Affiliate-selected Board seats/2019/Wikimedia Foundation Bylaws changed plus next steps/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search

皆さんこんにちは!

ウィキメディア財団理事会は2019年1月30日に開いた前回の理事会会合において満場一致で付属定款の改訂を承認しました。議事録に掲載し、概報にて決議事項を公表する予定です。

この変化により利用者グループ提携団体代表議席2019年選挙 (ASBS)(※)に参加できるようにまりました。この選挙をめぐる協議はウィキマニアまでにこれら2議席の選出が終わるように、できるだけ速やかに始めなければなりません。そこで今回、理事会の議決事項の発表に先立って、この文書をみなさんにお送りすることとなりました。(※=Affiliate-selected Board seats (ASBS))

現在、公認利用者グループは 100 件を超え50ヵ国超にわたって複数の言語と主題を扱い、その多くはウィキメディア運動に初参加の新興でコミュニティが占めます。理事会は利用者グループの視点が増えたことにより、国・地域別協会およびテーマ別組織の声と合わせて私たちの運動のガイダンス集をますます豊かにしてくれると信じています。利用者グループがこのプロセスに参加する方法をめぐり対話は数年をかけて進めており、決して新しい課題ではありません。

選択プロセスの進行役(facilitators)を提携団体から任命いただいた段階で、ASBS プロセス担当者の María Sefidari、理事会承認の本件の理事会連絡係と連携していただきます。

ここにきて100件超の利用者グループを追加することになってプロセス編成に複雑さが予見され、ウィキメディア財団では基盤準備ならびに意思疎通の支援を申し出て、提携団体からのリクエストに応えようとしています。

理事会を代表して、
antanana / ナターリア・ティムキフ(Nataliia Tymkiv)
理事会統治委員会