし、ウィキメディアの合意過程は、別の視点を誠意にみなすことを拒否することで結合される風変わりな地位に関して扱いにくい主張を正当化していません。誠意については偏った編集に従事する間に中立的な観点によると編集している膨大な強調される主張は、活動の本質に関して紙に書かれることはありません。

合意はNPOV(または他の公式政策)に勝るべきではありません。しかし、ある編集者集団はしつこさや数、組織を通じて一定の事実と観点を締め出し得る可能性があります。この編集者集団はNPOVを侵害するある編集の半に合意すべきではありませんが、時折何をしてでもそうすることになります。この点は概して悪いこととされています。

関連項目