ウィキペディア15周年/サイト/お話/スサンナ・ムクルチアン

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Wikipedia 15/Site/Stories/Susanna Mkrtchyan and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎中文 • ‎日本語

Susanna Mkrtchyan

Susanna Mkrtchyan at Wikimania 2015.jpg
Born in Armenia
Joined Wikipedia in 2010
Favorite article is confiscated Armenian properties in Turkey.

スサンナ・ムクルチアン(Susanna Mkrtchyan)氏は孫のいる女性で使命感に燃えています。アルメニア人(Armenian)の学生たちに、アメリカの同世代と同じ教育機会を確保しようと—ウィキペディアを活用して、実現しようとしています。

スサンナ・ムクルチャヤン氏は大学でデータベースとシステム研究分野を教えています。2年前から学生時代に学んだ英語をいかし、英語版ウィキペディアからアルメニア語とロシア語に翻訳を始めました。アルメニア語ウィキペディアでは、アルメニアの歴史と教育に重点を置いています。

首都イエレバン在住のムクルチアン氏はウィキペディアの編集を生きがいの一つに加え、教育者として、また家族の面倒を見る役割の忙しい日常で時間をやりくりしています。「スープの鍋をかき混ぜていないときは、ウィキペディアの作業をしています」。

孫は双子の男の子で、以前はバスケットボールの記事を見つけてはウィキペディアに載せてくれないかと頼みに来ていました。そのたびに「アカウントを取って自分で書いてみなさい」と励ましたそうです。編集の手ほどきを受けるのに、自分の祖母ほどふさわしい人はいません。

孫がいる女性、子供がいる女性がウィキペディアの編集をしたら、自分たちの働きがどれほど重要か感じるし、将来の世代のために知識のつながりを残すことの大切さをひしひしと感じるはず。

「私の国の若い人たちに、高い水準の教育を受けさせたい理由は、ソビエト連邦の崩壊後、アルメニアの教育体制も崩れてしまったからです、規模は小さいけれども」と語ります。「そこで大学や専門学校にウィキプロジェクトを持ち込もうと考えました。」

ムクルチアン氏は担当する科学分野の統治に忙しくしていたとき、アルメニア国内外の科学者にとってウィキペディアは共同して問題を解決する場になるのではないかと考えました。そこで2011年ウィキマニアに出席するためイスラエルのハイファへ飛び、アルメニアに組織設立についてウィキメディア財団の代表に相談をしました。

ほどなくしてムクルチアン氏は活動を始め、アルメニア人のウィキペディア管理者や編集者と協議を始めました。ウィキメディア・アルメニア協会の設立資金を出したばかりか、氏は初代会長に選出されます。「いまはどうにか活動も活発になり、アルメニア語版ウィキペディアの発展のために皆で協力し合っています。」と言う。

アルメニア語版ウィキペディアで、自分の才能を生かす人が増えるのが望みです。

「ウィキペディアは、その編集もそうですが、スピーチが上達する効果があります」とムクルチアン氏。また人々に寛容性を学ぶチャンスを与えるとも評価しています。

「孫がいる女性、子供がいる女性がウィキペディアの編集をしたら、自分たちの働きがどれほど重要か感じるし、将来の世代のために知識のつながりを残すことの大切さをひしひしと感じるはず。」と語りました。