Help:Link/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to: navigation, search
MediaWiki ハンドブック: 目次読者編集者中間管理者システム管理者 +/-

ja:ハイパーリンクを使うと、ページからページへ移動できます。ハイパーリンクを使う基本的な方法についてはHelp:Editing/ja#リンクをご覧ください。メディアウィキには、3種類のハイパーリンク方式があり、それぞれ別々のCSSの定義が割り当てられています。

ウィキリンク[edit]

ウィキリンクwiki内の他のページへの内部リンクのことです。このリンクにはHTMLを使うことも場合によってはありますが、多くのウィキではずっと簡単にウィキリンクが作れるように、専用のマークアップを用意しています。このようなマークアップ言語をウィキテキスト言語ウィキマークアップと呼んでいます。 Metaとその他全てのウィキメディアプロジェクトで使われているウィキテキスト言語のシンタックス(文法)は、MediaWikiソフトウェアで定義されています。

シンタックス[edit]

MediaWikiでは二重大括弧「[[ ]]」の内側にある文字列をウィキリンクと定義します。リンク先は、最初の二重大括弧の直後から、パイプ (|) もしくは閉じ括弧 (]]) までの文字列です(左から右に読みます)。

基本的なウィキリンク文法
コード  結果    リンク先     説明  
[[a]]  a    a     最も簡単なウィキリンク  
[[a b]]  a b    a b     複数の単語  
[[a b|c d]]  c d    a b     リンク先は'a b'だが表示されるリンク名は'c d' *  
[[a b]]c  a bc    a b     リンク名が、リンク先の直後の文字列まで含めた長い単語に拡張される(ラテン文字の場合)  
<nowiki>[[a]]</nowiki>  [[a]]    ×     入力した通りのテキストがリンクなしで表示される  
入力: [[a (b)|]],
生成時に置換: [[a (b)|a]]
 a    a (b)     閉じ括弧の直前にパイプ '|' を挿入すると、生成時に半角括弧部分を除いた文字列をリンク名として表示する *  
入力: [[a, b|]],
生成時に置換: [[a, b|a]]
 a    a, b     閉じ括弧の直前にパイプ '|' を挿入すると、生成時にコンマ以降を除いた文字列をリンク名として表示する *  
入力: [[w:a|]],
生成時に置換: [[w:a|a]]
 a    w:a     閉じ括弧の直前にパイプ '|' を挿入すると、生成時に最初のコロンより前のプリフィクスを除いた文字列をリンク名として表示する * **  
入力: [[w:a (b)|]],
生成時に置換: [[w:a (b)|a]]
 a    w:a (b)     閉じ括弧の直前にパイプ '|' を挿入すると、生成時に最初のコロンより前のプリフィクスと、半角括弧部分を除いた文字列をリンク名として表示する *  
ウィキリンクの裏技と実例
[[a|b|c]]  b|c    a     2番目のパイプは通常のテキストとして取り扱われる *  
[[a|b]]c  bc    a     リンク先は'a'だが、リンク名には直後の'c'が取り込まれる *  
a[[b]]  ab    b     リンクの直前にある'a'は取り込まれない  
[[a]]<nowiki>b</nowiki>  a   a     リンクの直後にある'b'は取り込まれない  
[[a]]''b''  ab    a     二重のアポストロフィー''で'b'を括ってイタリック体にすると、リンクテキストに含まれない  
''[[a]]''b  a   a     三重のアポストロフィ'''で'b'を括ってボールド体にすると、リンクテキストに含まれない  
[[a|b]]c<nowiki>d</nowiki>  bc   a     [[a|bc]]<nowiki>d</nowiki>と同じ結果になる *  
[[a]][[b]]  ab    a , b     隣り合うリンクは、カーソルを上に乗せない限り、abと同じように見える。  

* パラメータでリンク名を指定するリンク、パイプ記号を使うため「パイプ付きリンク」(piped link) と呼ばれます(ヘルプ:パイプ付きリンク参照)。

** プレフィクスがインターウィキリンクでも名前空間でも、単にコロンの前にあるテキストであっても動作します。

MediaWikiはウィキリンクのリンク先が存在するか、自動的にチェックします(「存在検出」)。ページが存在しない場合は、リンク先はそのページの編集画面になり、また "new" というCSSクラスが割り当てられます。このようなウィキリンクは、初期設定の外装では赤くなっているので、「赤リンク」と呼ばれています。赤リンクは、そのページの存在の有無の判断の助けになり、作成される予定のページへリンクすることを可能にし、ページ作成を簡単にし、かつそのきっかけを与えるのに役立ちます。

なお、画像、カテゴリと言語間リンクのシンタックスはウィキリンクのシンタックスと同じです。通常のやり方でリンクしようとすると、それぞれページ上に画像を表示、ページをカテゴリに追加、または言語間リンクをページの余白部分に追加します。これを回避するためには、頭にコロン (:) を付加し、それぞれの特定の構文を停止します。例えば、[[:Category:Help]][[:fr:Help:Link]][[:Image:Mediawiki.png]]のようにします。

なお、コモンズにある画像のプロジェクト内に自動的に生成される画像ページにリンクする場合、そのページがプロジェクト内で未作成の場合、ページ上ではImage:Cow-on pole, with horns.jpegのようにリンク先が存在していることになりますが、要約欄やログでは未作成ページとして認識されます。

内部リンクは、リンク先が作成済みでも未作成でも、pagelinks tableに存在が記録されます。

スタブ機能[edit]

ページが標準名前空間にあり、リダイレクトではなく、かつ、ウィキテキストのバイト数がオプションで設定されている「スタブ閾値」よりも小さい場合、存在するページへのウィキリンクは、"stub" クラスに入れられます。

この機能により、加筆すべき必要がおそらくあるとても短いページへのリンクを直ちに識別することができるようになります。また、閾値を非常に大きい値に設定することで、次のように使用することもできます。

  • とても大きくて重すぎるページを見付ける。ただし、判定基準はウィキテキストのサイズなので、たとえテキストの量が小さくても、テンプレートや画像の呼び出しが原因で重くなっているページもあります。
  • リンク先が標準名前空間のページかを見分ける。ただし、リダイレクトとは区別がつきません。
  • リダイレクトを回避するような雑草取りの作業時に、リダイレクトを見付ける。

ただし、「スタブ」クラスに入れられたページへは、セクションへのリンクが動作しません。通常はこれは大きな問題ではありませんが、スタブ閾値を大きくしている場合は、問題になるかもしれません。

ウィキ間リンク[edit]

ウィキ間リンク(インターウィキリンク) は、別のウェブサイト上のページへリンクします。「ウィキ間」という名前から想像されるのとは違って、リンク先はウィキサイトである必要はないのですが、リンク元のウィキサイトにおいて、インターウィキ・マップに掲載されているサイトでなければなりません。ウィキ間リンクには、"exitw" というCSSのクラスが割り当てられています。ウィキ間リンクは、ウィキリンクと同じ形式を持っていますが、リンク先にプリフィクス(接頭子)をつけることで、リンク先のサイトを指定します。例えば、ウィキメディアプロジェクト内および他の多くのウィキでは [[wikipedia:Main Page]] と書くことで、ウィキペディアのメインページにリンクすることが出来ます。プリフィクスは、ウィキリンクと同じパイプ付きリンクのシンタックスで隠すことが出来ます。

プロジェクト内のウィキ間リンク[edit]

ウィキ間リンクを使ってプロジェクト内のページにリンクすることはできますが、おすすめはできません。メディアウィキソフトは、ウィキ間リンクのリンク先のページの有無を検出しませんので、未作成のページへのリンクを区別する特別の体裁もありませんし、リンク先が未作成のページであっても、編集ページではなく閲覧用ページにとびます。更に、自己リンクであるかを識別することもしません。ウィキリンクであれば{[Help:Self link|自己リンク]]はHelp:Link/jaのようにボールド体になりますが、ウィキ間リンクを使った自己リンクはm:Help:Link/jaのように、他のリンクと代りません。

利点:

  • プロジェクト内でウィキ間リンクを使っている場合、姉妹プロジェクトへウィキテキストをコピーしても、リンク切れを少なくすることができます。ただし、このためには2種類のプリフィクスが必要です(例: w:de:a)。

外部リンク[edit]

外部リンクは、URLの絶対指定で任意のウェブページへ直接リンクします。CSSでは、クラス "external" が割り当てられています。外部リンクは[http://www.example.org リンク名]という形式で記述します(生成結果はリンク名)。空白がURLとリンク名を分離しています。リンク名がない場合は、ページ内で順番に番号付けされます。例えば[http://www.example.org][1]となります。大括弧無しのリンクは、URLがそのまま表示されます。例えば http://www.example.org のようにです。この時、URLの最後に空白を入れるのを忘れないでください。

内部リンクの場合と違い、[http://www.example.org a]s のように、閉じ括弧直後の文字はリンク名に含まれません。as となります。

詳細は外部リンクのURLを参照してください。

同じプロジェクトへの外部リンク[edit]

外部リンクはリンク中に特別なURLパラメータを使うためにしばしば使われます。外部リンク形式を使うことで、ページの履歴へのリンク、ページのプレビュー画面へのリンク、特定の2版間の差分表示へのリンクなどが可能になります。また、navigational imageを作成するためにも使われます。

一般的に、同じプロジェクト内の普通のページには内部リンク形式を使います。内部リンクの利点は、リンク先の存在の検出です。また、一部が内部リンク形式で、一部が外部リンク形式を用いていると、バックリンクを捜すためには「リンク元」と「外部リンクの検索 (Linksearch) を両方使わなければならなくなります。セクションやアンカーからのバックリンクの検出のためには、内部リンクに加えて、CSSのスタイルで "display=none"を指定した外部リンクも付け加えることができます(下記参照)。

プロジェクト間で共有する文書では、 "fullurl" のマジックワードを使うと便利です。

矢印アイコン[edit]

MonoBookスキンでは、全ての外部リンクの後に矢印アイコンが生成されます。これは、 class="plainlinks" で止めることができます。

  • http://a は http://a を返します。
  • <span class="plainlinks">http://a</span> は http://a を返します。

MediaWiki:Common.cssなどで指定をすれば、PDFファイルへのリンクに固有のアイコンIcons-mini-file acrobat.gifをつけることができます。現在の設定ではhttp://a.pdf は http://a.pdf を返します。

番号をとばす[edit]

何らかの理由で外部リンクに自動的に付けられる番号を途中でとばすには、CSSの "display:none" スタイルを使う裏技があります。例えば [http://meta.wikimedia.org]<span style="display:none">[http://a]</span>[http://meta.wikimedia.org]とすると [2][3][4]となります。

なお、条件文の偽の値の指定や、 Template:X0 のようなテンプレートは機能しないので注意してください。これは、外部リンクのカウントがテンプレートや条件文の展開の後に行われるからです。

外部リンクの検索[edit]

ウィキメディアプロジェクトにインストールされている Special:Linksearch の機能では、指定したURLを含む全ページを検索できます。この機能では、externallinks table を使い、指定した文字列をURLに含むプロジェクト内のページを、リンク先ごとにまとめて一覧で出力します。また検索対象の名前空間を指定することもできます。* をワイルドカードとして、トップレベルドメイン単位で検索したり(例えば[5])、セカンドレベルドメイン単位で検索することもできます。ドメイン名を完全に指定する場合、URLの残りの部分を追加で指定することもできます(この場合、自動的に前文一致検索になります)。例えば[6]のようにします。

注意

  • "http://"は加えないでください。
  • URLの中にコロン (:) が含まれていると、検索が働かないことがあります。
  • メディアウィキのページ名は、URL中にスペースの代りにアンダースコアを使用しています。外部リンクの検索で指定するときにも、アンダースコアを使用する必要があります。
  • 大文字・小文字の区別や、アンダースコアの数、"index.php"の有無など、表記の異なる複数のURLが同じリンク先へリンクしていても、外部リンクの検索ではこれらを区別し、表記の仕方の違うURLは検出されません。したがって、外部リンクを作るときには、「外部リンクの検索」機能を最大限利用するためにも、URLの正式名を使用してください。特に、リンクをクリックしたときに、リンク先でアドレスバーに表示されているリンクが異なる場合には、リンク中のURLを修正してください。
  • リストはURLのアルファベット順です。アンダースコアは空白と違い、Zとaの間に来ることに注意してください。

このバックリンク機能の点からは、外部リンク形式はウィキ間リンク形式よりも便利です。「外部リンクの検索」ではアンカーやその冒頭部分を指定することもできます(下記参照)。したがって、「外部リンクの検索」ではセクションやアンカーへの逆リンクも検出できます。この点からは、外部リンクは内部リンクよりさえも優れています。内部リンクと外部リンクの利点を両方合わせるために、両方のリンクを書き込み、<span style="display:none">http://...</span> を使って外部リンクを表示させないようにすることができます。

アンカー[edit]

[[#アンカー名]]の形式のリンクは、ページ上の「アンカー名」と名付けられたアンカーにリンクします。セクションの見出しは、自動的にアンカーになりますが、見出し以外の任意の位置にアンカーをおくこともできます。任意のアンカーは、HTMLコード<span id="アンカー名"></span>を使って作成できます。ただし[[#top]]は、 ページ冒頭のアンカー名としてすでに使われています。

同じ見出しを持った複数のセクションがある場合、生成されたHTML文書においては、2つめのセクション以降には自動的に "_2" や "_3" などを追加したアンカー名が設定されます。各セクションに明示的にアンカーが指定されている場合はこのようなことはおきません。Help:Section/ja#セクションへのリンクも参照してください。

アンカーリンクは、すべての形式のリンクにおいて、ページ名に付加することができます。例: Help:Editing/ja#リンクm:Help:Editing/ja#リンクhttp://meta.wikimedia.org/wiki/Help:Editing/ja#リンク。

上述の通り、外部リンク形式を使った場合、外部リンクの検索が使えます。例えば、[7] には、[8]が使えます。


外部リンクの検索では前文一致検索をするので、複数桁にわたる番号を使ったアンカー名を使う場合には、冒頭に0を入れると便利です。頭の0を使わない場合、「1」へのリンクを捜すときに、「10」などもヒットしてしまうからです。この方式は例えば w:Portal:Current events/DateHeader2 で使われています。また、例えば "a" と "ab" のアンカーがあるとすると、 "a" へのリンクを検索すると、 "ab" へのリンクもヒットしますので、これを避けるために "_a" と設定することができます。

また、アンカーに複数の要素が含まれるときには、もっとも重要な要素を前に持ってくるのが便利でしょう。例えば、年月や日付を示すアンカーをおくときには、 YYYY-MM や YYYY-MM-DD、あるいはある年についてのページなら、 MM-DD とし、上の桁には0を補うことができます(参照: [9]), [10])。これはページ名でも同じことが言えますが、ページ名はアンカーと違って表面に大きく現れますので、バックリンク検索の便以外にもさまざまな要素に支配されるでしょう。もしセクションの見出しと異なるアンカーを設定したいときには、明示的にアンカーをおいてください。

サブページ機能[edit]

MediaWikiにはサブページ機能がありますが、使用可能かどうかは、プロジェクトまたは名前空間によります。もし使用可能であれば、以下の説明が適用されます(使用不可能であれば、"A/b" というページは単にそういう名前のページになります)。

スラッシュを使うことで、複数ページの間にツリー構造を作ることができます。ページA/b はページA の子ページになり、逆にページA はページA/b の親ページになります。さらに、ページA/b/c はページA/b の子ページであり、A/a、A/b、A/c は兄弟ページとなります。

サブページには、上の世代へのリンクが、一番上の親まで自動的にページ冒頭に表示されます。親ページがたとえ存在していなくても表示されますが、続けて上の世代のページがないと、リンクの表示が停止します(祖父ページがなければ、親ページも表示されない)。サブページ名の最初の文字は、大文字と小文字が区別されます (case-sensitive)。"/subpage" と "/Subpage" は別のページになります。

リンク元リンク先の更新状況ではこれらの自動リンクは無視されます。

サブページ機能が有効な名前空間では、スラッシュはかならずサブページを作りますので、ページ名にスラッシュを含めると意図しないサブページを作ることになります。

変数[edit]

サブページ機能が有効な名前空間Aに、A:B/c/dというページがあったとすると、{{BASEPAGENAME}} は B/c を {{SUBPAGENAME}} は d を返します。

相対リンク[edit]

サブページの階層内では、次の相対リンクを使うことができます。

  • [[../]]は現在のサブページの親にリンクする。すなわち、A/b では A にリンクし、A/b/c では A/b にリンクする。
  • [[../../]]は現在のサブページの祖父ページにリンクする。すなわち、A/b/c では Aにリンクする。
  • [[../s]]は現在のページの兄弟にリンクする。すなわち、A/bではA/sにリンクする。
  • [[../../s]]は現在のページの「おじ」ページにリンクする。すなわち、A/b/cではA/sにリンクする。
  • [[/s]] はサブページにリンクする。すなわち、A では [[A/s]]と同じ。 このため、サブページ機能が有効な名前空間から、標準名前空間にあるスラッシュからはじまるページ名のページにリンクするときには、冒頭にコロン (:) を追加する必要があります。

相対リンクを使って上の世代のページのアンカーにリンクすることはできません。やろうとすると、アンカー名をページ名とするページにリンクされます。

相対リンクは内部リンクにのみ使えます。テンプレート呼び出しや、{{fullurl:}}では正しく使えません。

ページを移動する際には、子ページもみなあわせて同じルートの下に移動すれば、相対リンクはそのまま機能します。

ja:Wikipedia:サブページm:Link/a/bm:Help:Link/a/bという例ページを参照のこと。

サブページの有効化[edit]

ウィキペディアでは全ての会話用名前空間と、利用者名前空間、プロジェクト名前空間中でこの機能を有効にしています。メタウィキメディアでは、標準名前空間でも有効にしています。この設定はDefaultSettings.php[11]で設定されています。バージョン1.21以降、以下の名前空間は既定値によってサブページが有効になっています。Special, Main talk, User and User_talk, Meta_talk, Image_talk。プロジェクトごとの設定は、LocalSettings.php[12]で設定されています。

mw:Manual:$wgNamespacesWithSubpageshttp://www.mediawiki.org/wiki/Manual:$wgNamespacesWithSubpagesを参照のこと。

利用者空間[edit]

利用者ページのサブページ([[ユーザ:ユーザ名/サブページ]])はその利用者の"利用者空間"内と考えられています。利用者自身のサブページ内ではプロジェクトのルールはしばしば緩和されますが、逆に他の利用者のサブページを編集することについては、ルールが厳しく適用されることもあります。

文字の変換[edit]

ヘルプ:ページ名の規則に従って、ウィキリンクおよびウィキ間リンクでは、特殊文字の文字参照などに対しては自動的に変換が行なわれます。例えば、[[Help:Page%20name]]は自動的に Help:Page name になります。しかし、外部リンクでは逆のことが起きます。つまり、文字が実体参照値に変換されるのです例えば、ほとんどのブラウザでは、".../wiki/!" は ".../wiki/%21" に変換されます。

リダイレクトに%70のようなコードがあると、リダイレクトが機能しません。ただし、リダイレクトページからのリンク自体は機能します。したがって、一旦リダイレクトページに行った後、そこに示されているリンクをクリックしてリダイレクト先に行くことになります。

その他[edit]

リンクの追加の効果[edit]

  • リンク先の更新状況
  • リンク元(バックリンク)
  • 日付の整形
  • パイプ付きリンクのパイプの後に空白を使うと([[メインページ| ]])は、リンクを表示せず空白だけを表示しますが(おそらくブラウザに依存)、「リンク先の更新状況」や「リンク元」には表示されます。

リンクのポップアップボックス[edit]

一部のブラウザでは、リンク上にカーソルをおいたままにすると、リンクのHTMLタイトル属性のテキストを含むポップアップボックス (hover box) が表示されます。MediaWikiでは、ウィキリンクならば、リンク先のページ名(セクションは表示されません)、ウィキ間リンクならプリフィックス付きのページ名、外部リンクならURLを表示するように設定されています。

これはオプションで無効化することができます。機能を停止しても、ブラウザのステータスバーに同様な情報がリンク先のURLとして表示されます。

この機能の効果を踏まえると、パイプ付きリンクはたとえリンク先に行かなくても便利に使うことができます。例えば、別名をポップアップボックスに表示させることができます(例: NPOV)。リンクさせずにポップアップボックスだけを利用することも可能です。{{H:title}}を参照してください。

ページからのリンク[edit]

{{SERVER}}{{SCRIPTPATH}}/query.php?what=links&titles=''pagename''という query を使って、名前空間ごとにUnicode順に整列された、特定のページからのリンクを表示することができます。例: //meta.wikimedia.org/w/query.php?what=links&titles=Help:Link/ja

画像からページへのリンク[edit]

画像を他のページへのリンクとして使うことができます。詳しくはuse an image as a link to a pageを参照のこと。

関連項目[edit]


メディアウィキ・ユーザーズガイド - ヘルプ・ページ全部

一般的な利用法: 表示 | 検索 | 検索に使用できない単語 | URL | 名前空間 | ページ名 | セクション | リンク | リンク元 | パイプ付きリンク | 言語間リンク | リダイレクト | 変数 | カテゴリ | 画像ページ | 特別ページ
ログイン及びユーザー設定: ログイン | オプション | 外装の詳細設定
起稿・編集: ページの編集 | 新規ページの作成 | 画像/ファイル | 特殊文字 | 数式の書き方 | 表の作り方 | EasyTimeline | テンプレート | リダイレクト | ページの移動 | Editing shortcuts | Talk page | Testing || rlc
改定追跡: 最近更新したページ | 拡張された最近更新したページ | リンク先の更新状況 | ウォッチリスト | 差分 | 履歴 | 要約欄 | ユーザの投稿記録 | 細部の編集 | 編集のパトロール

他プロジェクト: Wikibooks | Wikicommons | Wikinews | Wikipedia | Wikiquote | Wikisource | Wiktionary - Edit this template

言語: English  · Deutsch · español · français · italiano · 日本語 · Nederlands · português · русский · shqip · 中文