User:NJT/決議:非公開データへのアクセス

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search

警告:このページはウィキメディア財団の理事会決議を翻訳したものです。訳文はあくまでも参考としてのみ提供されるものであり、正式な決議の代わりになるものではありません。

ここにある決議の原文が、唯一の正文であり公式の文書です。


Motion to vote: --User:Jan-Bart 20:59, 11 April 2007 (UTC)

動議--User:Jan-Bart 20:59, 11 April 2007 (UTC)

Motion Seconded: Kat Walsh 21:03, 11 April 2007 (UTC)

支持 Kat Walsh 21:03, 11 April 2007 (UTC)

  • 一般に、secondされない動議は議論、投票を待たず不成立となる--NJT 03:03, 21 May 2007 (UTC)

Whereas the Board has considered the need for more careful oversight of sensitive information, it is hereby resolved that:

理事会は機密情報のより慎重な監督の必要を考慮し、以下のとおり決議する:

1. Only persons whose identity is known to the Wikimedia Foundation shall be permitted to have access to any nonpublic data or other nonpublic information produced, collected, or otherwise held by the Wikimedia Foundation, where that data or other information is restricted from public disclosure by the Wikimedia Privacy Policy.

1. Wikimedia財団により生成、収集、その他の方法により保持されている非公開データ(nonpublic data)またはその他の非公開の情報であって、Wikimediaプライバシーポリシーにより公開を制限されているデータまたはその他の情報へのアクセスはいずれも、Wikimedia財団に身分を知られた者のみに許されるものとする。

  • nonpublic data と other non public information... が別記されている理由が判らない--NJT 03:03, 21 May 2007 (UTC)
  • 構文が直訳を許さないため、意味を変更しないよう構文を変更して訳出--NJT 03:03, 21 May 2007 (UTC)

2. Any volunteer who is chosen by any community process to be granted access rights to restricted data shall not be granted that access until that volunteer has satisfactorily identified himself or herself to the Foundation, including proof that such user is at least 18 and explicitly over the age at which they are capable to act without the consent of their parent in the jurisdiction in which they reside.

2. (公開を)制限されたデータへのアクセス権限を与えるためのいずれのコミュニティのプロセスによって選出されるいずれのボランティアにも、そのボランティアが本人の身分を財団に充分に証明するまでは、アクセス権限を付与してはならない。この証明には、少なくとも18歳であり、かつ、居住地の管轄において親権者(法定代理人)の同意を要せず法律行為をすることができる年齢を超えていることを明示する証明を含む。

3. Any volunteer who holds such access rights at the time of the adoption of this resolution must satisfactorily identify himself or herself to the Foundation within 60 days of the adoption of this resolution, or have any and all such access rights revoked. Volunteers otherwise in good standing whose access is revoked for failure to identify may have those access rights restored after providing identification, at the discretion of the Foundation.

3. この決議の採択の時点においてそのようなアクセス権限を保持するいずれのボランティアも、この決議の採択から60日以内に財団に十分に身分を証明しない限り、そのようなアクセス権限をすべて取り消される。 身分を証明しなかったためにアクセス権限を取り消されたが、それを除いて問題のないボランティアは、身分を証明した後に、財団の判断によりそれらのアクセス権限を回復することができる。

4. Volunteer positions covered by this resolution include, without limitation, all stewards, all holders of the "checkuser" and "oversight" rights, all OTRS volunteers, and all developers with access to any electronic records which contains nonpublic information (such as the IP addresses of readers or contributors).

4. この決議が対象とするボランティア役職には、すべてのスチュワード、すべての「チェックユーザ」または「oversight」権限の保持者、すべてのOTRSボランティア、および、(閲覧者または寄稿者のIPアドレス等の)非公開情報を含むあらゆる電子的記録へのアクセスを持つすべての開発者を含み、これに限らない。

5. Access to deleted revisions on a publicly editable project, such as that held by administrators, is not sufficient to require identification under this policy.

5. 公衆から編集可能なプロジェクトの上の削除された版へのアクセス権限、例えば管理者の保持するこの権限等については、本方針による身分の証明を必要とするに足らない。

6. Identifying information disclosed to the Foundation by a volunteer in compliance with this policy shall be treated as confidential, nonpublic information and shall not be released except consistent with the Wikimedia Privacy Policy.

6. ボランティアが本方針に従って財団に明かした身分を証明する情報は、秘密の、非公開の情報として取り扱うものとし、Wikimediaプライバシーポリシーに合致する場合を除いては公表されないものとする。

7. Exceptions to this policy may be made only by the resolution of the Board of Trustees.

7. この方針の除外は理事会の決議によってのみ為すことを得。


Passed with 6 support votes and 1 abstention, 11 April 2007.

賛成6、棄権1により可決。2007年4月11日

See also[edit]

関連項目[edit]