グローバルな利用者名変更の方針

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Global rename policy and the translation is 100% complete.
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Frysk • ‎Nederlands • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎svenska • ‎čeština • ‎Ελληνικά • ‎русский • ‎українська • ‎العربية • ‎سنڌي • ‎فارسی • ‎नेपाली • ‎मराठी • ‎हिन्दी • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어
方針とガイドライン グローバルな利用者名変更の方針
このページには、スチュワードグローバル利用者名変更者によって行われる、ウィキメディア・ウィキ全体に渡るアカウント名の変更に関する基準とガイドラインの概要が書かれています。

背景

グローバルアカウントは、統一ログインシステムによって、すべてのプロジェクトのアカウントをまとめたものです。以前は、統一されたユーザーの名前を変更する唯一の方法は、個別にすべてのプロジェクトにおいてローカルアカウントの名前を変更することでした。 これは、スチュワードにとっても、各プロジェクトで利用者名変更権限を持つビューロクラットに個別に申請しなければならないユーザーにとっても、非常に困難で時間のかかる作業でした。

この方針は、プロジェクト間での手続きをを簡素化するためにつくられたグローバル利用者名変更機能を管理することを目的としています。この機能は、グローバルアカウントの利用者名を、接続されているすべてのローカルアカウントと一緒に変更することができます。

方針

この方針に基づいてスチュワードとグローバル利用者名変更者統一ログインアカウントの利用者名を変更できます。グローバル全体で100,000編集を超えるアカウントの利用者名変更はシステム管理者の監督なしに行うべきではありません。

グローバルな利用者名変更の対象となるためには、依頼に際して下記の基準がすべて満たされていなければなりません。

  • 新しい名前を慎重に選ぶこと。 軽薄な、繰り返される、または不適切な依頼は拒否されます。 新しい利用者名がローカルの方針に違反する場合は、申請者には他のユーザーによって助言がされますが、改名実施者が、すべてのローカルでの方針を認識していない場合があります。もしローカルの方針に違反していた場合は、ローカルアカウントは、そのローカルウィキの管理者によってブロックされ、利用者は方針との矛盾を解消することを求められることがあるでしょう(おそらく他の(グローバル)利用者名に変更を求められます)。 このようなことは方針に違反した利用者名で登録した場合、または違反した名前に利用者名変更した場合の両方でありえます。
  • 古い利用者名との正しくかつ分かりやすい継続性が新しい利用者名との間に確保されること。これにはあらゆるウィキでの活動、あるいはブロックや対立の履歴が含まれます。
  • 依頼者は悪い行いをしたことを隠したり分かりにくくしたりすることを目的としていない。
  • 新しい利用者名がどのウィキにおいても登録されていないこと。(変更したい利用者名に関連付けられたアカウントがある場合は、グローバルな利用者名変更を行うことができません)

グローバルな利用者名変更の依頼

ほとんどのグローバルな利用者名変更は ウィキ上のインターフェイスSpecial:GlobalRenameRequestのページで依頼されますが、複雑な依頼は Steward requests/Username changesで受け付けます。

非公開での依頼をスチュワードあてに renamers(at)wikimedia.org (ウィキメール)で行うことができます。 あなたがSRUCページで適切な依頼をする方法がわからない場合は、上記のアドレスに電子メールで送信することができます。メールで利用者名変更を依頼をする場合、上にある注意点を守り、あなたの現在の利用者名および希望する利用者名とウィキでの本人確認が含まれていることを確認してください。

収用

ローカル限定アカウント、場合によってはグローバルアカウントも合わせて奪取するには、要件がいくつかあります。ここでは明示のために言及するものの、その方針の要件は別途、扱います。 現在、アカウント奪取に関する全決定は、案件ごとに個別にスチュワードが処理しています。

関連項目