戦略/ウィキメディア運動/2017/トラックA/助言部会

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Strategy/Wikimedia movement/2017/Track A/Advisory Group and the translation is 100% complete.

Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎British English • ‎Deitsch • ‎Deutsch • ‎English • ‎Nederlands • ‎Tiếng Việt • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎čeština • ‎български • ‎русский • ‎עברית • ‎العربية • ‎বাংলা • ‎മലയാളം • ‎中文 • ‎日本語

ウィキメディア運動はすぐれて自律的です。グループ、提携団体、委員会、支部、その他協力的なグループに分かれて主催しています。それぞれのニーズ、異なる意見で私たちの戦略プロセスに貢献しています。しばしば存在を過小評価されがちなグループが確かに参加し見方を述べるように、地域や性別、言語やプロジェクトが異なる人を集めた助言部会を置き、またタイプも大きさもさまざまな提携団体が参加しました。「助言部会組織化グループ」は運動戦略トラック責任者ニコル・エッバーと協働、進行中のプロセスを堅実にくりかえし評価し、設計と実装と sense-making からの聞き取りと拡散、さらに多様なグループをできる限りリンクさせることを助けます。

助言部会の参加がもたらす効果

  • 助言部会は3月半ば開始で暦年の年末までほぼ隔週、電話会議もしくはビデオ会議の参加を求められます (戦略プロセスのその時点の段階による) 。
  • ウィキメディア2017国際会議 (ベルリン) と/もしくはウィキマニア2017 (モントリオール) の出席者とは会期中に面談する予定。
  • 会議参加を求められた場合、人々との接触、公平な参加を得る最善の方法、加えてプロセス設計にあたり有効な議論を作る達成可能なアプローチを勧め協議するようにお願いします。プロセスが明らかになるとともに各回の協議で偏りがないように sense-making についての意見、答えの分析と協議への参加をお願いすることになります。
  • 出席の要請に応じられない人には書類の回覧やメールのやり取りを計らいたく手間なく意見を提供していただけないでしょうか。
  • プロセスと進行状況に合わせ、協議は公開のオン・ウィキで行なわれ、くれぐれもさらに意見とフィードバックの提供をお願いします。
  • この部会には組織化されたグループ、わけても存在が過小評価されたグループに対するアウトリーチと支援を要請することもあると予測しています。

助言部会の運営

  • 会議に出席を求められる前に情報や質問の用意、その会議の分析済みの要約をメタウィキで提供することを検討中。
  • すべての組織化されたグループに必ず参加するよう、皆さんとともに進める作業に献身する所存です。
  • 戦略プロセスの前提は助言部会の会話にも適用されます。
  • この部会の使用言語は英語。

工程表

  • 3月13日: 第1回構成会議 ; プロセス及び予測の共有、プロセスに対するフィードバック、WMCOM 戦略トラック・プログラムに見識を寄せる。
  • 3月24-27日: 第2回会議、現状の評価、WMCOM 開催前の最終の意見を聞き取り。
  • 3月29日 - 4月2日 : WMCON にて面談、面通し (socialize) と全般のフィードバック、プロセスの形作り。
  • 4月 - ウィキマニア : 隔週の会議; プロセスとsense-making の (sound-boarding) 会話と拡散; 進行につれて反復し改善を支える ; サイクルそれぞれを傍聴、あまり注目されていないグループへのアウトリーチを協議して解決策を得る。
  • 8月10日 - 13日: ウィキマニアで面談 (その参加者対象: オプションでビデオ会議で参加)
  • ウィキマニア年度の終わり : 隔週の会議 ; プロセスのステップおよび sense-making に応じた聞き取りと拡散、新しい議論のサイクルづくりを支える、さまざまなフォーラムで役割と役割の会話の橋渡し、資源と責任分担、過小評価されたグループへアウトリーチする解決策の議論。

設計の考慮

  • 多様で男女の差がなく活発で、全体の工程表と制限事項の枠内に収まるプロセスに、世界中のウィキメディアの組織化されたグループに参加していただきます。
  • プロセスは言語、地理的隔たりとプロジェクトを超えて参加型で、暫定的にオンライン(同期または随時) 、面談の議論によって積極的に促進 (facilitation) され、これには意味のあるデータを用いた政策的意思決定に導くことを含みます。
  • もっとも数の多い発言に押されることなくすべての発言を含んだ表明を促進します。(facilities)

メンバー

Meetings

2017 Movement Strategy Track A Advisory Group notes/minutes: