Ja.wikinews オリジナルの取材

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search

時には、出来事に関わる人や組織に直接取材を試みて、公表されていない資料や価値のある目撃証言を報告するのも良いでしょう。

記録の保存[edit]

オリジナルの記事に含まれる全てについて証拠を提供できなければなりません。従って証明するに足るメモを保存することが極めて重要で、その項目のノートページにメモを記載してください。その際にオリジナルであることを示すテンプレート({{original}})を加えてください。(例えば)インタビューやe-mailの写しなどできる限り全てを含めるようにしてください。Commonsにオーディオファイルを乗せることができます。

メモを取る際は、母音を省くようにして速記をしてみるのもよいです。逐語で引用して明示してください。

証拠が明確になるよう第三者が分かるようにその項目のノートページに誰のものか明確に分かるよう保証してください。ウィキニュースは同人科学雑誌ではありませんが、真剣に取材して欲しいし、すべてに亘って真正であることが求められます。出所が不明な証拠は、証拠ではありません。

事実を謝って伝えたり投稿した出所不明の記事を引用すべきでなければ同様の出所不明の記事に入れ替えないでください。

倫理[edit]

取材・報告・報道にあたっては、倫理綱領を遵守すべきです。

取材者は倫理綱領(第三者に接した際にその行いが適切となり得る幾つかの視点)に従うべきです。別の行為が、取材した状況に合致するもので、その行為が倫理綱領に記載されていなくても、どこかに記載されているはずのものです。幾つかは下記に記載されていますが、取材の行い方についての詳細を示すこの範囲を逸脱しています。

情報源[edit]

なるべく多くの情報源に取材を試みてください。特に論点について、対立する意見を取材するよう試みてください。

取材開始前に以下のことを取材相手にきちんと伝え、了解を得てください。

  • あなた(取材者)の身元
  • 会話を録音するかどうか
  • いつ取材を始めるのか

また、会見を報告した記事は、Wikinewsに掲載された場合にパブリックドメインで提供され誰でも自由に複製できるようになります。このことについて承諾を得てください。うっかり機密を漏らしたとしても、責任は負えません。

取材相手がこれらに同意しない場合、Wikinewsで報告記事を公表しないでください。どうしても必要な場合でも、必要最小限の適切な部分を引用するだけにしてください。公正使用の法理または公正な扱いは、en.wikinews.orgのサーバーがあるアメリカ合衆国を含むほとんどの国々で認められていますが、あなたの国ではどうなっているのか一度確認しましょう。なお、日本国では認められていません。

報告記事で使用するすべての資料・画像等の著作権について確認する必要があります。多くの商業サイトでは掲載している情報をパブリックドメインで提供することに同意していませんので、使用許可を期待しないでください。この場合も先と同様に、公正使用の法理に基づく公正な扱いをするしか無いでしょう。

録音機を使うことについての取材者の見解は異なります。多くは録音機を当てにし過ぎてはいけないと言います。

取材において容易に取材源を明らかにすることがよくあります。

確証がなければ、明らかにしてくれます。

名前は非常に重要で、間違い易いものです。取材者によっては名前を書き留め、正しく綴っていることを実証できる情報源であることを示します。

取材は情報源に接する最良の方法です。たとえば、電話の代わりにじかに会うように。ニュースリリースや電話、e-mail取材で得たものは、記事のようにしてメモしておくべきです。

普段は背景情報を入手した上で取材の準備をすべきです。例えば市長のプロフィールを作るなら、当選した時に聞いてはいけません。前もって別の方法で入手できるはずです。

取材の前後に相手が言ったりしたりする事は、「オフレコ」とみなすべきで、引用してはならず、通常は普通の「勘」を働かせずに利用すべきではありません。詳細な「オフレコ」発言を利用したければ、情報源から明確に許可を得るべきです(殺人を目撃したように公共の利益に最優先する事件でもなければ)。

ウィキニュースは執筆者にとって正式に承認されたものではないから、情報源に接する際は、独立した著者または調査員でありウィキニュースの代表ではないことを明らかにしなければなりません。もちろんどこに書く予定か明らかにする必要はありますが、この場合確実に取材者自身の見解や活動がウィキニュースを使う誰かの代表でもウィキニュースの評判を高めたり貶したりするものではないことを理解してもらってください。精々儚い品質管理のある公開された公共のニュースフォーラムに過ぎないのです。

取材にあたっては、礼儀正しく、偏見を持ってはいけません。

目撃証言の投稿[edit]

事件の目撃者として報告する場合、事件との関連で自分が何者でなぜそこにいたのかを通常の特集記事に加えて(上記で触れた)ノートのサブページのオリジナルレポート節で簡単に説明してください。この場合、取材者が情報源であり、確認や取材、詳細を知るために連絡したいと思うかも知れません。

関連情報[edit]

サイト外リンク[edit]

会見(インタビュー)
報告についての基本方針
報道・著述