Help:Editing sections of included templates/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search

挿入されたテンプレートのセクションの編集[edit]

このセクションは Help:Section/ja.中に現れます。

編集機能は挿入された別ページ(テンプレート)のセクションにも適用できます。呼び出されているセクションの「編集」リンクをクリックすると、別ページの編集画面にとびます。このセクションヘルプ:挿入されたテンプレートのセクションの編集が実例になっています。

セクション編集機能では、編集されるセクションの範囲は、別ページを呼び出している親ページの見出しに依存します。例えば、別ページ内の最初の見出しの前にテキストがある場合、親ページ上では、このテキストはテンプレートタグを含んでいるセクションの一部分であるように見えます。しかし、そのセクションの編集リンクをクリックしても、別ページ部分のウィキテキストは表示されません。あるいは、テンプレートタグの直後に、セクション見出しをはさまずにテキストが続いている場合、セクション編集機能を使ってこのテキストを編集するためには、テンプレートタグが挿入されている直前のセクション見出しの編集リンクをクリックしなければなりません。

したがって、親ページの生成画面で表示されているセクションの範囲と、実際のウィキテキストのセクションの範囲が異なると混乱を引き起こします。これを避けるためには、

  • 別ページ(テンプレート)が見出しを持っている場合、最初の見出しの前にテキストをおかないでください。
  • 親ページでは、セクションをもつ別ページの後には、新しいセクション見出しをおいてください。

別ページ内はセクションに分割する必要がなくても、場合によっては、別ページを新しいセクション見出しで始め、別ページ全体を1つのセクションとするとよいでしょう。このようにしておけば、別ページを呼び出しているページでは、別ページへの明示的なリンクをおかなくても、セクション編集機能を使って別ページを編集することができます。この別ページも、1つのセクションになっています。

別ページ(テンプレート)中のパラメータ値、例えば"{{{1}}}"は、テンプレートを編集することではなく、呼び出しているページのテンプレートタグを編集することで指定されることに注意してください。このような時には、説明の文章か、明示的な編集ページへのリンクをおいておくと便利でしょう。

呼び出されているページに __NOEDITSECTION__ タグが含まれていると、そのページだけでなく、呼び出しているページ、またそのページに呼び出されている他の別ページにも効果が及びます。