ウィキメディア運動と意思疎通の洞察/報告書/はじめに

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Movement communications insights/Report/Introduction and the translation is 54% complete.


MoveComms Lockup Black.svg
Connecting the Movement
Communications Insights for the Wikimedia Foundation

はじめに

ESEAP 戦略サミット 第1日 - ジェッシー Jessie

ウィキメディア財団は運動にどのような価値をもたらすのか。その価値はウィキメディアのボランティア、編集者、組織者、参加者の生活にどのような影響を与えるのでしょうか。どのように成長できるのでしょうか。財団は運動の中で人々が問題を解決するのをどのように助けることができるのか。目的を達成し、障害を克服するために、どのように運動を支援することができるのでしょうか。運動が、ウィキメディア財団に最も望んでいることは何でしょうか、そしてよりよいコミュニケーションはどのように影響するのでしょうか。

これらは、この報告書が答えようとしている質問です。私たちはコミュニティーに、アイデアを共有するよう依頼しました[1]、そして私たちは繰り返されるテーマに深く耳を傾けました。私たちの仮説は、運動参加者に深く耳を傾けることで、彼らにとって何が一番重要であるかに基づき、改善された運動コミュニケーションがどのように役立つかを理解するために、より良い立場に立てるだろうということでした。私たちの目標は、「インサイド・アウト」のアプローチをとることでした。まずコミュニティの必要性に耳を傾け、その必要性を満たすためにどのようにコミュニケーションをとればよいかを、コミュニティと一緒に逆算していくのです。

運動の参加者の声

Location icon from Noun Project.png

1. Build a better front door

Teamwork icon from Noun Project.png

2. Use humans

Brain icon from Noun Project.png

3. Speak human

コミュニティー参加者83名とスタッフ30名による10回のフォーカス・グループを通じて、6つのテーマが繰り返し浮かび上がりました。これらは、運動参加者が財団のコミュニケーションに「最も」望んでいることと、財団が検討すべき潜在的な解決策を示すものです。

  1. Build a better front door. 参加者が何かを必要とするとき、迷路のような場所ではなく、明るい玄関先でそれを見つけたい。参加者は、財団からの情報、支援、リソースのための単一の入口を望んでいます。完璧である必要はありませんが、一般的な情報、リソース、支援依頼のための、ひとつの正常な出発点とより良いUXを作ればコミュニティーと私たちが話をしたスタッフから歓迎されるでしょう。
  2. Use humans. 人間中心(対チャネル中心)のアプローチをとる。参加者は、コミュニケーションの改善について熱く語っていました。人々は、完璧な「プラットフォーム」や技術ではなく、人間的な触れ合いを求めているのです。翻訳し、ローカライズし、耳を傾け、表現し、支援し、運動全体のストーリーにスポットライトを当てることができる、信頼できる地元のスペシャリストを求めているのです。そして、リーダーシップやコミュニティー担当のスタッフと、同じ人間としてつながることを望んでいます。
  3. Speak human. 参加者は、専門用語や不必要に長い文章、"組織語 "を嫌います。彼らは、シンプルで簡潔、親しみやすく、翻訳可能な言葉を求めています。誰も不必要に長い文章や複雑な文章を書こうとは思っていませんが、状況が複雑なときに過剰に説明したり、詳細な情報がないときに曖昧にしたりする誘惑に駆られることがあります。これは逆効果で、財団と他の運動との間に距離を作ることになりかねません。
Volume knob icon from Noun Project.png

4. Balance “broadcast” with “on-demand”

Network icon from Noun Project.png

5. Coordinate, then communicate

Connect icon from Noun Project.png

6. Clarify, connect and reflect

  1. Balance “broadcast” with “on-demand.” 多くの場合、参加者は "話を聞きたい "のではありません。彼らが実際に求めているのは、問題解決や具体的な作業に役立つリソースや「ハウツー」なのです。メーリングリスト、ブログ記事、ソーシャルメディアなどの「ブロードキャスト」コミュニケーションのほとんどは、このためにうまく構成されていません。参加者は、財団がブロードキャストコミュニケーションとオンデマンドのバランスをとる上で主導的な役割を果たすこと、つまり、人々が必要なものに必要な時にアクセスしやすくするために、運動リソースの集中化と保存にもっと投資することを望んでいます。
  2. Coordinate, then communicate. 参加者は、運動とのより良いコミュニケーションは、財団内のコミュニケーションと調整の改善から始まると考えています。参加者は、財団からの明確なメッセージ、優先順位付け、予定表作成を望んでいます。そして、私たちのプロジェクトやイニシアチブについて、まず内部で調整することを望んでいます。そうすることで、より大きな運動に対して一貫したストーリーを伝えることができ、メッセージの混在や交通渋滞を回避することができるのです。
  3. Clarify, connect and reflect. 参加者は、この3つを、財団が運動のために継続的にストーリーを提供するための重要な要素だと考えています。財団とコミュニティーとの関係を明確にし、定義するストーリーテリングを求めています。プロジェクトやイニシアティブと運動戦略構想を結びつけ、ローカルな活動をグローバルな運動につなげるストーリー。そして、コミュニティが自分たちの姿を映し出すようなストーリー、つまり、一般向けのストーリーテリングでは省かれがちな、名もなきヒーローや参加者を称えることに大きな重点を置いたストーリーを求めています。

Taken together, the recommendations gathered from participants aim at strengthening a sense of connection and belonging in the Wikimedia movement. They are about how the Foundation can work to ensure communities feel seen, supported and celebrated. They are about helping real people solve problems through communications, and growing the Foundation’s value to the rest of the movement. And they are about telling a shared story about the movement we all belong to, together.

← 戻る | 続きを閲覧 →

  1. 「私たち」の使いかたについて:この報告書は、プロジェクトチームの観点から、オブザーバーとして書かれています。ウィキメディア財団への運動からの勧告が含まれています。