知識の公平性カレンダー

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Knowledge Equity Calendar and the translation is 84% complete.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎magyar • ‎português • ‎русский • ‎татарча/tatarça • ‎中文 • ‎日本語
Wikimedia Conference 2016 - 162.jpg
知識の公平性カレンダー
知識の公平性を目指すウィキメディアンの全24コの話

Back in 2017, the Wikimedia Movement agreed on its Strategic Direction with its core goal to be the essential infrastructure of the ecosystem of free knowledge until 2030. One priority to achieve this goal is called "Knowledge Equity" (As a social movement, we will focus our efforts on the knowledge and communities that have been left out by structures of power and privilege. We will welcome people from every background to build strong and diverse communities. We will break down the social, political, and technical barriers preventing people from accessing and contributing to free knowledge.). But what does that mean in your context? What are others already doing to translate “Knowledge Equity” from the strategic to the programmatic level?

In the light of the last days and weeks of the year, we at Wikimedia Deutschland, adapted the German tradition of the “Advent calendar” counting the days towards Christmas (December 1 to 24), and shared one story per day on how Wikimedians are working towards achieving Knowledge Equity in their respective context. The idea is mainly to inspire Wikimedians what other Wikimedians are already doing. Happy reading and sharing!

One story per day

12月1日から12月24日まで、世界中のウィキメディアンがどのように知識の公平性に向けて活動しているか、1日1話ずつ共有しあいました。


数字をクリックするとその日のお話が読めます!
Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/1Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/2Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/3Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/4Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/5Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/6Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/7Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/8Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/9Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/10Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/11Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/12Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/13Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/14Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/15Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/16Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/17Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/18Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/19Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/20Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/21Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/22Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/23Special:MyLanguage/Knowledge Equity Calendar/24Bubbles with 24 numbers.png

1: セルビアでLGBTの権利を保護する:セルビアのボージャン
2: ウィキメディアを通じてサーメ語と文化を復興させる : ノルウェーのアストリッドとオーサ
3: 台湾の出稼ぎコミュニティの教科書をウィキブックスに掲載した : 台湾出身の嘉義
4: 公平性を促進するための一つの道具としてのGenderに配慮した言語 : オーストリアのクラウディア
5: チリの抗議デモを取材する市民ジャーナリズムのための道具としてのウィキメディア2019:チリからのパトリシア
6: インドネシア地方の言語の多様性を支援・及び保護する : ウィキメディア・インドネシアとインドネシアのコミュニティ
7: 自分の国の聞こえない声も含めて : オランダのサンドラ
8: ウィクショナリーにカタルーニャ手話を追加した : カタルーニャのロコ
9: 女性を応援し、女性に関する質の高いコンテンツを提供する : コートジボワールのドミニク
10: Wikipediaが禁止されている国のウィキペディアコミュニティ : トルコのウィキペディアン
11: ウィキソースでインドの少数民族言語を復活させる : インドのルピカ
12: オープンなプロジェクトを通じたパレスチナの歴史の保存をする : ベイルートのマジェド
13: 研究者や活動家がWikipediaのコンテンツの多様性の網羅性を研究する場を作っていく : カタルーニャ州のマルク
14: ウィキメディアを通してカリブ海の人々と歴史をより目に見える形にするために手助けをする : アメリカのシェリー
15: 活動のための道具としてのWikimedia:チュニジアのフセム
16: 土着の知識を尊重するため、知識をどのように構造化するかを再考する : トロントのステイシー
17: ウィキ人権:デジタル環境における人類の記憶の構築 : ウィキメディア・アルゼンチン
18: ロシアで言語の多様性を推進する : ロシアのファルハド
19: 先住民のコミュニティがそのコミュニティのメンバーたちの知識を文書化できるようにしている : コロンビアのモニカ
20: Working on access and recognition for greater diversity: Rohini and Chinmayi from India
21: Working on equality and equity under difficult political circumstances: Bara'a from Palestine
22: 技術的な壁を乗り越えて自由な知識を生み出す : ベナンのマフトン
23: Training seniors to edit Wikipedia – and contribute to more different points of view in the projects: Wikimedia Israel
24: 知識の公平性に向けた取り組みとは、「知っていることと知らないことのギャップ」を解消することを意味します : ウガンダのアリス



によるプロジェクト
Wikimedia Deutschland-Logo.svg