Help:Images and other uploaded files/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to: navigation, search
MediaWiki ハンドブック: 目次読者編集者中間管理者システム管理者 +/-

メディアウィキでは、画像などのファイルをアップロードし、そのファイルをページ中に挿入することができます。逆に、ページ中に画像を表示させるためには、そのファイルがプロジェクトにアップロードされていなければなりません。画像以外の音声や動画ファイルなどもアップロードできますが(下記参照)、メディアウィキのシステム上の処理では、アップロードされたファイルを全て「画像」と呼んでいます。

ファイルがアップロードされると、ファイル毎に画像ページ(画像説明ページとも)が作成されます。「画像ページ」のページ名は、アップロード時に付けたファイル名と同じになり、「File:」という名前空間用のプレフィクスが頭につきます。

画像は、通常の内部リンクのマークアップを使ってテキストに埋め込むことができます。また画像を配置を調整するためにサイズを変えて表示させることもできます(下記参照)。

ファイルは、プロジェクト毎にアップロード可能ですが、一群のプロジェクトに対してファイル共有が行なえるよう、ファイル・アップロード専用のプロジェクトを指定することができます。ウィキメディア・プロジェクト群では、ウィキメディア・コモンズ[Xx c 1][Xx c 1]がそれにあたります。ウィキメディア・コモンズにアップロードされたファイルは、全ウィキメディア・プロジェクトで利用できます。一方、それ以外のプロジェクトにアップロードされたファイルは、そのプロジェクト内でしか利用できません。例えばウィキペディア日本語版にアップロードされたファイルは、ウィキペディア日本語版でしか利用できません。したがって、ウィキメディア・プロジェクト内では可能な限り、ウィキメディア・コモンズへのアップロードが推奨されています。

なお、画像は、以下の例のように、ウィキテキストの指定に応じてシステムによって生成されることもあります。

アップロード可能なファイル形式[edit]

既定値では、メディアウィキでは一定のファイル形式(拡張子が gif, jpg, jpeg, ogg 及び png)のファイルしかアップロードできません。これは、includes/DefaultSettings.php 中の以下の命令文で指定されています。 [2]:

/**
 * This is the list of preferred extensions for uploading files. Uploading files
 * with extensions not in this list will trigger a warning.
 */
$wgFileExtensions = array( 'png', 'gif', 'jpg', 'jpeg' );

/** Files with these extensions will never be allowed as uploads. */
$wgFileBlacklist = array(
    # HTML may contain cookie-stealing JavaScript and web bugs
    'html', 'htm', 'js', 'jsb', 'mhtml', 'mht',
    # PHP scripts may execute arbitrary code on the server
    'php', 'phtml', 'php3', 'php4', 'php5', 'phps',
    # Other types that may be interpreted by some servers
    'shtml', 'jhtml', 'pl', 'py', 'cgi',
    # May contain harmful executables for Windows victims
    'exe', 'scr', 'dll', 'msi', 'vbs', 'bat', 'com', 'pif', 'cmd', 'vxd', 'cpl' );

/** Files with these mime types will never be allowed as uploads
 * if $wgVerifyMimeType is enabled.
 */
$wgMimeTypeBlacklist= array(
    # HTML may contain cookie-stealing JavaScript and web bugs
    'text/html', 'text/javascript', 'text/x-javascript',  'application/x-shellscript',
    # PHP scripts may execute arbitrary code on the server
    'application/x-php', 'text/x-php',
    # Other types that may be interpreted by some servers
    'text/x-python', 'text/x-perl', 'text/x-bash', 'text/x-sh', 'text/x-csh',
    # Windows metafile, client-side vulnerability on some systems
    'application/x-msmetafile'
);

/** This is a flag to determine whether or not to check file extensions on upload. */
$wgCheckFileExtensions = true;

/**
 * If this is turned off, users may override the warning for files not covered
 * by $wgFileExtensions.
 */
$wgStrictFileExtensions = true;

/** Warn if uploaded files are larger than this (in bytes), or false to disable*/
$wgUploadSizeWarning = false;

$wgFileExtensions では推奨されるファイル形式を指定しており、これに含まれない拡張子のファイルをアップロードしようとすると警告されます。$wgFileBlacklist および $wgMimeTypeBlacklist では、それぞれ拡張子とmimeタイプによって、受け入れられないファイル形式を指定しています。例えば、安全上の理由から、実行可能なプログラムは認められていません。また、以前はアップロードできていたものの、今はアップロードできない種類のファイルもあります。ただし、既にアップロード済みのファイルは、今でも利用可能です。

以前にアップロード済みの Media:Wikipedia3fnlc1.svg (画像ページ) などの SVG画像は、リンクは可能ですが、埋め込みはできません。m:SVG 画像サポート (m:SVG image support) も参照してください。

動画についてはm:Video policyを参照してください。

アップロード[edit]

ファイルをアップロードするには、通常はウィキメディア・コモンズのサイトにログインし、アップロード・リンク(commons:Special:Upload)を使って、ファイルをアップロードします。アップロード・リンクはページ左側の「ツールボックス」メニュー中にあるはずです。コモンズ以外のプロジェクトにファイルをアップする場合も、方法は基本的に同じですが、必ずそのプロジェクトの方針やガイドラインを確認してください。

アップロードする際は、必ず事前にそのファイルをアップロードする権利、そして再配布する権利をご自身が所有していることを確認し、更に、ウィキメディア・コモンズにおける ライセンス要件及び他の採用基準を満たしていることを確認してください。ウィキメディア・コモンズにアップロードできるのは著作権フリーのコンテンツのみで、一部のウィキメディア・プロジェクトで認められている「フェアユース」コンテンツは対象外です。また、あなたがアップロードしたファイルは、他の利用者が不適切だと考えれば、ウィキページと同様に改変又は削除されることがあり、システムに負荷をかけすぎる利用者はアップロードが禁止されることがあることに留意してください。

推奨されるファイル形式は、写真など色数が多い画像の場合は JPEG 、アイコンのような決まった色を使ったピクセル画像なら PNG、構造的な画像、ロゴなどではSVG、音声では OGG です。

アップロード・ページには、殆どのブラウザの場合、「参照...」("Browse...") というボタンがあります。このボタンをクリックすると、各利用者の利用しているオペレーティング・システムの標準的なファイル・オープン・ダイアログが開きます。アップロードしたいファイルを選択すると、「参照...」ボタンの隣にあるテキスト欄に、そのファイル名が自動的に入力されます。ウィキメディア・プロジェクトで使用するのにふさわしいファイル名を選んで、ファイル名を付け直してください。あなたのコンピューターに保存されているファイルのファイル名と同じ名前である必要はありません。ファイル名をアップロード後に変更することはできませんので、ファイル名の決定は慎重に行なってください。ファイル名はなるべく具体的につけ、正しい拡張子を用いているか特に注意してください。なお、ファイル名は、拡張子も含めて、大文字・小文字が区別されます。ただし、ほとんどのプロジェクトでは、最初の文字だけ例外的に常に大文字になります。

コモンズにアップロードするファイルに対しては、そのファイルを利用する可能性のあるプロジェクトのいずれにおいて未だ用いられていないファイル名を選定することが望ましいです。ローカルに同じ名前のファイルがあった場合、そのプロジェクト上ではコモンズのファイルではなく、ローカルのファイルが使用されてしまうからです。ただし、個々のプロジェクト上にあるファイルと同一ファイルをコモンズにアップロードし、ローカルが削除される予定である場合には、この限りではありません。

アップロードに際しては、また、そのファイルをアップロードすることでいかなる著作権も侵害されない旨を保証するボックスに、チェックを入れる必要があります。最後に「アップロード」ボタンを押せば、アップロード完了です。インターネット接続の回線速度が遅い場合には、アップロードには多少の時間がかかるかもしれません。

既存のファイルと同一のファイル名でファイルをアップロードすると、以前のファイルは新しいもので置き換えられるため、警告が表示されます。なお、ファイルが置き換えられても、そのファイルを埋め込んでいる記事の履歴や、リンク先の更新状況にもファイルの更新情報は表示されません。ただし、ファイルの画像ページの「ファイルの履歴」セクションに記録され、また、アップロード・ログ (アップロード・ログ) にも記録されます。したがって、例えばある記事中の画像の変更を監視するには、記事自体をウォッチリストに登録するだけでは不十分となります。画像ページをウォッチリストに登録すれば、ウォッチリストにファイルの置換も表示されます(MediaWiki 1.13より)。

画像ページの保護は自動的にファイルそのものも保護します。保護されているファイルと同じ名前のファイルは、管理者にのみアップロードが可能です。

コモンズ上のファイルを置換又は削除すると、そのファイルを利用している全てのプロジェクトに影響が及びます。このため、コモンズの画像ページからそのファイルを利用している全てのプロジェクト上の当該ファイルの画像ページにリンクさせておくことが大切になります。これは現在はさまざまな機能拡張で自動的に実現されています。

アップロード方法の詳細は、コモンズのCommons:ファースト・ステップを参照してください。

Special:Imagelistは、アップロード・ログと同一の情報を提供していますが、時刻表示には利用者がオプションで設定している現地時刻を用いています。さらにファイルサイズも表示され、ファイルの一部分の表示や、サイズや日付によるソートも可能です。また、画像ページへのリンクだけでなく、ファイルへの直接リンクもあります。

ファイルの埋め込み[edit]

プロジェクト内部にあるファイルをテキストに埋め込むには、ファイル名を通常の内部リンクのマークアップ ([[ ]])で指定するだけです。したがって、[[image:tst.png]] とすれば Tst.png が得られます。ここで「プロジェクト内部」とは、同一のプロジェクト及び コモンズを指します。指定されたファイルは、それが同一プロジェクトに存在するなら、それを参照し、そうでないなら、コモンズ上の同一名ファイルを参照します。もしもどちらにもなければ、アップロード・ページへのリンクが、「赤リンク」として表示されます。この赤リンクは未執筆の画像ページへのリンクとよく似ています。

ページに埋め込んだ際に自動的に表示されるのは画像ファイルのみです。音声などは、自動的には再生されません。

埋め込まれたファイルからは、画像ページへのリンクが自動的に張られます。画像ページでは、フルサイズの画像、または利用者の設定に応じて、フルサイズ版へのリンクが付いた縮小版が示されます。この画像ページには、画像についての詳細情報も記載されています。

MediaWiki:Bad image list に載っているファイルは埋め込むことができません。これらのファイルを埋め込もうとすると、画像ページへのリンクが生成されます。リスト中の画像を指定したページにのみ表示させるようにも設定できます。例としてw:en:MediaWiki:Bad image listなどを参照してください。

オプション[edit]

内部リンク形式の画像を埋め込むマークアップでは、いくつかのオプションをパイプ記号 ("|") で区切って指定することができます。指定できるオプションをまとめると [[Image:{ファイル名}|{タイプ}|{配置}|{サイズ}|{upright}|{border}|{キャプション}]] のようになります。

タイプ 
'thumb' / 'thumbnail' または 'frame' が指定できます。画像を決まったフォーマットで表示します(下記参照)。
配置 
'right', 'left', 'center' または 'none' が指定できます。ページ中の画像の配置位置を指定します。 'thumb' または 'frame' を用いている時には、 'right' が既定値です。
サイズ 
{幅}px または {幅}x{高さ}px で指定します。画像の縦横比は保持されます。
Upright 
縦長の画像にもちいることができ、幅だけでなく高さも変更できます。
Border 
画像の周囲に枠線を追加します。
キャプション 
上記のいずれかに当てはまらない要素はすべてキャプション用の文字列と認識されます。

タイプ[edit]

タイプ(または配置)のオプションを指定しないで画像を埋め込むと、画像はインラインで埋め込まれ、枠や明示的キャプションも表示されません。

例えば [[image:tst.png|abc]]abc を生成します。キャプションは生成されたHTMLコード中の画像タグの 'title' 要素に代入されます。

画像をページ中にサムネイルとして表示するには、 [[Image: ファイル名.拡張子 |thumb|キャプション]] のようにします。

abc
abc

例えば [[image:tst.png|thumb|abc]] および [[Image:Gelderland-Position.png|thumb|abc]] はそれぞれ右のように生成されます。画像そのもの、そして枠内の「拡大」アイコンが画像ページにリンクしています。

画像の表示サイズも指定することができます。ただし、サムネイルの表示サイズの既定値を利用者オプションで指定する事ができますので、これを尊重するという観点から、一般的には各ページにおいてサムネイルの表示サイズを指定することは推奨されません。また、指定した表示サイズよりももともとの画像が小さい場合、拡大はされません。

abc
abc

例えば [[image:tst.png|thumb|50px|abc]] は拡大されていません。一方、 [[Image:Gelderland-Position.png|thumb|50px|abc]] は 50px 幅で表示されています(右参照)。

abc
abc

"frame" オプションを使えば、画像はオリジナルのサイズのまま表示され、サイズの指定は無視されます。例として、右の [[image:tst.png|frame|abc]] および [[Image:Gelderland-Position.png|thumb|50px|abc]] を参照してください。

テキストが画像の周囲に回り込むのを解除するには、 <br clear="all" /> のHTMLタグを使用します。Template:ClrTemplate:- といったテンプレートがあるプロジェクトでは {{clr}}{{-}} も同じ機能を果たします。

配置[edit]

ページ上の画像の配置は 'right', 'left', 'center' または 'none' で指定することができます。配置を指定すると、画像を水平に並べることはできなくなります(表に組み込むなどしない限り)。

例えば、 [[image:tst.png|left]] は画像をテキストの左に配置します。画像挿入のマークアップに続くテキストは画像の右側に回り込みます。1つ目の画像の直後に2つ目の画像挿入のマークアップが続く場合は、2つ目の画像は1つ目の画像の直下に配置されます。

[[image:tst.png|left]][[image:tst.png|left]]
''Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh
[[image:tst.png|left]]
euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat.'' 
Tst.png
Tst.png

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh

Tst.png

euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat.

上のソースを次と較べてみてください。

[[image:tst.png]][[image:tst.png]]
''Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh
[[image:tst.png]]
euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat.'' 

Tst.pngTst.png Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh Tst.png euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat.

[[image:tst.png|thumb|left]][[image:tst.png|frame|left]] のように、サムネイルやフレームとも併用できます。

Tst.png

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat.

Tst.png

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat.

引数を"right" にすれば、画像は右に配置されます。

[[image:tst.png|right]]
''zzril delenit augue duis dolore te feugait nulla facilisi. Lorem ipsum dolor sit amet,
consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet 
dolore magna aliquam erat volutpat.''
Tst.png

zzril delenit augue duis dolore te feugait nulla facilisi. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat.

サムネイルなどのタイプの指定と併用した場合、配置を指定しないのと同じ結果になります。

[[image:tst.png|thumb|right]]
''zzril delenit augue duis dolore te feugait nulla facilisi. Lorem ipsum dolor sit amet,
consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet 
dolore magna aliquam erat volutpat.''
Tst.png

zzril delenit augue duis dolore te feugait nulla facilisi. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat.

左と右を組み合わせることもできます。

[[image:tst.png|left]][[image:tst.png|right]]
''zzril delenit augue duis dolore te feugait nulla facilisi. Lorem ipsum dolor sit amet,
consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet 
dolore magna aliquam erat volutpat.''
Tst.png
Tst.png

zzril delenit augue duis dolore te feugait nulla facilisi. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat.

[[image:tst.png|thumb||left]][[image:tst.png|thumb]]
''zzril delenit augue duis dolore te feugait nulla facilisi. Lorem ipsum dolor sit amet,
consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet 
dolore magna aliquam erat volutpat.''
Tst.png
Tst.png

zzril delenit augue duis dolore te feugait nulla facilisi. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat.

[[image:tst.png|none]] のようにすると、画像は左に配置され、テキストは回り込みをせず、画像の下に配置されます。

[[image:tst.png|none]]
''Duis autem vel eum iriure dolor in hendrerit in vulputate velit esse molestie consequat,
vel illum dolore eu feugiat nulla facilisis at vero eros et accumsan et iusto odio dignissim
qui blandit praesent lupta''
Tst.png

Duis autem vel eum iriure dolor in hendrerit in vulputate velit esse molestie consequat, vel illum dolore eu feugiat nulla facilisis at vero eros et accumsan et iusto odio dignissim qui blandit praesent lupta

サイズ[edit]

画像の表示サイズはpxで指示することで縮小・拡大できます。幅のみ、または幅と高さの指定をすることができますが、後者の場合も画像の本来の縦横比は維持されます(幅と高さのうち、限界値に早く到達したほうにあわせて縮小拡大されます)。

したがって、 [[image:tst.png|40px|abc]]abc に、 [[image:tst.png|70x60px|abc]]abc になります。

他の例

text [[image:Quill and ink.png]] text [[image:Quill and ink.png|5px|]]
text [[image:Quill and ink.png|100px|demo]]  text

text Quill and ink.png text Quill and ink.png text demo text

キャプション[edit]

キャプションを加えることは、アクセシビリティの観点から強く推奨されています。インライン挿入されている画像は、明示的なキャプションは表示されませんが、"title"属性としてキャプションが指定され、ポップアップボックスなどを通じて提示されます。

なお、ファイル挿入のマークアップの閉じ括弧の直前にパイプ記号 ("|") を置かないように注意してください。パイプ付きリンクの機能のために、閉じ括弧の直前にパイプ記号があると、指定してあるキャプションは無視され、ファイル名がキャプションとして使用されてしまいます。

[[image:tst.png|abc]]
[[image:tst.png|abc|]]
[[image:tst.png|40px|abc]]
[[image:tst.png|40px|abc|]]
[[image:tst.png|abc|40px]]
[[image:tst.png|abc|40px|]]

abc Tst.png abc Tst.png abc Tst.png

中東。より詳細な pdf版も入手可能 [1]

キャプションにはリンクなどのマークアップを用いることができます。右例を参照してください。

ギャラリー[edit]

ギャラリー・タグはサムネイル画像を並べて表示できる手軽な方法です。全ての画像は同一の幅で表示されます。セルに画像の代わりにテキストを入れることもできます。ギャラリー・タグを使うと、class="gallery" を指定した表がHTMLソース中に生成されます(書くセルのクラスは class="gallerybox")。

各エントリの書き方は画像:画像名又は画像:画像名|リンクも付加可能なキャプションとなります。

"gallery caption" のパラメーターでギャラリーのタイトルを指定できます。各行のセル数は "perrow"で指定できます。既定値は4です。また各セルに配置する画像の幅及び高さも指定できます("widths" と "heights")。キャプション部分はキャプションの長さに応じて高さが自動的に調整されます。各行の高さは行中の最大高さを持つ画像およびキャプションの高さに合せたものとなります。

<gallery caption="サンプル・ギャラリー" widths="100px" heights="100px" perrow="6">
Image:Drenthe-Position.png|[[w:ja:ドレンテ州|ドレンテ州]]は一番人口密度の低い地域
Image:Flevoland-Position.png
Image:Friesland-Position.png|[[w:ja:フリースラント州|フリースラント州]]には湖が多い
Image:Gelderland-Position.png
Image:Groningen-Position.png
Image:Limburg-Position.png
Image:Noord_Brabant-Position.png 
Image:Noord_Holland-Position.png
Image:Overijssel-Position.png
Image:Zuid_Holland-Position.png|[[w:ja:南ホラント州|南ホラント州]]は人口密度のもっとも高い地域
湖
Image:Zeeland-Position.png
</gallery>

カテゴリページにおけるギャラリー[edit]

カテゴリでは、カテゴリ・ページの4番目のセクションとして、ファイルが自動的にギャラリー表示されます。ファイル名の最初の20文字分(1バイト文字換算)が示され、表示しきれない場合には省略符号が末尾につきます。またファイル本体だけでなく、ファイル名部分も画像ページにリンクしています。代替テキストや、他のリンクをつけることはできません。ファイルサイズも示されます。

カテゴリページのギャラリーと通常ページのギャラリーの比較例としては、 commons:Category:William-Adolphe Bouguereaucommons:William-Adolphe Bouguereauを参照してください。

表中の画像表示[edit]

表のマークアップを使い、各セルに画像を埋め込むことで、サイズやレイアウト、キャプションなどをより細かく設定したギャラリーを作ることができます。

画像表の例:

{|border="1"
|+'''オランダの州'''
|-
| valign="top"|
[[Image:Drenthe-Position.png|thumb|left|150px|[[w:ja:ドレンテ州|ドレンテ州]]:人口密度最小の州]]
| valign="top"|
[[Image:Flevoland-Position.png|thumb|left|100px|]]
| valign="top"|
[[Image:Friesland-Position.png|thumb|left|100px|]]
|-
|
|-
| valign="top"|
[[Image:Gelderland-Position.png|thumb|left|100px|]]
| valign="top"|
[[Image:Zuid_Holland-Position.png|thumb|left|100px|[[w:ja:南ホラント州|南ホラント州]]:人口密度最大の州]]
| valign="top"|
[[Image:Utrecht-Position.png|thumb|left|50px|]]
|}

からは、次が得られる。

オランダの州
ドレンテ州:人口密度最小の州
Flevoland-Position.png
Friesland-Position.png
Gelderland-Position.png
南ホラント州:人口密度最大の州
Utrecht-Position.png

この方法では、各画像の幅はサイズオプションで指定されており、高さはキャプションの有無及びその長さによって決定しています。セルの幅は画像の幅に依存しており、行の高さは最大高の画像に依存しています。

Template:Gallery は表のマークアップを使ったギャラリー作成を支援するテンプレートです。

リンク[edit]

アップロードされたファイルに直接リンクするには、Media名前空間を使用します。例えば、 Flag of Somalia.svg にリンクするのなら、[[画像:Flag of Somalia.svg]]ではなく、[[Media:Flag of Somalia.svg]]のようにします(結果はMedia:Flag of Somalia.svgとなります)。画像ページにリンクするには、名前空間名のまえに半角コロン (:) を付加し、[[:画像:Flag of Somalia.svg]]のようにします。結果は画像:Flag of Somalia.svgとなります(冒頭のコロンは表示されません)。

パイプ付きリンクも通常通り使用できます。ページの存在検知も、他のページと同様機能しますが、実際にはファイルの有無ではなく、画像ページの有無を検知しています。

ウィキ間リンク形式のリンクは、画像ページへのリンクを提供します。また、言語間リンクが可能な場合には、通常ページと同様に機能します。文中に同一プロジェクト他言語版の画像ページへのリンクが必要な場合には、言語プレフィクスの前に半角コロンを挿入します(例:[[:de:Bild:Europa-Pos.png]])。プロジェクト外のサイトにあるファイルそのものへのリンクには、外部リンク形式を使用してください。

外部リンクも通常ページと同様に機能します。ただし、外部ファイルの埋め込みを許可しているプロジェクトにおいては、画像へのリンクをおきたければ、埋め込みを回避するために、大括弧1つで囲むマークアップを使用してください。

以下はこのプロジェクトにおける、3タイプの内部リンクと、外部リンクのマークアップの結果を確認するためのデモです。リンクによって画像ページにリンクしている場合と、ファイルそのものにリンクしていることに注意してください。

クリッカブル・マップ[edit]

[4] のようなナビゲーション用の地図では、地図上の領域にウェブページをリンクさせています。ウィキテキストでは<area> のHTMLタグは使えませんが、下のようないくつかの方法で類似の結果を得ることができます。

  • ImageMap (MW 1.9+) を使えば、画像中の領域を指定してウィキページへリンクさせることができます。
  • EasyTimeline(簡易経時グラフ)を使うと、画像とその画像を埋め込んだページが生成されますが、その際に<area>で定義される矩形の地図領域を含みます。外部ページへのリンクのリンクラベルにはドメイン名のみしか使えません。また、矩形のサイズは調整できず、リンクラベルの長さとフォントサイズに依存します。地図領域が重なってしまった場合、ステータスバーやポップアップを利用しないとリンク先がわかりません。あまりに重複が激しいと、リンクの一部がクリックできなくなる可能性があります。
  • 画像をあらかじめ矩形に分割、または画像を合成し、リダイレクトを利用して各矩形部分の画像ページから目的のページへリンクさせる。

関連項目

ImageMapを使った例[edit]

<imagemap>
Image:Sudoku dot notation.png|300px
circle  320  315 165 [[w:1|1]]
circle  750  315 160 [[w:2|2]]
circle 1175  315 160 [[w:3|3]]
circle  320  750 160 [[w:4|4]]
circle  750  750 160 [[w:5|5]]
circle 1175  750 160 [[w:6|6]]
circle  320 1175 160 [[w:7|7]]
circle  750 1175 160 [[w:8|8]]
circle 1175 1175 160 [[w:9|9]]
default [[w:Number|Number]]
</imagemap>
Sudoku dot notation.png 1 2 3 4 5 6 7 8 9
About this image

関連項目

EasyTimelineを使った例[edit]

例1

<timeline>
ImageSize  = width:400 height:150
PlotArea   = width:400 height:150 left:0 bottom:0
TimeAxis  = orientation:vertical # dummy, required
Period    = from:0 till:1 # dummy, required
Define $s = fontsize:XL
TextData  =
  pos:(50,120) $s text:[http://en.wikipedia.org/wiki/Leiden|o Leiden]
  pos:(150,110) $s text:[http://en.wikipedia.org/wiki/Alphen%20aan%20den%20Rijn|o Alphen aan den Rijn]
  pos:(10,80) $s text:[http://en.wikipedia.org/wiki/The%20Hague|o The Hague]
  pos:(50,40) $s text:[http://en.wikipedia.org/wiki/Rotterdam|o Rotterdam]
</timeline>

例2

<timeline>
Preset     = TimeHorizontal_AutoPlaceBars_UnitYear
ImageSize = width:500 barincrement:50
Period     = from:0 till:12
BarData=
  bar:a
  bar:b
  bar:c
Define $s = fontsize:XL
BackgroundColors = canvas:white
PlotData=
  width:20
  shift:(45,-5)
  bar:a from:3 till:4 $s text:[http://en.wikipedia.org/wiki/Leiden|Leiden]
  bar:a  from:6 till:7 $s text:[http://en.wikipedia.org/wiki/Alphen%20aan%20den%20Rijn|Alphen aan den Rijn]
  bar:b  from:1 till:2 $s text:[http://en.wikipedia.org/wiki/The%20Hague|The Hague]
  bar:c  from:3 till:4 $s text:[http://en.wikipedia.org/wiki/Rotterdam|Rotterdam]
</timeline>

代替例[edit]

以下に試みられているのは代替例です(ポップアップボックスに注意)。

o
o
o

都市の輪郭が示されておりクリック可能なラベルが付いたアスキーアートによる地図。

    x
   xxx Leiden
    x
 xx
xxxx The Hague
xxx
        xx
       xxxxx Rotterdam
        xxxx

外部画像埋め込み可能な場合には:

http://meta.wikimedia.org/upload/2/27/Tst.png
http://meta.wikimedia.org/upload/2/27/Tst.png
http://meta.wikimedia.org/upload/2/27/Tst.png


html タイトルは、"w: Leiden" 等であり、alt 属性は、"Tst.png" です。Opera では、タイトル及び URL ともがホバーボックスに示されますが、Internet Explorer では、タイトルのみが示されます。

ラベルが付いている場合:

http://meta.wikimedia.org/upload/2/27/Tst.png Leiden
http://meta.wikimedia.org/upload/2/27/Tst.png The Hague
http://meta.wikimedia.org/upload/2/27/Tst.png Rotterdam


m:地図の作成, m:Maps' clickabilityも参照されたい。

画像を他のページへのリンクのボタンとして利用したい場合は、Help:Navigational imageを参照してください。

ファイルへのリンクに適切なアイコンを表示させるテンプレート[edit]

ファイルへのリンクに関連アイコンを付加するためのテンプレートがUser:CharlesC/Template for document links showing file iconsにあります。これは外部ファイルの埋め込みが可能なプロジェクト用です。

関連項目[edit]


Links to other help pages[edit]

Help contents
Meta · Wikinews · Wikipedia · Wikiquote · Wiktionary · Commons: · Wikidata · MediaWiki · Wikibooks · Wikisource · MediaWiki: Manual · Google
Versions of this help page (for other languages see further)
What links here on Meta or from Meta · Wikipedia · MediaWiki
Reading
Go · Search · Stop words · Namespace · Page name · Section · Backlinks · Redirect · Category · Image page · Special pages · Printable version
Tracking changes
Recent changes (enhanced) | Related changes · Watching pages · Diff · Page history · Edit summary · User contributions · Minor edit · Patrolled edit
Logging in and preferences
Logging in · Preferences · User style
Editing
Starting a new page · Advanced editing · Editing FAQ · Edit toolbar · Export · Import · Shortcuts · Edit conflict · Page size
Referencing
Links · URL · Piped links · Interwiki linking · Footnotes
Style and formatting
Wikitext examples · CSS · Reference card · HTML in wikitext · Formula · List · Table · Sorting · Colors · Images and file uploads
Fixing mistakes
Show preview · Testing · Reverting edits
Advanced functioning
Expansion · Template · Advanced templates · Parser function · Parameter default · Variable · System message · Substitution · Array · Calculation · Embed page
Others
Special characters · Renaming (moving) a page · Preparing a page for translation · Talk page · Signatures · Sandbox · Legal issues for editors
言語: English · dansk · Deutsch · français · italiano · 日本語 · polski · português do Brasil · русский · shqip · Tiếng Việt · 中文(台灣)‎


Cite error: <ref> tags exist for a group named "Xx c", but no corresponding <references group="Xx c"/> tag was found, or a closing </ref> is missing