Wikimedia Foundation elections/2021/Candidates/Adam Wight/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Wikimedia Foundation elections/2021/Candidates/Adam Wight and the translation is 100% complete.

アダム・ワイト

アダム・ワイト (Adamw)

Adamw (talk meta edits global user summary CA  AE)

候補者の詳細
アダム・ワイト
  • 自己紹介:
    • 名前: アダム・ワイト
    • 居住地: ドイツ、ベルリン
    • 言語: en-N、es-2
  • 活動:
    • ウィキメディア参加時期: 2012年
    • 活動中のウィキ: メディアウィキ、メタ
所信表明 (450語以内) 問題点:私たちの団体は、私たちの活動を反映しているべきです。知識が山であるならば、私たちは山頂に建てられた要塞になるのではなく、その斜面に広がる段々畑であるべきなのです。ウィキメディアンは、ある植民地の言語で単一の支配力を持つプロジェクトを構築するのではなく、あらゆるテーマや言語に広がっていくのです。しかし、ウィキメディア財団は圧倒的で、その収入は最大の国別協会の12倍以上にもなります。

提案:地域の小規模な組織への資金提供の割合を段階的に増やし、これらの組織が財団の役割の多くを担うようにします。地域の団体連合によって活動全体の決定が行われるようにします。

問題点:編集者と貢献者が私たち財産のすべてを生み出しているが、理事会の代表者を選任することができません。

提案:貢献者が一人一票を投じて、ウィキメディア財団の全理事を直接選任するようにします。そのためには、理事会は定款細則を変更する必要があり、場合によっては会員制組織への転換(復活)が必要となります。そうすれば、今後の疑問点は会員の信任に従って解決されるでしょう。

問題点:プロジェクトの境界線は厳重に守られています。新規コミュニティは、長く大変なプロセスを経て、既存のプロジェクトに類似しかつ似たような価値観に根ざしたものでなければ立ち上げることができません。拒否された人の多くは、一貫性のない安全方針や使用許可、さらには強制広告付きで民間またはその他のホスティングに頼らざるを得ません。

提案:安定した財源と一貫したコミュニティの安全性を備えた、広告なしで、自由なウィキファームのようなプロジェクトのディアスポラが必要です。また、リアルタイムでの共同編集、ジャーナリストとの連携による偽情報の排除、「Knowledge Equity Fund」のような取り組みによるウィキの枠を超えるなど、活動に新たな息吹をもたらすことができるかもしれません。

私について:理事会メンバーとして、私は直接民主制を推進し、貢献者によるリコールや住民投票を支持することを誓います。私の優先事項は、戦略的提言と2019年のガバナンスレビューの結果に沿ったもので、他者の意見に耳を傾け、必要に応じて私が提唱することを適応させていきたいと考えています。

私の職歴は、主にソフトウェア開発者として、または探せるかどうかによっては肉体労働者として働いています。私はコミュニティを組織したり、歩道でのフードコレクティブやフリースクールの立ち上げを支援したり、他者と共にウィキメディア財団スタッフの組合化を試みたりしています。私はインダストリアル アート ショップの運営を手伝ったことがありますが、理事会のメンバーとしてやるべきことと似ているところがあると思います。それは、一人ひとりが目標に向かって前進し創造性を発揮できるような仕組みを作り、灯りを絶やさず、みんなでよく話し合うということです。

私は、ウィキメディア財団とウィキメディア・ドイツ協会のスタッフとして合計9年のウィキ経験があります。私が言えるのは、スタッフは皆「コミュニティ」と呼ばれるものを尊重し、むしろ編集者を少し恐れているかもしれないということです。私は、財団の信頼性を回復させるために尽力するつもりです。

理事会の上位三優先事項 1. 民主制:貢献者を財団の法的所有者として認識して、全理事を選任する。

2. 多様性:国別協会間の調整、商標権の管理、国際法、安全性の問題などを中心に、財団が担う役割を徐々に減らす。地方団体への資金配分の比率を大幅に増やす。メディアウィキに特化した組織と、ウィキのホスティングを提供する組織に分けることを検討する。

3. ディアスポラ:統一された安全性の枠組みの恩恵を受けながら、誰もが利用できる非営利で広告のないウィキファームをサポートする。

ウィキメディア運動戦略の上位三優先事項 1. 意思決定における平等性

2. 安全性と包括性

3. 自由な知識のためのイノベーション

確認 完了した確認作業
立候補資格: Artículo bueno.svg 確認済み
確認者: Matanya (talk) 20:28, 1 July 2021 (UTC)
身分証明: Artículo bueno.svg 確認済み
確認者: Joe Sutherland (Wikimedia Foundation) (talk) 01:02, 30 June 2021 (UTC)
理事評価フォーム
理事評価フォーム
経験年数
<1 1–2 2–5 5–10 10+

ウィキメディアにおける経験 候補者には、ウィキメディア運動への献身的な貢献者であることが求められます。要件を満たす貢献には以下を含みます:ウィキメディア・プロジェクトへの貢献、ウィキメディア財団や提携団体の構成員であること、ウィキメディア運動の取りまとめ役としての活動、もしくはウィキメディア運動の協力組織への参加。

ウィキメディア財団のソフトウェア開発者として7年。ウィキメディア・ドイツ協会のソフトウェア開発者として2年。

理事としての経験 候補者が、全国的もしくは世界的な組織(非営利、営利、もしくは政府)において理事や取締役などを務めたことがあるか。

いいえ

役員経験 候補者が、規模、複雑性、活動範囲においてウィキメディア財団に匹敵するかそれを上回る規模の組織、部門もしくはプロジェクトにおいて役員を務めたことがあるか。

いいえ

内容領域専門性 候補者が、ウィキメディア財団と理事会の活動に関連する分野において働いたか、もしくはかなりのボランティア活動を行ったことがあるか。これらの分野は毎年決定され、グローバル運動の構築やコミュニティの組織化、企業レベルのプラットフォーム技術と製品の開発、公共政策と法律、知識分野(例:学術/GLAM/教育)、人権と社会正義、オープンインターネット/フリー・オープンソースソフトウェア、組織戦略と運営、財務と財務監督、非営利の資金調達、人材管理、理事会のガバナンスのような分野を含みます。

ソフトウェア エンジニアリング

多様性:経歴 候補者が、権力構造の中で歴史的差別や低代表に直面してきた集団に属しているか、属していたか(例えば、性、人種、民族、障害、LGBTQ+、社会階級、経済的地位、もしくはカースト)

いいえ

多様性:地理的 候補者が地理的な居住地域に基づき、理事会の全体的な地理的多様性に貢献するか。

いいえ

多様性:言語 候補者が、英語以外の言語のネイティブスピーカーであるか。

いいえ

多様性:政治システムの経験 候補者に、非民主的・検閲国家・抑圧的な状況において長く居住もしくは就労した経験があるか。

いいえ