ウィキメディア財団 選挙/2022/提携団体 地域 監査委員会(Analysis Committee)創設について/北米

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
Other languages:

このページは、2022 ウィキメディア財団理事会選挙のための監査委員会への北米の提携団体の参加を支援するものです。

運動戦略と組織統治 チームがこのプロセスをサポートします。

この地域のファシリテーターはXenoMahuton です。

状況

詳細は次を参照: Wikimedia Foundation elections/2022
2022年理事会選挙の予定表

この選挙に提携団体が投票するのは7月で、全候補者から6名を選びます。それぞれの提携団体には1票ずつ認められます。この投票にはSTV単記移譲式投票方式を採用します。提携団体はそれぞれが選ぶ候補者について協議をする義務を負います。候補者は得票率により順位づけされます。

The Affiliate Representatives were able to ask questions for the candidates to answer. Candidates published answers starting on June 24.

この選出過程を補佐するため、監査委員会を組織します。

監査委員会

提携団体への地域での呼びかけと支援するファシリテーターについて詳細は 監査委員会設置のための提携団体への呼びかけをご覧ください。

監査委員会は4月下旬から5月にかけて、提携団体から選出します。同委員会は提携団体出身の委員9名で構成され(国・地域別協会、利用者グループ、テーマ別グループの総体)、その適用範囲は運動全般の各地域とします。詳細は次のとおりです。

  • ヨーロッパ中部と東部 (CEE):
  • 東アジア、東南アジアならびに太平洋地域 (ESEAP):
  • サハラ以南のアフリカ:
  • ラテンアメリカ諸国 (LATAM) ならびにカリブ海地域:
  • 中東と北アフリカ(MENA):
  • 北アメリカ(アメリカ合衆国、カナダ):
  • ヨーロッパ北部と西部:
  • 南アジア:
  • 加えて、テーマ別提携団体の代表1名。

There was no representative from the Northern and Western Europe or South Asia.

監査委員会の選定過程は提携団体が定義するものとし、必要に応じて選挙管理委員会ならびに運動戦略・組織統治チームが補佐します。

監査委員会は理事会が示した評価基準に従い、技能と多様性、公平性と包括性の尺度から候補者を評価します。同委員会は候補者が所信表明で示した声明に基づいて評価します。同委員会の評価は、金銀銅の枠組みで実施します。この評価法は票を投じようとする提携団体に対しインプットとして伝えます。候補者各人の評価の詳細は、公表しません。

提携団体の選挙過程を経て選ばれた候補者6名は、候補者各人の得票率を公表してコミュニティの投票に寄与します。この過程には有益な情報の共有と、候補者の不要な露出予防をバランスさせる趣旨があります。

選定された委員会メンバー

Members of the Analysis Committee
地域 Representative
CEE (Central & Eastern Europe) Mehman97 (talk meta edits global user summary CA)
東アジア、東南アジアならびに太平洋地域 (ESEAP) GDHFang (talk meta edits global user summary CA)
サハラ以南アフリカ Dnshitobu (talk meta edits global user summary CA)
ラテンアメリカ諸国ならびにカリブ海地域 Superzerocool (talk meta edits global user summary CA)
中東と北アフリカ علاء (talk meta edits global user summary CA)
北アメリカ Megs (talk meta edits global user summary CA)
ヨーロッパ北部と西部
南アジア地域協力連合(南アジア)
テーマ別提携団体 Joalpe (talk meta edits global user summary CA)

Process

The Analysis Committee worked from late May to mid-June. Details of their meetings and process can be found on the Analysis Committee Discussions.

The Board Selection Task Force and the Elections Committee developed a set of evaluation criteria for the Analysis Committee to evaluate candidates against. The Analysis Committee members assessed candidates individually. Only two Movement Strategy and Governance facilitators who supported the process had access to these individual scores.

委員を決定する手順

以前の地域プロセスと同様に、以下の表の提携団体によって手順を定める必要があります。 

このページは、提携団体のコーディネートを支援するために作成されたもので、共同で編集する必要があります。

During that discussion, User:Megs was chosen by North American affiliates to sit on the analysis committee.

地域提携団体

監査委員になることを希望する利用者

(自薦・他薦を問わず、被推薦者が同意した場合)