信頼と安全

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Trust and Safety and the translation is 51% complete.
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎Tiếng Việt • ‎dansk • ‎français • ‎magyar • ‎português do Brasil • ‎Ελληνικά • ‎русский • ‎עברית • ‎العربية • ‎فارسی • ‎مصرى • ‎मराठी • ‎বাংলা • ‎中文 • ‎日本語
 Trust & Safety Resources Programs and Processes 

Evaluation and reporting:

Phabricator project: Trust and Safety

有事の際のリスクを軽減し、オンライン上およびオフライン上のコミュニティの包括的な安全性を確保するために、信頼と安全T&S)、旧称Community AdvocacyまたはCASuSa[1]は利用者を守る施策を想定し、構築し、必要に応じて人員を配置します。つまり、法務、製品、技術、調査、学習と評価の各部門を統合する戦略を計画し、改良し、実行します。信託と安全チームは法務コミュニティ関与セクションの一員です。我々は包括的で思いやりと信頼性がある「信頼と安全」のサービスを、財団およびが支援するボランティアコミュニティ・提携団体に提供することを目指していますが、実際のところ、「火消し」にも多くの時間を費やしています。

私たちの目的

「信頼と安全」チームは、3分野にまたがる約11のワークフローに則って、職員、一般人、およびコミュニティのボランティアをサポートしています。このチームは、「ポリシー」と「オペレーション」の2チームから成り立ちます。詳細はプログラムとプロセスを参照してください。

信頼と安全

ウィキメディア財団は、ウィキ上での交流を取りまとめるための地域コミュニティや国際的コミュニティの取り組みを尊重します。しかし時には、ユーザーや投稿者、そして一般市民の安全と品位を守るために、我々が介入しなくてはならないこともあります。我々はいくらかの作業領域を通じて、プロジェクトにおける健全な環境を維持します。数ある方策の中で我々は、自殺予告、暴力の脅し、児童ポルノなどを含む、ウィキメディアプロジェクトにおける主要な安全問題について報告を受け、対処しています。また我々は、各種プロジェクトや、財団が出資・支援するイベントから 利用者を追放することに関する方針を持っていますし、ユーザーのプライバシーや自由に関する懸念についても、必ずしも追放のレベルにまでは達しなくても、他の財団チームと協力して取り組みます。

コミュニティの自治を尊重する財団の理念に則り、コミュニティを通じて報告されるコミュニティおよびコミュニティメンバーに関する一般的な問題に、「信頼と安全」のチームは関与しません。また、「信頼と安全」のチームは、コミュニティのポリシーおよび決定のアピールの場ではありません。我々は困っているコミュニティメンバーを支援できれば幸いですが、その「支援」とはしばしば、問題を解決するための適切なコミュニティの場を見つけることを手助けすることとなります。

財団へのリクエストを査定する際のフローチャート

通常のワークフローは以下の内容を含みます

コミュニティを直接サポート

チームはProductおよびLegal部門の他の部分と緊密に連携して、Anti-Harassment Programを率いています。

その他の日常業務の一環に含むものは以下の通りです。

内部サポート

財団職員、理事会、委員会に対して指導や助言を行います。日常的に職員をサポート、コミュニティ関連やコンテンツ関連の懸案事項としてDMCA 執行及び通知要件、必要に応じて捜査令状や法的に有効な召喚状に対応します。職能上、必要となる高度な利用者権限の申請に対応しニーズ評価とスチュワードとの調整を行います。

日常業務は以下を含みます。

Office actions workflow

Flowchart detailing how to report a Wikimedia-related incident

{{{1}}}

Part of the Trust and Safety team's responsibility within the Wikimedia Foundation is to undertake office actions. These articles are rare, and performed pursuant to the Terms of Use, typically as a last resort. Office actions are used to handle privacy violations, child protection, copyright infringement, systematic harassment, and other violations of the Terms of Use that cannot be handled through community-governed processes.

The process leading up to an office action varies considerably based on the action and the circumstances surrounding it. The strongest actions in common use are those taken against users of the websites, typically in the form of global or event bans. These actions are the result of user conduct investigations undertaken by T&S Specialists, which go through a rigorous review cycle as documented in the flowchart to the right.

Other office actions can include deletions of illegal material. This typically consists of sensitive images of minors which violate the laws of the United States. T&S also performs deletions to satisfy the Foundation's DMCA Policy, an archive of which is maintained on Foundation wiki.

Appeals

In September 2020, a case review committee was created to allow directly involved community members to request review of a community committee of Trust & Safety behavioral investigation outcomes. This committee is equipped to review certain office actions on appeal from individuals directly involved in the case (as the requesting or sanctioned party). For more information, see Office actions#Appeals. This will remain in place until a permanent process is created through the Universal Code of Conduct conversations in 2021.

参照