プライバシー・ポリシー/召喚状に関するFAQ

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Privacy policy/Subpoena FAQ and the translation is 100% complete.

翻訳にご協力願えますか?未訳のメッセージを翻訳してください。

Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Bahasa Melayu • ‎British English • ‎Deutsch • ‎Deutsch (Sie-Form)‎ • ‎English • ‎Esperanto • ‎Lëtzebuergesch • ‎Nederlands • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎galego • ‎italiano • ‎magyar • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎slovenčina • ‎suomi • ‎čeština • ‎башҡортса • ‎български • ‎русский • ‎українська • ‎ייִדיש • ‎עברית • ‎العربية • ‎فارسی • ‎नेपाली • ‎हिन्दी • ‎ਪੰਜਾਬੀ • ‎தமிழ் • ‎తెలుగు • ‎ไทย • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어

このFAQはプライバシー・ポリシーの文書の一部ではありませんし、法的な拘束力を一切持ちません。どのような形であれ、この文書が皆様の助けになれば幸いです。

Contents 

召喚状とはどのようなものですか?

召喚状とは、法的措置に関連して誰かに出頭または証拠を提出するよう求める文書です。召喚状には、ウエブサイトの行為に基づきユーザーに関する個人を識別可能な情報を開示するようサービス・プロバイダーに求める形態のものがあります。召喚状は、あるケースに対して当事者の1人を代表する弁護士が発布し、場合によっては、必要以上の請求を含むことができます。但し、事実上迅速な異議申し立てが妨げたれない限り、召喚状に対する一部の異議は放棄されることができ、法定で主張することができません。

私を識別する情報を見つけることをなぜだれかが求めているのですか?

一般的に、匿名の話者の正体を明らかにすることを求めている召喚状は、訴訟の証拠開示手続きの段階の間、第三者のウエブサイトに送達されています。原告は、原告の請求に従い、申立てによって原告に損害をもたらした当事者の特定を通常望んでいます。損害の申し立ては、記事または会話用ページへの投稿などの何らのオンライン上の掲載に起因することがあります。原告は、インターネット・プロトコールのIPアドレス、またはインターネットのサービス・プロバイダー(ISP)と情報を共有して登録された電子メールアドレスに基づいてユーザーを識別できます。一旦、ユーザーの実在の身元がわかると、そのユーザーは、損害の申立てに関連して起訴または告訴されます。

私が何も行動しなければどうなりますか?

あなたが必要な法的措置を講じない場合は、ウィキメディア財団が個人の識別可能な情報をまたはその他の要求された情報を引き渡たせざるを得ない場合があります。一旦、要求当事者があなたの身元が判明すると、あなたが訴訟で名前を明らかにされるという可能性もあります。

私が召喚状と対抗するにはどうしたらいいですか?

法律的主張と手続き上の要件が複雑であること、またあなた自身が申立てを提出する際に匿名を維持することが困難なため、特に召喚状に対して弁護することを求める前に、弁護士に直ちに相談することをお勧めします。召喚状に対抗する規則と手順は、召喚状が発布された管轄地域によります。

一部の管轄地域では、異議書を原告に送達することができます。その他の管轄地域では、あなたの唯一のオプションとして(召喚状を無効にするよう裁判所に求めて)裁判所に棄却するよう申立てを提出することができます。いずれの場合も、あなたの個人を識別可能な、またその他の情報が公開されるのを保護するために、一定の期日までに必要な措置を講じることが重要です。

調査の一環として、下記のこれらのサイトを参照してください:

プライバシーに関するページ