未登録利用者

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Unregistered user and the translation is 65% complete.
Outdated translations are marked like this.

ログインしていない利用者は未登録利用者又はIP利用者と呼ばれます。これらの利用者は、保護又は半保護されていないページを編集することができ、その編集内容は、IPアドレスとともにページの編集履歴に記録されます。

ウィキメディアのウィキでは、未登録の利用者は元々登録者に比べてわずかに不利でしたが、時間の経過とともに利用できない機能が増えてきました。未登録の利用者は、ページの移動、メディアのアップロード、watchlistの管理ができません。英語版とペルシャ語版のウィキペディアでは、「talk」と「draft」のnamespace以外のページを作成することはできません。IPアドレスは時々動的に変化するので、IPベースのユーザーページは実用的ではなく、実際にいくつかのウィキでは禁止されています。登録されていないユーザーは、削除や許可の議論などのプロセスへの参加が禁止されていたり、制限された形でしか参加できないことがあります(例:コメントは残せるが投票はできないなど)。

また、未登録のユーザーは、マイナーエディットのオプションを選択することができません。これは、悪意のあるユーザーが望ましくない変更を行っても、しばらくは発見されない可能性があるからです。

また、登録されていない利用者は、仮名利用者とは対照的に、匿名利用者、またはアノンと呼ばれることもあります(ウィキメディア・ウィキでの利用者名のほとんどは実名でなく筆名です)。しかし、これは曖昧であるとともに、厳密に言えば正しくありません。未登録利用者はIPアドレスが誰にでも見えるようになっています。このためその利用者の地理的な位置や投稿元の組織を調べることができます。また、極端な法的案件では、ISPへの召喚状により、利用者の投稿元コンピュータが特定され、最終的には利用者の身元特定につながる可能性があります。この意味では、個人情報を公開しない登録利用者よりも、未登録利用者の方が実は匿名性が低いと言えます。

歴史

英語版ウィキペディアでは、Wikipedia biography controversyの後、IP編集者による記事の作成が無効になりました。

2019年、ウィキメディア財団は未登録ユーザーのIPアドレスを隠すことを提案しました。

2020年、ポルトガル語版ウィキペディアでは、コミュニティの投票により、未登録ユーザーの編集をできなくしました。

関連項目