通知

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Echo (Notifications) and the translation is 93% complete.

Other languages:
English • ‎Esperanto • ‎Lëtzebuergesch • ‎Nederlands • ‎asturianu • ‎azərbaycanca • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎occitan • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎العربية • ‎مصرى • ‎मराठी • ‎ភាសាខ្មែរ • ‎中文 • ‎日本語
MediaWiki のメール通知機能はページをウォッチする方法のヘルプページに解説しています。
通知に関して協力できる場合は MediaWiki.org のポータルへお越しください。

利用者ガイドはヘルプ:通知にあります。

このプロジェクトの概要。

通知プロジェクト (英語版では Echo ともいう) はウィキメディア財団のGrowth 部門が新規に進める構想で、通知の方式としてウィキペディアなどのMediaWikiを使うサイトに既存の ウォッチリストの仕組みを増強することを目指します。拡張機能の説明文書とプロジェクトのポータルは MediaWiki のサイトのEcho (Notifications)にあります。現在も進行中の開発を手伝ったりテストする人を募集しています。通知機能を試すチャンスがありましたら、ぜひこの短いアンケートにご協力ください。また英語版ウィキペディアの議論のページへのご参加もお待ちしてます。

タイムライン

通知機能は mediawiki.org で入念な試験を重ねた後に、英語版ウィキペディア (2013年4月30日) とMeta-Wiki (2013年7月25日) に実装。その後、数十言語のウィキペディアに導入し、リリースのプランが相次ぎました。初期の機能を見てみましょう。

  • Talk page messages: When a message is left on your user talk page. This replaces the former text in an orange bar stating "You have a new message from another user (last change)".
  • Mentions: When your userpage is linked to, in a signed post, on a talk page or in the Project: namespace; {{U}}, {{ping}}, {{reply to}} and {{tiny ping}} (all of which simply create userpage links) also trigger notifications
  • Page links: when a new link is made to a page you created;
  • Page reviews: When a page you created is reviewed;
  • Edit reverts: When your edits are reverted;
  • Thanks system: A small "thank you" for an edit;
  • User rights: When your user rights change.

先行したプロジェクトに続き、2013年10月には通知機能を世界の 約 800 のサイトでリリース、これにはウィキペディアの残りのウィキの大半と〈姉妹プロジェクト〉を含みます。完全リリースに当たりコミュニティ・アウトリーチ担当 (Fabrice Florin、Keegan Peterzell) 及び技術面の展開 (Benny Situ) の働きが功を奏しました。言語と地域に関わらず、コミュニティには全般に便利なツールとして受け取られています。また、モバイル版も提供しこの方面のプラットフォームでも付加価値を高めたようです。

感謝

感謝は通知機能の試験的な機能で、有効な編集を加えた利用者に個人的に'謝意'を伝えることができ—操作は履歴表示や差分のページに設けた小さな'感謝'ボタンをクリックするだけです。また特別ページのSpecial:感謝を示すへ行き、固有の版 ID を入力するとその特定版を作成した利用者に通知することもできます。

この小さな拡張機能を開発したウィキメディア財団のGrowth 部門は、MediaWiki のプロジェクトに生産的な編集が増えるよう意図しました。2013年5月30日に MediaWiki.org とMeta-Wiki ならびに英語版ウィキペディアで利用可能になり、その後まもなく通知の他の機能をリリースしました。

詳しい情報の入手先は...