Wikijunior/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
言語: English · dansk · Deutsch · español · 日本語 · polski · português

ウィキジュニアは2004年11月7日に始まったウィキメディア財団の一部です。この事業は子供向けのフリー書籍の集大成で、ウィキブックスと協同して執筆されています。ウィキジュニアは同様に活動的な数言語のサブドメインがあります。

サイトのコンテンツの全ては、GFDLの対象になります。サイト上の本の全ては、完全に原本であり、活動してきた数多の投稿者により開発されています。コピーレフトがコンテンツがいつも自由に投稿でき複写できることになることを保証しているとはいえ、投稿者は創作者としての所有権を残しています。更に詳しいことはcopyrightをご覧ください。

サイトでは現在数冊の本の完成を目指して活動しています。数本のまだ容認されない系統的な題名を伴って開発された容認された題名が10本あります。

この事業に使うロゴを選ぶ、手伝いをしてください。現在提案されているロゴを見て討論してください。

歴史[edit]

2004年、ベック財団は若い聴衆向けの教材を開発する当財団の資源を使えるか尋ねてウィキメディア財団に問い合わせました。当財団ではそのような事業に関心があり教材が子供向けに改訂できると答えました。申し入れは送られ、ウィキメディアは事業を開発する許可を受けました。この許可は財団の2004年10月16日の理事会で確認されました。

元になる考え方は、子供に興味を持たせる様々な話題について若い聴衆(8歳から11歳)向けに一連のフルカラーの光沢のある小冊子をウィキジュニアが提示するものでした。提案された題名には、天文学、動物、恐竜、世界の国々、科学、歴史があります。本は包括的な内容にはなりませんでした。その代わりにアフリカの哺乳動物、ジュラ紀の肉食獣、南アメリカ、フランス革命などのように様々なサブシリーズを形成することになります。教科書は体裁を整えて、違いはあるとはいえ、それ故に各記事も一定の共通する特徴があり、子供は異なる記事に目を通すことができ、特別な関心を持てる主題を見出すことができます。このことは疑問を持つことで標準的なウィキペディアヘッダーに置き換えることで成し遂げられるものです。(例えば獅子や麒麟、象はどこに棲んでいるか。)

現在の状況[edit]

他の言語[edit]

対話[edit]

オンライン事業[edit]

ウィキジュニアには大規模なオンライン構成要素があります。如何なるウィキ事業のようにオンラインを発展させ、コンテンツをコミュニティーは創造し、編集し、確認しています。

しかし、ウィキジュニアは別のウェブサイト(子供がコンテンツを覗き見るのに相応しい「子供のポータル」)を作るつもりです。

  1. このポータルのコンテンツは、確かなものになるでしょう。出展は示されるべきで、解釈は割合安定したものになるべきです。
  2. ポータルも子供が質問できる特別な分野を持つことになります。
  3. 子供のポータルサイトのレイアウトとデザインは、標準的なウィキと比較する際に非常に平易なものになるでしょう。

既に完成したもの[edit]

ウィキジュニアは多くの投稿者と進行する事業です。

  1. 創造される開発サイト
  2. 原型となる本が創造される。
    1. Wikijunior Solar System
    2. Wikijunior Big Cats
    3. Wikijunior South America
  3. 新しい表題を立ち上げる過程を発展させる。
  4. 追加の表題を発展させる。
    1. Wikijunior Languages
    2. Wikijunior How Things Work
    3. Wikijunior The Elements
    4. Wikijunior Bugs
    5. Wikijunior Human Body

残りの課題は何か[edit]

  1. 事業向けのロゴを選定する
  2. 出版に向けた献本を用意する。
  3. 子供のポータルをデザインし創造する。
  4. 教育者により改訂された教材を持つ。
  5. 本を印刷するための戦略を開発する。
  6. 本を配布するための戦略を開発する。