User:칼빈500

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search

I sincerely welcome you to visit. I was born in 1955, a theologian, a pastor of the Presbyterian Church, and a descendant of an independent movment of Korea. I am currently serving the Korean Theological Society and several commemorative projects and publishing the Theological Society. I joined Wikipedia on August 1, 2009. In the same year, he created a Calvin500 user manual for Calvin's 500th anniversary celebration. I studied Calvin's hermeneutics, but there is a lack of knowledge about other fields. I would like to share my knowledge, principles and method of learning with joy while participating in Wikipedia. I am a person who is concerned about the fact that religion harms society. That's not the same style as Emile Durkheim, but it's closer to Max Weber. Also, the individual is moral, but Rinhold Niebhur, who said that evil is amplifying in the group, is always wary of the warning given in "Moral Man and Immoral Society" (1932). Religious people want to have a warm heart and a cool mind to care for their neighbors. I try to teach you to love your neighbors, but I always confess my lack. I hope that the wiki's information will leave the universal feasibility for humanity and true humanity's cultural heritage right. I am delighted to be part of your wonderful service. I am interested in writing about theology of Christianity, theology, philosophy, sociology, hermeneutics, Christian culture, theological laboratories, religious reformers, and Calvin. I hope that the contents we produce will be presented as accurate information that is needed by all people for the benefit of the public. Thank you.

私はあなたを訪問することを心から歓迎します。私は1955年に神学者、長老派教会の牧師、そして独立した韓国の動きの子孫として生まれました。私は現在、韓国神学協会といくつかの記念プロジェクトに貢献し、神学協会を出版しています。私は2009年8月1日にウィキペディアに参加しました。同年、彼はCalvinの500周年記念式典のためにCalvin500ユーザーマニュアルを作成しました。私はカルバンの解釈学を勉強しましたが、他の分野についての知識が不足しています。ウィキペディアに参加しながら、知識、原則、学習方法を喜んで共有したいと思います。私は宗教が社会に害を及ぼすという事実を心配している人です。それはエミール・デュルケムと同じスタイルではありませんが、マックス・ウェーバーに近いです。また、個人は道徳的ですが、グループ内で悪が増幅していると言ったリンホルド・ニーブルは、「道徳的な男と不道徳な社会」(1932)で与えられた警告に常に警戒しています。宗教の人々は、温かい心と冷静な心を持ち、隣人の世話をしたいと思っています。私はあなたにあなたの隣人を愛するように教えようとしますが、私はいつも私の不足を告白します。このウィキの情報が、人類と真の人類の文化遺産の普遍的な実現可能性を残すことを願っています。私はあなたの素晴らしいサービスの一部であることを嬉しく思います。キリスト教の神学、神学、哲学、社会学、解釈学、キリスト教文化、神学研究所、宗教改革者、カルバンについて書くことに興味があります。私たちが制作するコンテンツが、一般の人々の利益のためにすべての人々が必要とする正確な情報として提示されることを願っています。ありがとうございました。

만든 문서들[edit]

외국문서(English and German Texts)[edit]