図書館カード プラットフォーム

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Library Card platform and the translation is 100% complete.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎dansk • ‎русский • ‎العربية • ‎مصرى • ‎मराठी • ‎हिन्दी • ‎日本語
Library Card Platform Homepage 2018.png
Library Card Platform Homepage 2018.png

Library Card platformウィキメディア図書館が施行するツールで、将来的には検索とアクセス、信頼できる情報源として経験豊かなウィキメディアの寄稿者に提供する計画です。

利用するには

ツールにアクセスするには https://wikipedialibrary.wmflabs.org/ を開き「Log in」ボタンを押すと、ウィキメディアの利用者アカウントから統一ログインを経て利用を開始します。

情報源へのアクセス権の申請

このプラットフォーム経由で利用可能なデータベースや出版社は現状で50件超あり、ウィキメディアのプロジェクト群の編集のため無料でアクセスできます。提携先で「More Info」ボタンを押すと、それぞれの情報源で個別にデータベースの詳細と利用申請の要項を確かめることができます。「Apply」ボタンを押すと申請書の画面が開き、記入して申し込みができます!

申し込み後、画面上部の角にある利用者名をクリックすると、自分の利用者ページにログインして申請中の一覧を閲覧できます。もし申請書に何かコメントがついたとき、あるいは受理・不受理の場合は、Eメールで通知が届きます。

ほとんどのリソースには、それぞれ受理されるアカウント数に上限があります。用意されたアカウントがすべて配布された提携先には「待機リスト」というフラッグが立ちます。申請は歓迎しますが、しばらくのあいだ - ウィキペディア図書館チームでアカウントの増枠または古いアカウントの再利用を手配できるまで、アクセス権はもらえないとお考えください。.

新規提携先の提案

こちらでは常に出版元の新しい提携先を探しており、皆さんからも特定分野の提携先を 提案ページにお知らせください。提案フォームの各欄に詳細情報を記入する - あるいはほかの人の提案に興味を持たれたら「+1」と投稿できます。

コーディネーター

特定の提携先に対する申請について複数の編集者がアカウント配分を補助する場合は、申請書を審査します。その人たちは審査用インターフェース https://wikipedialibrary.wmflabs.org/applications/list/ へのアクセスが認められています。各コーディネーターはこのインターフェースを使い、担当する提携先への申請書に限定して閲覧できます。

翻訳

ツールのインタフェースの翻訳は translatewiki.net で進めます。詳細と翻訳作業への参加はTranslating:Library Card Platformを参照してください。

ツールの特定の要素は、たとえば出版社の説明など、現状では翻訳サポートを受けていませんが、これは予定されています。

今後の計画

図書館カード プラットフォームは、将来的に大きく変革されます。

  • 利用者の統合ログインによって、直接、承認されたリソースにアクセスを可能するため、プロキシサーバを組み込む。これにより、個々のウェブサイトへのログイン情報をいちいち記憶しなくても済みます。
  • ウィキペディア図書館の信頼できる提携先すべてを串刺し検索する集中インターフェースで、オプションとして利用者がアクセス権を承認されたリソースに絞り込む。
  • 利用者が申請の最低条件を満たしている場合 (編集500件超、活動歴6ヶ月超)、申請しなくても直接、プロキシ越しに利用できるリソースのサブセット - 通称「ライブラリ バンドル」 - を用意する。

貢献する

コード書きのお手伝いを歓迎します - ローカルにツールを設定する手順の説明文書は vagrant https://github.com/WikipediaLibrary/TWLight_vagrant で配布しています。未完のタスク集はPhabricatorに一覧があります。