The Wikipedia Library/Newsletter/July-August 2019/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page The Wikipedia Library/Newsletter/July-August 2019 and the translation is 75% complete.
Wikipedia Library owl.svg ウィキペディア図書館
Bookshelf.jpg
Books & Bytes
第35号、2019年7月–8月

隔月刊の配信を購読

Other languages:
English • ‎Esperanto • ‎español • ‎français • ‎русский • ‎العربية • ‎हिन्दी • ‎中文 • ‎日本語

この号の特集はウィキマニアと国際開発、また恒例の図書館と電子化された知に関連するニュースやコミュニティの話題のまとめを掲載します。

ウィキマニア

8月14日から18日まで開かれたウィキマニア2019にはライブラリー空間を設けて図書館とウィキメディアプロジェクト群との交流を体感してもらいました。最前手法の共有、キャパシティと協力関係の構築から共同作業の機会を作ることなどを目的に活動しました。

ウィキマニアの本会議前にスウェーデン図書館協議会 主催のエディタソンに参加、インスピレーションを生む講座やディスカッションが行われています。ライブラリー空間は本会議初日 (8月16日) にオープンし、ウィキデータの使い方を図書館員向けに解説するワークショップでは世界の図書館の情報を載せませんかと呼びかけました。

第3日 (8月18日) の日程はインスピレーションを生む講座が続きます。話題には「ウィキデータに図書館データを戦略的に載せること」、「inventaire.io」、「図書館から利用者グループに広報するには」、「書誌情報の構造とウィキデータ」他が取り上げられました。その後、5分で感想や思いつきを発言する「アイデア出し」で締めくくりです。休憩を挟み、一連のブレーンストーミングやグループディスカッションが行われ、ウィキメディアと図書館利用者グループのランチ会、ウィキデータに焦点を当てた2つのワークショップ2件が続きました。

素晴らしい取り組みではあるのですが……

ライブラリーカード プラットフォーム Library Card について聞いたことがありませんか。このプラットフォームは質の高い情報源へのアクセス権申請を集中管理 (アクセスと検索を実現する予定 ) するものです。ウィキメディアの貢献者から寄せられるニーズと関心の高まりを受け、ユーザーフレンドリー、多言語の話者に対応するなど常に進化を続けています。開発の最終段階まで来たEZproxy – 実装は近日中の予定で EBSCO Discovery Service の合併により、プラットフォームの開発は利用者がワンステップであらゆる調査を行える状態へ、あと2歩のところまで迫りました。

そうは言っても、実は本物の ワンストップの解決策になるには、皆さんのお力添えが欠かせません。250 篇の個別版 – ウィキペディアが抱える地方語の数です。言語的背景に関わらず、編集者一人ひとりに仕えるつもりです。「本物」という言葉にはそんな想いがこもっています。ライブラリーカードは9カ国語 (*) で翻訳が 90% とほぼ終わり、これも translatewiki.net で活躍する翻訳者の皆さんのおかげです。 (*=フランス語、繁体中国語、アラビア語、ブラジルのポルトガル人ポルトガル語、ウクライナ語、簡体中国語、トルコ語、ヒンディー語。)

  • 英語以外の言語で執筆できる皆さん、翻訳に関心があって時間を当てられる皆さんは、translatewiki.netを開いてください。もしご使用の言語の訳出が済んでいる場合は、査読の作業もあります。
  • コード執筆者の皆さんはPhabricatorで作業開始をお手伝いください。

さまざまなご質問はwikipedialibrary[at]wikimedia[dot]orgまでお寄せください。

ウィキメディアと図書館利用者グループ

The user group was gearing up for Wikimania in June and have been working on resources and activities for the group post-Wikimania. The steering committee met twice, once in July and then in August. The July meeting's agenda was oriented towards shaping the group's presence in Wikimania, and to that end designing a poster for the organizational gallery and bringing the Libraries space to fruition.

The post-Wikimania meetup of the steering committee was geared towards engaging the user group members in different activities and making the user group a true rendezvous for librarians and Wikipedians. The group's participation in the upcoming WikidataCon 2019 and WikiConference North America was also briefly discussed.

One point that was discussed in both the meetings and currently in the works is the training resources. Various materials pertaining to #1Lib1Ref, Wikidata, Commons, etc. are being collated for the benefit of the user group. Once completed, the document would be uploaded to Meta for further input and sharing. An activity that would involve user group members, particularly librarians, entering their library into Wikidata is also being designed and will soon be publicised for participation.

ウィキ図書館員のストーリー

One's advent into the world of Wikimedia projects is almost always a noteworthy account. Here we share one such account of a librarian who was introduced to Wikipedia in an unusual way and began their adventure trying to better understand Wikipedia and now helps others understand it too!

Laurie Bridges is an Instruction and Outreach Librarian at Oregon State University in the US. She was introduced to Wikipedia by her son: at age 9, he was assigned a class project to research and present about a species of frog, and was told to only use Wikipedia for his research. When he related this to her, she thought, "If 9-year-olds are being introduced to research using Wikipedia, I better learn more about Wikipedia". So she got involved because she wanted to better understand the resource her son, and the students at her university, use. She explains:

Students and faculty are familiar with [Wikipedia] because many use it daily, although they do not cite it in their papers. As a librarian I teach about information literacy and help students and faculty with their research. Wikipedia is a familiar website that I can use to teach information literacy and afterwards students and faculty leave equipped with a better understanding of how the information source works. Students are used to teachers and professors saying, "Don't use Wikipedia." However, this dismissive statement doesn't teach the students how, why, or when they can use Wikipedia or other online resources. We are living in a time of misinformation and I want students to understand the information they are using and become critical consumers of that information. Using Wikipedia to teach students about information literacy is fun! In addition, it's fulfilling because I can see students' excitement as they learn more about Wikipedia, a website they use on a daily basis. I've found teaching with Wikipedia to be so rewarding that I want to spread the word.

最後に、図書館員が学生にウィキペディアとその本質 (または該当しないもの) を教えなかった場合、学生は誰から教えてもらえるのですか? ウィキペディアに関連する図書館員の活動を増やし関心を高めたいです。だからこそ私は個人的に、機会があるたび他の司書とウィキメディア運動を出会わせてきました。昨年はスペインのサンセバスチャン開催の「ウィキメディア+教育」の参加助成金を受けました。出席した図書館員2名のうちの1人でした (もう1名はイベントでボランティアをしていたバスク図書館員)。素晴らしい学習の機会であり、非常に多くの熱心な教育者とつながりました。「ウィキメディア+図書館」カンファレンス開催に向けて、どうか図書館員の皆さんからもっと関心を寄せてください。きっと素晴らしい機会になるでしょう!

Bytes まとめ


読んでいただきありがとうございます。隔月刊Books & Bytes最新号の配信通知をご自分のトークページで受け取るには、購読者リストに名前を記入してください。電子メールで受診をご希望の場合は購読の手続きをこちらでどうぞ