Wiki for standards/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search

基準のためのウィキは、2004年8月に初めてRobert Horningにより提案されました(原本はWikistandardsを参照してください)。この申し入れはベルリンの言語基準のための会議で(2005年12月12~13日)[1]表明された関心に対して修正された形式で復活することになります。言語基準コミュニティーの意味深なほど大量の人々は、この努力を積極的に支援することに関心のあるメタのここで指摘しています。

言語基準コミュニティーから来る利害関係[edit]

ウィキメディアにより運営されるウィキスタンダードプロジェクトで働くことに利害関係を表明してきた数人

  • アラン・K・メルビー教授(ブリガム・ヤング大学、翻訳とコンピューター委員会理事で理事長、アメリカ翻訳協会など多数の交友関係あり)CV参照。
  • ドナルド・A・デパルマ(会長でCRO:コモンセンスアドヴァイザリー協会、作家、国境なき事業、グローバリゼーションとローカリゼーション協会(GALA)理事、グローバルビジネスサミットのための言語基準理事、その他:www.commonsenseadvisory.com/about_us
  • キーラン・ダン(ペンシルベニア州立大学でフランス語の准教授)
  • ジェニファー・デキャンプ博士(MITREコーポレーション主任技師、共同基金で設立された調査開発センター(外国語技術に関するソフトウェア試験と助言を行っている))。1970年代から地域問題について働いてきた。
  • ピーター・レイノルズ(ライオンブリッジテクノロジーズ(XLIFFと翻訳ウェブサービス基準に関わっている)
  • テックス・テックリン(ヤフーの国際建築家)。テックス・テックスリンはトレーニング、戦略、ソフトウェア構築に関する執行などのグローバリゼーションサービスを長年担当して来た。詳細はこちらを参照。

この利害関係は強いとはいえ、勢いが失われ努力が水泡に帰す前に事業が速やかに進行することが重要であり、その意図を打ち負かすことになるでしょう。

理論的根拠と目的[edit]

ウィキスタンダードの目的は、基準を話し合いウィキに関する草案を公式化することになるでしょう。有益な借家事店はウィキペディアで書くようになって欲しいです。基準が知られそのことによって基準となる重要性のゆえに会議に参加する多くの人が同様に別のウィキペディア用の別の言語にこうした記事を翻訳する意志を示しました。基準に関連する用語は、WiktionaryZで(「「究極のウィクショナリー」を置き換えるよう提案された名前)で得られるようにしたいです。

ウィキスタンダード字体は自身の権利に関する新たな事業になります。対話と草案が基準コミュニティーにより開発される下の作業となるゆえにウィキブックスにはめ込むことはありません。言語基準に捧げられるポータルは存在することになるでしょうが、うまく行けば同様に関心を持つ基準コミュニティーを手に入れられるでしょう。ウィキスタンダードも他の事業で要旨の使用を行うでしょう。

このようなウィキが認識される理由の一つは、ウィキメディア財団がNPOVとして知られることにあり、アカデミアやビジネスの世界の一部ではなく、重要なことには財団には大量のコンテンツを運営する大きなトラックレコードがあります。基準コミュニティーとウィキメディアコミュニティーの間に大きなシナジーがあることが期待できます。

最も基本的段階でウィキメディアンはこつを覚え理解できる方法でウィキを組み立てる基準のエキスパートを手助けするでしょう。しかし、ウィキメディアプロジェクトでこうしたものの利用を増大させる故に、関係があったり標準化された過程に近付く非常に現実的な需要もあり、特に言語基準がそうです。

ユニコードのサイトでウィキペディアはUTF-8が使用できるよう選り抜かれた唯一のサイトです。ウィクショナリーZ事業と共に基準を支援することは、あるデータベースを使用するあらゆる場面からあらゆる言語と人々がいることになる故に更に重要なものにさえなります。制限用のCLDR(Common Locale Data Repository)や用語をエキスポートするTBX(TermBase eXchange)のような基準を用いる対話を行っています。将来工業基準コンピューター支援による翻訳(CAT)ツールを用いてウィクショナリーZを統合するTMX(翻訳メモリー交換)を使用することにさえなるかもしれません。他の基準は、関係するタイプなどのメタデーターに相応しいものになります。

標準化の過程でウィキメディアは自身のある基準自由基準を設けるだけとなります。ウィキメディアプロジェクトで用いる如何なる基準も、完全に文書化され、自由に使え、自由に実行できるものでなくてはならず、あるいはそもそもある基準を考慮することはありません。中立的な団体としてこの標準過程に関わること以上に確実する良い方法は何でしょうか。

投票[edit]

投票はWiki for standards/Voteに移動しました。不便は御容赦ください。oscar 16:30, 13 January 2006 (UTC)