ウィキメディア概報 (2014年1月)

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Wikimedia Highlights, January 2014 and the translation is 100% complete.

Other languages:
العربية • ‎বাংলা • ‎čeština • ‎Deutsch • ‎Zazaki • ‎Ελληνικά • ‎emiliàn e rumagnòl • ‎English • ‎español • ‎فارسی • ‎suomi • ‎français • ‎עברית • ‎हिन्दी • ‎Bahasa Indonesia • ‎italiano • ‎日本語 • ‎한국어 • ‎Lëtzebuergesch • ‎Bahasa Melayu • ‎norsk bokmål • ‎Nederlands • ‎occitan • ‎ਪੰਜਾਬੀ • ‎polski • ‎پښتو • ‎português • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎Scots • ‎සිංහල • ‎தமிழ் • ‎తెలుగు • ‎Türkçe • ‎українська • ‎Tiếng Việt • ‎ייִדיש • ‎中文 • ‎中文(繁體)‎

2014年1月のウィキメディア財団報告書及びウィキメディア技報抄録ほかウィキメディア運動の重要行事について

ウィキメディア財団概報

コミュニティが中心となった新商標利用方針

7ヶ月間に渡るコミュニティの話し合いの後、財団の法務チームは新商標利用方針に関する作業を終えましたThe Hitchhiker's Guide to the Galaxy 以上の語数が使われたコミュニティの議論は、ウィキメディアのマークのリベラルな利用の提供方法において型破りな方針ではあるが、同時に法的保護は維持するという結果に落ち着きました。最終的な方針は2月1日に理事会によって承認され、即日発効されました。

1年が経過し、個人活動助成金は影響を与える潜在力を実証

IEGの第一ラウンドの事業

個人活動助成金プログラムが2013年1月にローンチされてから1年経ち、財団の学習と評価チームは、第一ラウンドで出資された事業の影響評価完了させました。その事業の一つ、ザ・ウィキペディア・ライブラリは、商業的な研究データベースのプロバイダからの寄付で$279,000 分の価値を生み出し、ウィキペディアの編集者が無料で高品質な情報源を利用できるようにしました。助成費用はわずか$7,500で、これは投資に37倍の見返りがあったことを示します。ウィキペディアを中国で宣伝する事に関する別のプロジェクトは、ソーシャルネットワーキングサイト微博(利用者の25%が女性)上の新しいウィキペディアのアカウントに10,000人のフォロワーを得ました。2014年の第一ラウンドへの応募は三月開始です。

2016年に向けたマルチメディアのビジョン、そして MP4 ビデオに関するコメントリクエスト

File:Multimedia vision 2016.webm
2016年に向けたマルチメディアのビジョンを解説する動画 (スライド)

財団は近年、2016年に向けたマルチメディアのビジョンを示すマルチメディアチームを結成しました。コモンズやウィキペディアやその他の事業においてマルチメディアを共同で行うためのありうる新たなツールを説明する計画です。チームはコミュニティにこれらの考えへのフィードバックを要請しました。

それとは別に、マルチメディアチームは、ウィキメディアのサイト上で、フリーなフォーマットであるOgg Theora及びWebMに対する既存のソフトウェアサポートに加え、MP4フォーマットのビデオファイルをサポートするべきかどうかに関するコメントリクエスト (RfC)を開始しました。現在、コモンズ上のおよそ2000万個のファイルの内、たった約0.2%だけがビデオであり、MP4のサポートは多くのユーザー、特に既存のフリーなフォーマットのビデオを再生できない一部のモバイル機器上で、ビデオのアップロードと再生をはるかに容易にすることと考えられています。しかしながら、MP4は特許によって守られているプロプライエタリ・フォーマットです。コメントリクエストに応じたユーザーのほとんどは、フリーなフォーマットだけを使用する現在の試みを継続するため、サポートしないほうがよいと考えました。

新検索エンジン

ウィキメディアの全ウィキに対し、新たな検索インフラが展開されています。特にMediaWiki用に書かれた「Lucene-search」ソフトウェアの代わりに、既存のオープンソース・ソフトウェア「Elasticsearch」をベースにしています。「Lucene-search」はおよそ8年の間、ウィキメディアのサイト上でうまく運用されてきましたが、2013年にいくつかの技術的問題が生じました。MediaWiki用の新検索システムは「CirrusSearch」と呼ばれています。その検索結果は、旧システムよりずっと早くページの更新を反映するようになります。記事内のテンプレートのテキストも検索対象となりますし、いくつかの新しい検索オプションが追加されました。CirrusSearchはまず、任意のベータ機能として、使用できるようになっています(タイムラインをご覧ください)。

データと傾向

2013年のトラフィック傾向 (プレゼンテーションスライド)

12月の全世界純訪問者数:

4億9000万人 (11月比-7.98%、前年比+3.73%)
(ウィキメディア財団全事業のcomScoreの数値。1月の数値は翌2月にcomScoreから発表される)

1月のページ要求回数:

206.78億回 (12月比+13.2% 、前年比-7.0%)
(モバイルアクセスを含むがWikidata及び ウィキペディアのメインポータルページを除くウィキメディア財団の全事業のサーバーログデータ)

2014年1月の活動中の登録編集者 (5回以上記事名前空間編集/月、ボットを除く):

75,441人(10月比+0.99% / 前年比-2.72%)
(ウィキメディア財団の全事業のデータベースのデータ)

通知表(ウィキメディア財団事業に関する様々な統計データと傾向を統合):

http://reportcard.wmflabs.org/

(定義)

財務

ウィキメディア財団の年度累計収支 (予算対照、2013年12月31日時点)
ウィキメディア財団の年度累計支出・部門別 (2013年12月31日)

(決算情報は、本報告の2013年12月時点)

次の決算情報は全て、2013年12月31日時点の月度・年度のもの。

収入 34,750,758
支出:
 技術費 7,818,380
 資金調達費 2,267,144
 助成金授与費 838,068
 プログラム費 866,479
 助成金 1,289,803
 統制費 377,413
 法務・コミュニティ法的支援・通信費 1,752,003
 財務・人事・運営費 3,566,318
支出合計 18,775,608
剰余金合計 (15,975,150)
(米ドル)
  • 収入は、当月は予算1961万ドルに対し実績2014万ドルと、予算を535千ドル(3%)ほど上回りました。
  • 会計年度内の収入は、予算では3632万米ドルであったのに対し、実績は3475万米ドルで予算を約157万米ドル(4%)下回りました。
  • 12月度の支出は、予算の443万米ドルに対し、実績は365万ドルとなり、予算を778千ドル(18%)ほど下回りました。主に、人件費及び資本支出、インターネットホスティング、支払処理手数料、渡航費への支出の低下によるもので、外注サービス費の高騰が一部を打ち消しています。
  • 今年度の支出は、予算の2286万米ドルに対し、実績は1878万ドルとなり、予算を408万米ドル(18%)ほど下回りました。主に、人件費及び資本支出、インターネットホスティング、裁判費用、支払処理手数料、職員開発費、渡航費への支出の低下によるもので、外注サービス費と採用費の高騰が一部を打ち消しています。
  • 手元資金は2013年12月31日時点で5534万米ドルです。

その他のウィキメディア運動の概報

ウィキペディアの表題の音声を記録するプロジェクトがスティーヴン・フライ及び BBC の支援を得る

スティーヴン・フライの声、 WikiVIP プロジェクトのために録音された

ウィキペディアの音声紹介プロジェクト (WikiVIP) は、ウィキペディアの記事の題材である人々に、自身の声の短いサンプルの録音を要請しました。声はその後コモンズにアップロードされます。録音すれば、ウィキペディアの読者はその人物の声は誰と似ているのか、その人物の名前はどう発音されるのかを聞くことができます。イギリスのウィキペディアン Andy Mabbett (User:Pigsonthewing)により土台が築かれた本プロジェクトは、著名人のスティーブン・フライの支持を1月に得ました。Andy Mabbetはまた、WikiVIPのためにオーディオアーカイブからの抜粋を提供してもらうため、 BBC とも協力しています。ボランティアらは、1月にあったイベントで300本以上のそういったクリップの本人確認を済ませ、BBCがコモンズにアップロードする予定です――この機関がフリーなライセンスの下で放送のアーカイブからコンテンツを公開するのは初めてのことです。

ウクライナ国旗の色があしらわれたグルジア語版ウィキペディアの一時的なロゴ

ウクライナの支部及びウィキペディアのコミュニティはウクライナ政府が提議した法律に抗議します

1月に、 ウィキメディア・ウクライナ は、(その後失脚したヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領の下で)同国の政府が提議したいくつかの法律に反対して抗議しました。同支部は、この法案が、ホスティングプロバイダ及び/またはドメインネームレジストラが著作権侵害の苦情などの特定の条件が揃えば、裁判所の命令なしにウェブサイトへのアクセスをブロックすることを義務化するであろうことを懸念していました。法律が成立した後、ウクライナ語版ウィキペディアは、毎日30分間サイトを停止させることで抗議することにしました。また1月後半、グルジア語版ウィキペディアは一時的に、ウクライナのユーロマイダンの抗議を支援するため、ウクライナの国旗の色を取り入れたバージョンにロゴを変更しました。(2月遅く、全世界中のウィキメディアンが、22歳のウクライナのウィキペディアンで、ヤヌコーヴィチ政権の崩壊直前の3日の間のデモの最中に狙撃手に銃撃された Ihor Kostenko ―User:Ig2000―の死を嘆きました。)

See also