Abstract Wikipedia/更新情報/2021年04月15日

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Abstract Wikipedia/Updates/2021-04-15 and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎français • ‎日本語 • ‎한국어
716-newspaper.svg 抽象的なウィキペディアの更新情報 Translate

メーリングリストによる抽象ウィキペディア IRCに関する抽象的なウィキペディア Telegramの抽象的なウィキペディア Twitterの抽象的なウィキペディア Facebookの抽象的なウィキペディア YouTubeの抽象的なウィキペディア 抽象的なウィキペディアのウェブサイト Translate

バベルの塔の建設:ベッドフォード公爵のマスターによる中世の照らされたミニチュア。
数週間前、ウィキデータの語彙拡張機能を向上用と、抽象ウィキペディアのフォーカス言語の募集を行いました。

ここ数週間で、ベンガル語、ダバニ語、デンマーク語、エスペラント語、フランス語、ハウサ語、イボ語、マラヤーラム語、ロシア語の9つの言語コミュニティから提出物を受取りました。 期待いただいたこれらコミュニティの全ての人と、これら作業をした全ての提出者に感謝したいと思います。

ウィキメディア・ドイツのウィキデータチームとウィキメディア財団のウィキファンクションズおよび抽象ウィキペディアチームは、ここ数日間にわたって選択肢について熟慮し、議論してきました。 独自の基準に従い、フォーカス言語として次の4つの言語(それと1つのストレッチ言語)を選定しました。 4月14日水曜日の「30 Lexic-o-days 2021」のクロージングイベントで、Lydia PintscherとDenny Vrandečićがその言語を発表しました。

  • ベンガル語﹝bn﹞はインド・ヨーロッパ語族(東インド・アーリア語派に属する)であり、バングラデシュとインドで話されており、主にインド東部の西ベンガル州とトリプラ州で使用されています。 ベンガル語は2億2000万人以上の母国語話者により話されており、世界で5番目に話されている言語になっています。 ベンガル語版ウィキペディアには、100,000以上の記事と1,700人以上のアクティブな寄稿者がいます。 その地域の他の言語と同様、ベンガル-アッサム文字、アブギダおよびブラーフミー系文字を使用して書かれています。 ベンガル語は最も広く話されている言語であり、フォーカス言語コミュニティの中で最大のウィキペディアコミュニティです。 (詳細はウィキペディア:ベンガル語を参照)
  • マラヤーラム語﹝ml﹞はドラヴィダ語族であり、主に南インドのケララ州で話されています。 マラヤーラム語は3,000万人以上の母国語話者により話されています。 マラヤーラム語版ウィキペディアには、70,000以上の記事と、約300人のアクティブな寄稿者がいます。 注目すべきはマラヤーラム語ウィクショナリーで、13万以上のエントリがあり、マラヤーラム語のウィキペディアを上回っています。 マラヤーラム語は、ベンガル・アッサム文字と同様に、アブギダ文字とブラーフミー系文字であるマラヤーラム文字で書かれています。 マラヤーラム語コミュニティはウィキデータでアクティブであり、多数の地域識別子やウィキペディアでのデータの優れた利用があります。 (詳細はウィキペディア:マラヤーラム語を参照)
  • ハウサ語﹝ha﹞は、アフロ・アジア語族(チャド諸語に属する)であり、ナイジェリア、ガーナ、ニジェールの公用語です。 母国語話者の推計数は5,000万から1億5,000万人です。 西アフリカと中央アフリカで最も重要な先住民の共通語(リングワ・フランカ)です。 ハウサ語版ウィキペディアには、8,000以上の記事と約50人のアクティブな寄稿者がいます。 ハウサ語は歴史的にアラビア語のアルファベットで書かれていましたが、今日ではほとんどがラテン語ベースのアルファベットで書かれています。 コミュニティはinfoboxでウィキデータを使用し、ハウサ語版には多くのモジュールとテンプレートが移植されました。 (詳細はウィキペディア:ハウサ語を参照)
  • イボ語﹝ig﹞は、主にナイジェリア南東部で話されているニジェール・コンゴ語族(Volta-Niger語派に属する)で、約4,500万人の母国語話者がいます。 イボ語版ウィキペディアには、約2,000の記事と約50人のアクティブな寄稿者がいます。 ンシビディ表意文字の興味深い歴史と、Ndebe文字の興味深い将来がありますが、イボ語はラテン語ベースの文字を使用しています。 イボ語版ウィキペディアでは、コミュニティはArticlePlaceholder拡張機能を使用しています。 (詳細はウィキペディア:イボ語を参照)
  • ダバニ語﹝dag﹞は、ニジェール・コンゴ語族(グル語派に属する)であり、ガーナ北部で話されている。 ダバニ語には約300万人の母国語話者がいます。 ダバニ語版ウィキペディアは、まだウィキメディア・インキュベーターにあり、すでに400以上の記事があります。 ラテン語ベースのアルファベットで書かれます。 ダバニ語は基準をいくつか満たしていませんでしたが、応募コミュニティは非常に熱心でした。 ダバニ語をストレッチゴールと見ています。そのような小さな言語コミュニティでも私たちがゴールを達成できるかどうかを学ぶことは有益です。 (詳細はウィキペディア:ダバニ語を参照)

付け加えると開発された機能をより幅広い観衆に紹介するために、英語﹝en﹞をデモ言語として使用します。

全ての言語コミュニティからの意見を聞き、全てのコミュニティとの対話を求めていきます。 フォーカス言語のポイントは、デザインやプロトタイプをテストする際に、コミュニティにすばやく連絡できるようにし、開発者が簡単にテストできる言語を超えて機能が動作するかどうかを確認できることです。

プロセスに参加し、スムーズに運ぶよう手伝ってくれた全ての人にもう一度感謝します!