User:Whatamidoing (WMF)/New beta feature/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page User:Whatamidoing (WMF)/New beta feature and the translation is 100% complete.
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎asturianu • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎norsk bokmål • ‎português do Brasil • ‎svenska • ‎čeština • ‎Ελληνικά • ‎українська • ‎עברית • ‎العربية • ‎سنڌي • ‎日本語


概要: オプトイン型の(選択することで有効になる)、新しいベータ版機能ビジュアルエディター用ウィキテキストモードが利用可能になりました。 「個人設定」画面からお試しください。


私たちウィキメディア財団の編集開発では、初めて編集する人にとっても熟練の編集者にとってもひとしく改善をもたらす任に当たっています。 徐々にではありますが、ビジュアルエディターについても、フィードバックやユーザーテスト、機能要望などに基づいて改善してきました。 一方で、現状のビジュアルエディターではすべてのユーザーのニーズを満たすことができないことも分かっています。たとえばノートページ(トークページ)でウィキテキストを編集したり、テンプレートを作成したり、参照の構文が壊れているのを直したりするときなど、ウィキテキストを使う必要はしばしば出てきますし、経験ある編集者もウィキテキストでの編集を好んでいます。

それを受けて、編集開発担当では、ビジュアルエディターに「ウィキテキストモード」を加えるべく検討を重ねてきました。 このモードでは、ウィキテキストの編集が必要だったり望ましかったりする場合でも、ビジュアルエディターの機能をフルに利用することができます。 上部にはビジュアルエディターと同じツールバー・同じボタンが並び、共通のユーザーインタフェースが使えます。 引用を整形するcitoidサービスを利用したり、画像挿入用の統合型検索オプション、シンプルなダイアログで新しいテンプレートを追加する機能も備えています。 ビジュアルエディターと同じように、他のページからコピーしてきた整形済みテキストを貼り付けると、もともとのフォーマット(例えば太字)は自動的にウィキテキストに変換されます。

このモードは全てのウィキでベータ版機能としてご利用になれます。 有効にすると、すべての箇所で既存のソースを編集を置き換えることになります。 お気に召さなかった場合は、いつでも「個人設定」内の「ベータ版機能」から無効にして元に戻すことができます。 誰もびっくりさせたくはないので、これは完全に「オプトイン限定」のベータ版機能です。 以前に「Automatically enable all new beta features」にチェックをした方でも、自動的には切り替わりません。

新しいウィキテキストモードはビジュアルエディターベースのため、JavaScriptが必要になります(現行のウィキテキストエディターも同様です)。 以前のウィキテキストエディター向けにのみ設計されていたガジェットは動きません(その逆もしかりです)、そのため一部のユーザーにとっては重要だと思っているガジェットが使えなくなります。 新旧どちらのエディターでも動作するように、ガジェット作者がコードを更新するのであれば、喜んでお手伝いします。 現在のデスクトップ向けのメインのウィキテキストエディターを削除する計画は、今のところありません。いま存在している、ふつうのウィキテキストをJavaScriptなしで編集できる機能についても削除するつもりはありません。 最後になりましたが、言うまでもありませんけれども、もし現在のウィキテキストエディターを使い続けたいと思われたなら、そうできます。

これは初期のバージョンですし、あなたがどうお考えなのかをぜひお知らせください。そうして改善していけたらと思います。 この新モードについて、フィードバックをフィードバックページにてお寄せください。 どのような言語でお書きいただいても構いません。 よろしくお願いします。