ウィキマニア委員会

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Wikimania Committee and the translation is 30% complete.
Outdated translations are marked like this.

ウィキマニアは2005年の初回以来、コミュニティの努力で続いてきました。よく顔を出すウィキマニアック (Wikimaniacs) が例年、何らかの形で責任を分担して毎回のイベントを成功させてきました。しかしながら、ローカルの運営チームによってしばしば主催の舵取りを微調整しても、毎年、類似の問題にぶつかっていました。

カンファレンスがもっと円滑に進展していくことを願い、私たちが積み重ねてきた知識の年月をプールする先、1年をかけて準備から報告までのサイクルで回るウィキマニアのプロセス全体を見渡す存在を置いても良いのではないでしょうか。常設のウィキマニア委員会に企画提案の取りまとめや審査員の選定を委任し、隔年の主催チームへと経験を受け継ぎ、後輩を導く役割をさせてはどうでしょうか。

目的とプロセス

''詳細については、ウィキマニア委員会/憲章(Wikimania Committee/Charter)を参照.

知識のレガシーが代々の運営チームに効率よく効果的に確実に継承されるように、ウィキマニアが円滑に成功へ導かれるように。

This includes:

  • ウィキマニアの方針作り
  • Soliciting and reviewing proposals to host
  • Conference oversight and review
  • Best practice development

Members

  • 2020-21 membership:
  1. Deror Avi (representing WM 2011)
  2. Phoebe Ayers (WM 2006, representing WM 2017) Vice-Chair
  3. Butch Bustria (ESEAP representative, WM 2023)
  4. Florence Devouard
  5. Andrew Lih (core organizing team of Wikiconference North America, WM 2021)
  6. Eric Luth (WM 2019 representative)
  7. Iván Martínez (representing WM 2015)
  8. Iolanda Pensa (representing WM 2016) Chair
  9. Edward Saperia (representing WM 2014)

Current links

Meeting notes

Wikimania 2024

Wikimania 2023

Wikimania 2022

Previous years

Committee minutes