Help:Category/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to: navigation, search
MediaWiki ハンドブック: 目次読者編集者中間管理者システム管理者 +/-

カテゴリ (Category) は、メディアウィキの機能の一つであり、自動的に索引を生成し、プロジェクトの目次として使用できます。

Together with links and templates they structure a project.

要約[edit]

Each of the pages in the Category namespace represents a so-called category, a grouping of related pages, and contains an index for the pages of its category. For example, this page belongs to "Category:English documentation". If you open the "Category:English documentation" page, you will see a link to this page there.


When a page belongs to one or more categories, these categories appear at the bottom of the page (or in the upper-right corner, depending on the skin being used).


The category pages themselves contain 2 parts:

  • at their begining, an optional part may contain text that can be edited, like any other page,
  • at their end, an ever present, automatically generated, alphabetical list of all pages in that category, in the form of links. (In fact, in ASCII order. See Help:Special page/ja).


To assign a category to a page, simply add the link "[[Category:Category name]]" to the page's wikitext. The usual place to add it is at the bottom of the page.


To link a category page within a page as a normal wiki link (without adding the page to the category), prefix the link name with a colon. For example: [[:Category:Not in this category|Display Label]]


New categories can be created before assigning any page to it, in the same way as any other regular page.


Individual wikis may have their own top-level categories, such as w:Category:Contents in Wikipedia.


For a complete list of all categories which have at least one page, see Special:Categories.

For a complete list of all categories, including the ones that don't have any page, see Special:Allpages/Category: (note the colon at the end).


For categories on Meta, see m:Meta:Categories.

カテゴリ内に項目を追加する[edit]

A page in any namespace can be put in a category by adding a category tag to the page (by convention, at the end of the page), e.g.:

[[Category:Category name]]

You must substitute the actual name of your desired category in place of Category name. For example, to add an article called "Albert Einstein" to the category "People", you would edit the Albert Einstein article and add "[[Category:People]]" (no quotes) into its page source somewhere.

This will cause the page to be automatically listed on the associated category page, and it will also create a link in the page to the category page. Category pages are always in the namespace "Category". Pages can be included in more than one category by adding multiple category tags. These links do not appear at the location where you inserted the tag, but at the page margin in a fixed place, depending on the skin (the bottom for MonoBook, the upper right corner for Standard).

Category tags may be placed anywhere in the wikitext, but they are typically added near the end. On Wikipedia the policy is that category tags are put after the main wikitext, but before any interlanguage links.

Category links are displayed in the order in which they occur in the wikitext.

隠しカテゴリ[edit]

When __HIDDENCAT__ is put on a category page, that category is not listed on pages in the category. See category:hidden category demo and hidden category demo for an example. However, hidden categories can be made visible by ticking the item Show hidden categories (described by message with id 'tog-showhiddencats' (talk)) in the "Misc" section in the user's preference; either way they can be made visible or invisible through CSS(details needed).

The hidden categories that a page belongs to are listed using the label supplied by the message with id 'hiddencategories' (talk) when editing the page.

Hidden categories are automatically added to the category specified by the message with id 'hidden-category-category' (talk) (This is called a tracking category). In this wiki it is Category:Hidden categories. Within the Category namespace, the hidden categories a category page belongs to are listed separately from the standard (non-hidden) categories it also belongs to, using the label specified by the message with id 'hidden-categories' (talk). [See category:hidden category demo 1.]

For example, suppose a page is categorised under MyHiddenCategory. The page itself does not mention this categorisation unless tog-showhiddencats is true, in which case the listing hiddencategories appears below the standard Categories listing (the specific positioning depends on the skin, obviously). Within the Category namespace, MyHiddenCat is listed under the hidden-category-category global category. If MyHiddenCat has sub-categories, these will each list MyHiddenCat under the hidden-categories listing, appearing below the standard category listing. If MyHiddenCat is itself categorised under some higher category, the latter lists it without making any particular distinction (that is to say, hidden sub-categories are listed just as if they were standard sub-categories).

カテゴリページ[edit]

カテゴリページには次のものがあります。

  • 編集可能なテキスト
  • サブカテゴリのリストとサブカテゴリの総数。サブカテゴリがなければ、このヘッダと数は表示されません。ウィキメディアに備わっている CategoryTree extension 機能を使うと、サブカテゴリのサブカテゴリを、"+"をクリックして展開して見ることができます。
  • カテゴリ中にあるページのリスト。ただしサブカテゴリと画像は別のセクションに表示されます。カテゴリに入っているページが一つもなくても、ヘッダは表示され「このカテゴリには 0 のページがあります。」 (There are 0 articles in this category.) と表示されます。
    • MediaWiki 1.5から、名前空間プリフィックスが表示されなくなりました。
  • サムネイルを伴う画像などメディアファイルのリスト。ファイルの数が示され、ファイル名の最初の20文字が表示されます(これより長い名の場合、以降は省略されます)。また、ファイルサイズも表示されます。サブカテゴリやページのセクションとは異なり、画像のセクションには最初の文字ごとの見出しが付きません。

リスト中の項目はすべてそのページへリンクしています。画像の場合は、画像そのものと画像に付随する画像名もリンクになります。

サブカテゴリとページのリストには、最初の文字の見出しが付きます(中身のある見出しだけ表示されます)。見出しを付けないようにするためには、ソートキー(下記参照)に空白を入れてください。

メタウィキメディアとウィキペディアでは、カテゴリへのリダイレクトは編集可能なテキストの部分しか表示されません。カテゴリページを完全に表示するためには、リダイレクト後に「画像」または「カテゴリ」のリンクをクリックしてください。

Commonsでは、カテゴリへのリダイレクトも画像については完全なページを表示しますが、リダイレクトページもカテゴリページの場合には、リダイレクトページにはサブカテゴリとページは表示されません。

カテゴリページの作成[edit]

カテゴリページを作成するためには、次の方法があります。

  • ページ上に自動的に生成されるカテゴリページへのリンクをたどる
  • ページ作成リンクを作るときにカテゴリタグの前にコロンを追加し、今作業しているページをカテゴリに追加したいだけだとソフトウェアが認識しないようにする
[[:Category:''カテゴリ名'']]

作業中のページに上記のようなテキストを置くと、カテゴリページを編集するために使うことが出来るリンクが生成されます。

サブカテゴリ[edit]

サブカテゴリを作るのは、とても簡単です。カテゴリにカテゴリタグを追加すれば、そのカテゴリがタグで指定されたカテゴリのサブカテゴリになります。

サブカテゴリを新しく作る方法は、普通のカテゴリを作るのと同じです。例えば、どこかの記事に[[Category:サッカー]]と書きこんだあとに新しいリンクをたどってカテゴリページの編集ページに行き、カテゴリの説明と[[Category:スポーツ競技]]を加えればよいのです。この例では、カテゴリ:サッカーが、カテゴリ:スポーツ競技のサブカテゴリになります。実例としては、Category:DemoのサブカテゴリであるCategory:Demo_1を見てください。

ソートの順番[edit]

メディアウィキのシステムは、カテゴリに含まれるページを、アルファベット順、より正確にいうとUnicode順に並べます。レンジ32-127はASCIIに対応しています。それ以降については、Unicode文字の一覧を参照してください(注意:ページサイズが大きいです)。

 !"#$%&'()*+,-./0123456789:;<=>?
@ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ[\]^_
'abcdefghijklmnopqrstuvwxyz{|}~

特に、"Z"が"a"の前に来ること、"z"がアクセントやウムラウト付きの文字の前に来ることに注意してください。ページ名内の空白はアンダースコアとして扱われますので、大文字の後、小文字の前に来ます。ただし、名前の後にある空白は、全ての文字の先におかれます。したがって、PC、PCX、PC Bruno、PCjrの順に並べられます。

特殊文字w:ja:WIkipedia:特殊記号Pages starting with a special characterも参照のこと。

ソートキー[edit]

カテゴリページに含まれる3つのリストは上記の方法で並べられますが、ソートキーを利用することで、カテゴリに加えたい項目をリストのどの見出しの下におくか加筆者が設定することができます。これは、日本語のように使用する文字数が多い言語では、特に有用な機能です。ソートキーは、カテゴリタグ中に次のように指定します。

[[Category:カテゴリ名|ソートキー]]

例えば「織田信長」の記事を「人物」のカテゴリに追加し、五十音順の適切な位置に整列させたい時には、[[Category:人物|おたのふなか]]とします(もしこのようにソートキーを指定しなければ、「織田信長」は「人物」カテゴリ中で「織」の見出しの下におかれることになります)。

なお、この方法は、見た目はパイプ付きリンクと似ていますが、異なる機能です(ただし、要約欄中に書きこまれた場合は、パイプ付きリンクとして解釈されます)。パイプ付きリンクでは、パイプの後の語がパイプの前の語の別名として使われるのに対して、ソートキーでは、パイプの後の語は、カテゴリタグの書きこまれたページのページ名の別名として機能します。また、パイプ付きリンクはページそのものの出力結果に影響しますが、カテゴリタグのソートキーは、カテゴリページの出力結果に影響します。また、カテゴリページで表示される名前自体はページ名そのもので、ソートキーになにが使われているかは、残念ながら、各ページの編集画面をのぞかないとわかりません。

ソートキーのルールは明確でなければなりません。そうでないと、ページがあたかもランダムにリストされ、項目を見付けるのが難しくなります。またソートキーは、カテゴリに含まれる全てのページに一貫して適用するか、ソートキーを使用したページが、ソートキーを使用していないページの間で適切にリストされるように配慮してください。記事数が多く、成長途中で次々に新規記事が書かれているようなカテゴリでは、後者の方法を用いることが推奨されるでしょう(ただし、日本語版ではつねにソートキーを用いることが望ましいと考えられます)。なお、各カテゴリで用いているソートキーのルールについて、各カテゴリページに記しておくと便利でしょう。

ソートキーのルールとして、英文の記事で一般的に用いられるものは、「ラストネーム、コンマ、空白、ファーストネーム」というものです。"Jr."などの称号類は最後におかれます。そうしない場合、空白がコンマに先行するために、称号類のある名前がないものの前に来てしまいます。日本語の場合、全て平仮名の清音を用いる(濁点・半濁点は清音に置換する)方法が一般的です。例えば、ビートルズは[[Category:バンド|ひいとるす]]といった具合です。

また、例えば w:ja:Category:デンマークでは、ページのソートキーは、「デンマーク」や「デンマークの」などを除いたキーワードになっています。

ソートキーは大文字と小文字を区別します。そのため、 [[Category:Foo|Zealand]] というタグを持つページは、 [[Category:Foo|amsterdam]] というタグを持つページの前に並びます。これは、Aで始まるページもaで始まるページも同様に扱いたい場合には不便ですが、逆に便利に使うこともできます。すなわち、ソートキーを使って、A-Zとa-zという2つのグループに分けることもできるからです。例として、小文字の"h"をソートキーに使ってヘルプページを分割している Category:Demo を見てみてください。平仮名と片仮名を使い分けることもできます。

正しく並べるためには、句読点と空白は入れ方を一貫させる必要があります。例えば、間に2つの空白がある"A Z"は空白が1つしかない"A A"の前に来るので注意が必要です。

ページ名中のアンダースコアは空白として扱われますが、ソートキー中のアンダースコアは空白と区別されます。

また、上記のASCII順を利用して、項目を強制的にリストの冒頭や最末におくことができます。冒頭に置くには半角空白を、最末に置くにはチルダ (~) を使用します。リストの冒頭に項目を置くためのソートキーとしては、アスタリスク (*) もよく使われます。

標準名前空間以外の名前空間のページ[edit]

標準名前空間以外の名前空間では、名前空間のプリフィックスがデフォルトのソートキーに含まれています。この場合、ソートキーを指定しないと、名前空間の全ページがおなじ見出しの下に並ぶことになります。例えば、ヘルプ名前空間のページはすべて「ヘ」の下に並びます。これを避けるためには、名前空間プリフィックスを除いたページ名をソートキーに指定してください。Category名前空間やImage(画像)名前空間では、デフォルトで名前空間プリフィックスを除いたソートキーが指定されています。これは、サブカテゴリがすべてCの下に並んだり、画像がすべてIの下に並 んだりすることを避けるためです。したがって、カテゴリなどにソートキーを指定する時には、プリフィックスを付けずに指定してください。

ソートキーの一括指定[edit]

[MW1.10+] 特殊文字列の {{DEFAULTSORT}} を使うことによって、 {{PAGENAME}} と違うソートキーを一括指定することができます。

{{DEFAULTSORT:new key}}

のようにです。{{DEFAULTSORT}} が記事中に複数あった場合、そのうちの一番最後のものがページ中のすべてのカテゴリに適用されます。

ソートキーを使ったページのグルーピング[edit]

もし、例えば、人物のリストでソートキーに "scientist Einstein, Albert" などと指定すれば、全ての科学者 (scientist) が "s" の下に並ぶことになります。しかしながら、残念なことに、 "scientist(s)" のような見出しを指定することができないので、例えばセールスマン (salesman) も同じ "s" の下に並んでしまいます。別の方法として、例えば科学者には K を割り当てると決め、カテゴリページの編集可能部分にこれを記しておくということもできます。

画像リスト中の画像名[edit]

上で述べたように、画像名については、最初の20文字だけが表示され、もしフルネームがそれより長ければ、残りは点で省略表示されます。しかしながら、これは不便なことも多く、例えば commons:Category:William-Adolphe Bouguereau では、ほとんどの画像の名前が "William-Adolphe Bouguereau (1825-1905) -" で始まっており、カテゴリページではこれらが全て "William-Adolphe Boug..." と表示されてしまいます(リンク先の最後のほうを見てみてください)。

画像のフルネームは、hover ボックスとブラウザによってはステータスバーにのみ表示されます。ステータスバー中の表示は、実体参照になっている場合も多いかもしれません。このため、アルファベット順のリスト中から項目を見つけ出すのはかなり厄介になります。したがって、たとえば上の例では、 "Bouguereau, " のような短い語で始め、その後に絵画の名前を続けるような方式がいいでしょう(そのうちソフトウェアが改良されるまでは)。

テンプレートを使ったカテゴリ付け[edit]

テンプレート中にカテゴリタグがあると、テンプレート本体だけでなく、テンプレートが呼び出されているページも同じカテゴリに含まれます。

テンプレートを呼び出しているページには、そのページが属しているカテゴリが正しくリストされます。しかしながら、テンプレート中にカテゴリタグを追加したり削除したりしても、テンプレートを呼び出しているページは、ページ本体で何らかの編集が行われるまで、カテゴリページでのページリストに正しく追加・削除されません。すなわち、

  • ページ中のカテゴリのリストは常に最新である
  • カテゴリページにあるページのリストは各ページの最終編集時の情報に基づく

この問題は、ページにカテゴリタグやテンプレートタグを追加・削除する際には、当然ながらページの編集を伴うので問題になりません。問題になるのは、ページの編集が行われていないのに、テンプレート本体にカテゴリが追加・削除された時だけです。

あるページの各カテゴリページへの掲載状況を最新のものに更新するためには、そのページに空編集 (null edit) をかけます(節編集を行い、なにも変更を加えずに保存する)。

ソートキー[edit]

テンプレート中のカテゴリタグのソートキーは、テンプレート本体だけでなく、テンプレートを呼び出しているページにも適用されます。したがって、基本的には変数を用いている時のみ意味を成します。ソートキーには変数(主に PAGENAME)、パラメータ、またはテンプレートの内容を入れることができます。

テンプレート本体のカテゴライズ[edit]

テンプレート呼び出しをしているページはカテゴリに入れずに、テンプレート本体だけをカテゴライズするためには、 <noinclude> タグを使うことができます。

<noinclude>[[Category:カテゴリ名]]</noinclude>

別の方法として、例えば次のように書くこともできます。{{#ifeq:{{FULLPAGENAME}}|Template:Editthispage|[[Category:カテゴリ名|{{PAGENAME}}]]|}}

カテゴリからテンプレートを除く[edit]

カテゴリ中にテンプレートを表示させないようにするには、

<includeonly>[[Category:カテゴリ名]]
[[Category:Categorization]]

を使います。

<includeonly></includeonly> の間のテキストは、ページが埋め込まれている時にのみ生成され、表示されます。

この機能を応用すれば、「あるテンプレートを呼び出している全てのページ」といったカテゴリを作ることもできます。ただし、ここでも、テンプレートを更新しても、ページ本体が更新されるまでカテゴリの変更がカテゴリページへ反映されない問題に注意してください。

リダイレクトページのカテゴリ付け[edit]

リダイレクトページもカテゴリできます。カテゴリタグは最初の段落においてください。リダイレクト先がセクション(節)の時は、ある意味ではセクションがカテゴリされるという結果になります。つまり、カテゴリページにリストされるリンクは、リダイレクトを通じてセクションにリンクするからです。しかし、セクション内に明示的にカテゴリへのリンクを挿入しない限り、セクション自体にはカテゴリへのリンクが表示されません。

カテゴリページでは、リダイレクトは "redirect-in-category" classで制御されますので、MediaWiki:Common.cssなどで字体などを指定することができます。詳しくはw:Wikipedia:Categorizing redirectsを参照してください。

カテゴリページの移動[edit]

カテゴリページを移動する唯一の方法は、そのカテゴリにリンクしている全てのカテゴリタグを手動で変更し、新しいカテゴリに編集可能なテキスト部分をコピーすることです。記事ページを移動するような自動的な方法はありません。

カテゴリページの編集可能なテキスト部分は、他のページのように移動することができますが、サブカテゴリ・ページ・メディアのリストは移動しません。カテゴリ内のページ全てがテンプレートによってカテゴリタグが付与されている場合は、テンプレート本体を修正すれば全てのページが新しいカテゴリへ移動します。

カテゴリページのリダイレクトは可能ですが、望んだ結果はまず得ることができませんし、単に悪用されるだけの可能性もあります。

全てのカテゴリページのリスト[edit]

Special:Categoriesは、全カテゴリをASCII順に表示し、各カテゴリのページ数を提供します。この数にはサブカテゴリの中身は含まれませんが、サブカテゴリ自体は含まれます。Category名前空間を指定した Special:Allpages (例: http://meta.wikimedia.org/w/index.php?title=Special%3AAllpages&namespace=14 ) と比較すると、

カテゴリ構造の表示[edit]

カテゴリのツリー構造を視覚的に把握することができる、Special:CategoryTreeという特別ページが用意されています。カテゴリツリー拡張がメディアウィキにインストールされていると、このツリー構造をページ内に表示させることもできます。例えば、<categorytree mode=pages>MediaWiki 開発</categorytree>とすると、次のような結果が表示されます。[-] または [+] をクリックするとカテゴリの中身の表示/非表示を切り替えられます。

no pages or subcategories


<categorytree mode=pages hideroot=on>MediaWiki 開発</categorytree>とすると、親カテゴリなしで表示されます。


また、Dapeteさんのカテゴリ・ビジュアライザーというツール(Catgraph)を使うと、カテゴリーの関係をチャート図で見ることができます(ただし現在のところ、日本語は文字化けするようです)。

カテゴリへの「リンク先の更新状況」の適用[edit]

「リンク先の更新状況」については、カテゴリページにリストされているページが表示の対象になります(ただし、その時カテゴリページに表示されているページのみが対象になるので、テンプレート本体でのカテゴリの追加・削除が未反映のページ[上記参照]については、対象になりません)。

  • サブカテゴリについては、編集可能なテキスト部分の変更のみ反映されます
  • 画像(画像ページ)についても、編集可能なテキスト部分の変更のみ反映されます

一方、カテゴリページの編集可能なテキストからリンクされているるページの変更は表示されません。これを回避するためには次の方法があります。

  • 編集可能なテキストをテンプレートにする。カテゴリタグはテンプレートに入れない方がよいでしょう。というのはテンプレート本体が上位カテゴリ中にリストされてしまうからです(またカテゴリタグはどのみち「リンク先の更新状況」に影響しません)。言語間リンクなどのinterwikiリンクについては、テンプレートの中においても外においてもかまいません(そのテンプレートが他の場所でも使われる場合には適切な配慮が必要です)。
  • リンク先の更新状況は、テンプレートとしてカテゴリを呼び出しているページを対象にします。例えば、{{:Category:カテゴリ名}}としてカテゴリページを埋め込んだ場合、編集可能なテキスト部分のみが呼び出されています。この機能を使っていくつかのカテゴリを読み込んだ、変更を確認するためだけのページを作ることも可能です。ただし、その場合、このページはそれぞれのカテゴリの上位カテゴリ中にリストされてしまいます。

他のページと同様、トークページ(ノートページ)での変更は表示されません(ウォッチリストとは動作が異なります)。

特定のカテゴリに対して、表示件数と表示日数を充分に大きい数に設定して「リンク先の更新状況」を表示させると、そのカテゴリ中であなたがウォッチリストに入れているページを確認するのに使えます(ボールド体で表示される)。

なお、リンク先での「リンク元」表示については、カテゴリページの編集可能なテキストからの明示的なリンクだけが対象になり、カテゴリ内のページリストのリンクは表示の対象になりません。

ダイナミックページリスト[edit]

DynamicPageList2拡張は、カテゴリ中のページへの最終編集履歴を表示し、オプションとしてページのリストだけを表示することもできます。簡易版のDynamicPageListはメタウィキメディアとウィキニュースにインストールされています。また DPLforum が Wikia にインストールされています。詳しくは http://www.wikia.com/wiki/Help:Forums を参照。

カテゴリへの追加の検出[edit]

「リンク先の更新状況」を利用して、カテゴリに最近追加されたページを確認することができます。これは、カテゴリに追加される時に、ページにカテゴリタグやテンプレートタグを追加する編集が加えられるからです。したがってテンプレート本体の編集によってカテゴリに追加された場合は、表示されないこともあります。この時は、テンプレートの編集内容を確認し、テンプレートを呼び出しているページを確認します。この作業を行うと、カテゴリへの追加がカテゴリページにまだ反映されていないページも追跡することができます(上記参照)。残念ながら、カテゴリが削除されたことを追跡する類似の方法はありません。

「リンク元」との比較[edit]

リンク元の表示(バックリンク)は、リンクとページ埋め込みの副産物としてしばしば利用されています。しかし実は、バックリンクそのものをリンクタグや挿入タグと一緒に使うことができます(カテゴリタグがそうできるのと同じように)。

この機能を利用して、それぞれのページのカテゴリ・リストにはカテゴリを追加せずに、例えばSpecial:Whatlinkshere/abcの中身を表示する一種のカテゴリ "Category abc" を作ることができます。

これには2つの方法があります。

  • ページ中に{{#if:|{{:abc}}}}を書きこむ。 書きこんだページ上には何も生成されませんが、Special:Whatlinkshere/abcにこのページがリストされます(リンク先を確認してみてください)。この方法はabcが存在するか否かにかかわらず動作します。
  • {{:abc}}。この方法は、何も書いていない空白ページか若干内容のあるページを作成し、ページ内にカテゴリ一覧を表示させる必要があります。
リンクの場合
リダイレクトがカテゴリにおける上位カテゴリに対応します。
カテゴリの利点
  • カテゴリの並び順はASCII順なのに対して、「リンク元」では、データベースのリンク表が最後に更新された時にすでにリンクされていたページしかASCII順にならない。
  • カテゴリには編集可能なテキストがある(トークページ(ノートページ)もある)
  • カテゴリには複数の上位カテゴリを付すことができる
バックリンクを使った疑似カテゴリの利点
バックリンクはツリー構造を示すことができ、ページとサブカテゴリだけでなく、サブカテゴリに含まれているページとサブサブカテゴリ、サブサブカテゴリに含まれているページとサブサブサブカテゴリまでの、最大3層まで表示できます(サブサブサブカテゴリの中身は表示できない)。
テンプレート呼び出しを使った疑似カテゴリの利点
  • 複数層の上位カテゴリが表示できる
  • サブカテゴリの中身は、サブカテゴリごとにまとまらず、1つのリストとして表示される(ツリー構造は表示されませんが、より下層のノードをバックリンクに指定することで、表示数を減らすことができます)
  • 3層までの制限はない(リダイレクトを使う場合と違う点)。例えば、ページAijklにテンプレートAijkを呼び出すといった方式で階層化した場合、カテゴリA中のカテゴリAi中のカテゴリAij中のカテゴリAijk中のページAijklが、カテゴリAのページリスト(テンプレートAへのリンク元)として表示されます。

カテゴリについての注意点[edit]

各ページは、少なくとも1つのカテゴリに含めるようにします。複数のカテゴリに属させることもできますが、あるカテゴリに含め、その上位カテゴリにも含めることは、あまり賢明とは言えないでしょう。

各カテゴリは、最上位のカテゴリを除き、少なくとも1つの上位カテゴリに含めるようにします。

同根複層的カテゴリ階層

理想的には、カテゴリ構造は1つの最上位カテゴリを持つ、複層的構造になっています。親カテゴリ1を除く全てのカテゴリは、少なくとも1つの他のカテゴリに含まれ、また循環しない(直接・間接を問わずカテゴリが自己内包しない)ようになっているべきです。カテゴリ構造は、概念の階層を反映し、より総論的なものから細論的なものへ下っていくようになっているのが理想です。

プロジェクトの方針を確認[edit]

ページやカテゴリをカテゴリに追加する時や、新しいカテゴリを作成するときには、まず各プロジェクトの方針を確認し、またすでに使われているカテゴリについてよく研究してからにしましょう。

名詞の単複を問題にする言語では、例えば「アムステルダム」という記事を、Category:Cityに入れるべきか、Category:Citiesに入れるべきかというのは難しい問題です。カテゴリの乱立を避けるために、プロジェクトごとにルールを定めておくとよいでしょう。

テストページや利用者ページにカテゴリタグをおいたり、カテゴリタグのあるテンプレートを呼び出してカテゴリに追加することは、カテゴリを汚す行為と考えられています。ただし、リンクをすることで「リンク元」に表示させることは、問題ない行為と考えられています。したがって、

  • テストページや利用者ページにテキストをコピーするときは、カテゴリタグを削除してください。または、カテゴリタグの前にコロンを追加して、通常のリンクにしてください(例:"[[:Category:Art]]")。
  • カテゴリタグのあるテンプレートを呼び出す場合は、subst展開するか、ソースを直接コピーアンドペーストし、カテゴリタグを削除してください。

一覧の代替表示[edit]

自動的に生成されるリストに加えて、ページと画像(サムネイル使用)へのリンクの一覧を、通常ページと同様に、カテゴリページの編集可能なテキスト中に置くことができます。この方法は、以前ウィキメディアコモンズで多用されていましたが、今では通常名前空間の記事に移動されているものが多くなっています。詳しくはcommons:Commons:Images on normal pages or categories:Voteを参照してください。

カテゴリの機能拡張[edit]

カテゴリの交差・集合・情報補完など[edit]

さまざまなメディアウィキの拡張で、カテゴリの交差、集合、情報補完などができます。

  • Semantic MediaWiki
    • Intersection - ページの関係や属性にしたがってページの集合をカテゴリする
    • Inline queries - 選択したページについての、関係や属性に関する情報を提供し、カテゴリに含まれているページにおいて、同じカテゴリに含まれているページをページ内表示させる
  • ダイナミックページリスト
    • カテゴリの交差と補完
  • ダイナミックページリスト2
    • カテゴリ集合の交差と補完
    • 各ページの最終編集時刻の提供
  • Forum
    • カテゴリの交差と補完
    • 各ページの最終編集時刻の提供

これらの機能拡張はどれも、名前空間の限定もできます。一部は、複数の名前空間の限定をしたり、複数の名前空間の補完ができます。また、独立したカテゴリページだけでなく、どんなページにも情報を表示することができます。

w:Wikipedia:Category intersectionも参照してください。

カテゴリの平坦化[edit]

カテゴリの平坦化 (Category flattening) とはサブカテゴリ、サブサブカテゴリなどに含まれるページも表示するシステムです。詳しくは以下のページを参照してください。


メディアウィキ・ユーザーズガイド - ヘルプ・ページ全部

一般的な利用法: 表示 | 検索 | 検索に使用できない単語 | URL | 名前空間 | ページ名 | セクション | リンク | リンク元 | パイプ付きリンク | 言語間リンク | リダイレクト | 変数 | カテゴリ | 画像ページ | 特別ページ
ログイン及びユーザー設定: ログイン | オプション | 外装の詳細設定
起稿・編集: ページの編集 | 新規ページの作成 | 画像/ファイル | 特殊文字 | 数式の書き方 | 表の作り方 | EasyTimeline | テンプレート | リダイレクト | ページの移動 | Editing shortcuts | Talk page | Testing || rlc
改定追跡: 最近更新したページ | 拡張された最近更新したページ | リンク先の更新状況 | ウォッチリスト | 差分 | 履歴 | 要約欄 | ユーザの投稿記録 | 細部の編集 | 編集のパトロール

他プロジェクト: Wikibooks | Wikicommons | Wikinews | Wikipedia | Wikiquote | Wikisource | Wiktionary - Edit this template

言語: English  · Deutsch · español · français · עברית · italiano · 日本語 · Nederlands · русский · 中文