Help:Edit summary/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Help:Edit summary and the translation is 58% complete.
Outdated translations are marked like this.
MediaWiki ハンドブック: 目次読者編集者中間管理者システム管理者 +/-
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Bahasa Melayu • ‎Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎Nederlands • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎magyar • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎slovenčina • ‎slovenščina • ‎srpskohrvatski / српскохрватски • ‎suomi • ‎svenska • ‎čeština • ‎български • ‎العربية • ‎ߒߞߏ • ‎বাংলা • ‎ไทย • ‎ქართული • ‎日本語

ページを編集する時、編集用のテキストボックスの下に、下のような小さな要約欄が現われます。 Edit summary text box

編集要約欄に記入するのはよい習慣です。なぜなら、ページの履歴を追うときなどに、変更の内容が誰にでも分かりやすくなるからです。利用者のオプションの「編集画面」の設定で、「要約欄が空欄の場合に警告する」設定にしておくとよいでしょう。

代替 (substitution)を利用した編集の場合、ウィキテキスト生成時に入力文字列が代替されてしまいますから、編集要約に"subst:"を含む入力したウィキテキストを入力しておくと、特に有用です。

機能

要約欄には200文字(キャラクタ)以下で、かつ250オクテット未満の1行を入力できます(UTF-8では非ASCII文字は1文字が2オクテット以上になります)。この制限を越えて入力すると、最初の200文字までが挿入され、残りは無視されます(入力できません)。また、プレビュー時に例えばすでに195文字が含まれている要約に、10文字追加すると、追加位置が行末であれ、行中であれ、最初の5文字だけ挿入され、あとの5キャラクタは無視されます。

要約欄への入力では、次のものはウィキテキストと同じように機能します。

次のものは機能しません。

  • 変数、テンプレート、条件文。展開されません。
  • 外部リンク
  • HTMLタグ
  • イタリック体、ボールド体などの文字飾り
  • nowikiタグ。したがって、例えば[[a]]と表示することはできません(<nowiki>a</nowiki>と表示される)。代りに [ [a] ] とすることができます。

プレビューをすると、要約欄のプレビューも示されます。ここでリンクなどがうまくいっているか確認できます。また、要約が長いときに、要約欄では一度に全てを表示できないことがありますが、プレビューでは最終的に出力される範囲の全体が表示されます。

セクションの編集

セクション編集を行なうと、要約欄の最初に自動的にセクションの見出しが/*と*/で囲まれた形で挿入されます。例えば、/* 外部リンク */のようにです。 要約欄内で /* と */ ではさまれた見出しは、ページの生成時に特別な形で生成されます。見出しの文字は灰色になり、直前に矢印のリンクがつくのです。例えば 外部リンクのようにです。 → のリンクは、編集されたセクションへのリンクになります。[[#External links|→]]というウィキテキストと同じように機能します(リンク先のセクションがなくなっている場合、単にページの冒頭にとびます)。

セクションの編集リンクをクリックして、すでにあるセクションの前後に新しいセクションを追加した時には、混乱を防ぐために、 /* と */ の間にあるテキストを除去するか、新しく作ったセクションの見出しに変えてください。/* */を手入力で追加することも可能です。これは複数のセクションを一度に編集したときなどに便利です。 例えば、要約欄に

/* Foo */ test /* Bar */ test

と書くと次のように生成されます。

Foo - test - Bar - test

編集内容の要約は、この見出しリンクの後に追加してください。長い要約をつける必要があり、200文字の制限にひっかかるときには、見出しへのリンクを手で削除してもかまいません。

「新しいコメントを投稿」機能

ノートページ上で新しい話題を開始する時には「新しいコメントを投稿」機能が使えます。これを使うには、ページ上部の「編集」タブの隣にある「+」タブをクリックします(MonoBookスキンの場合)。すると、「題名・見出し」という名前のテキストボックスが、編集用のテキストボックスの上に現れ、要約欄は現れません。「題名・見出し」ボックスに追加した文字が、新しいセクションの見出しとなり、同時に要約欄の内容になります。新しいセクションはページの一番最後に追加され、編集用のテキストボックスに入力した文字は、新しいセクションの見出しの下に生成されます。

If the section name is changed it is useful to change it in the edit summary accordingly, so that the section link still works as such (until the name of the section is changed again, as the links do not change retroactively).

If you create a new section before or after an existing section by clicking a section "edit" link, change or delete the text between /* and */ marks, to avoid confusion.

Details of the edit should be added after this text. In the case that you provide a long summary yourself you can consider deleting the section title in order to stay within the limit of 800 characters, depending on what is more important.

Internal and interwiki links in edit summaries

In edit summaries internal links, including existence detection, and interwiki links work. Piping of these links works also.

In the case of using the pipe trick, the pipe is ignored (but the link works).

The links can be checked in the preview of the edit summary.

What links here does not list links in edit summaries.

Percent codes

If a link target contains a %-sign followed by two hexadecimal digits the link does not work, and the link label shows up as plain text without brackets; in the case of a piped link the info what the link target is, is lost.

Thus, while in the wikitext of the page itself [[w:Wikipedia:Village_pump_%28technical%29#Abc]] and [[w:Wikipedia:Village pump (technical)#Abc]] are equivalent, giving w:Wikipedia:Village_pump_(technical)#Abc and w:Wikipedia:Village pump (technical)#Abc, only the latter works in an edit summary.

In a URL, all characters other than [[-:/.]], the digits 0-9, and the plain letters A-Z, a-z, are coded with once or twice a %-sign followed by two hexadecimal digits (follow the link to confirm that these four characters are not affected).

The codes occur in practice when a page name contains special characters (characters other than those mentioned), and a link to a section of that page is made by copying part of the URL to that section, which in turn is produced by a TOC link. This is not the case if only the section name contains special characters, because in a URL they are coded with a point followed by the hexadecimal digits. So the anchor itself does not give problems, the fact that there is an anchor makes it convenient to use the URL, which gives this problem.

Workarounds to get a working link in the edit summary include:

  • use the URL, but replace the codes by the characters concerned by hand (this is not convenient in languages where many characters are coded)
  • apply a redirect to arrive at the page, e.g. w:WP:VPT,
  • apply the TOC link, get the part of the URL from the page name, if applicable add the interwiki prefix again, and use the result as link target in the page as well as in the edit summary
  • assemble the combination pagename, #, section name oneself; the page name can be copied from the page header, or, if it has a short redirect, the pagename can also easily be typed: we get w:WP:VPT#Abc where the anchor is typically easier to copy (being longer than here), but the rest is just typed.

Flexibility

Since edit summaries cannot be edited after saving the page, moving the contents of a link target can be a problem, and this frequently happens: the move to an archive is often even predictable.

  • In the case of a page move a redirect is created; however, when the old name is needed for a new page, the link is not targeted correctly anymore.
  • In the case of a link to a section, when the name of the section is changed, an anchor can be made with the old name of the section.
  • In the case of a link to a section, if content is moved to another section, the link will still target the old section.
  • In the case of a link to an explicitly put anchor, the anchor can be moved with the content, provided that other links to the anchor need to target the other position too.

Anticipating these problems one can do the following:

  • make a link to a page with a name that accurately and unambiguously describes the required target
  • if this page does not exist, create a redirect to the desired page, possibly with an anchor.

While the edit summary remains the same indefinitely, the redirect can be changed whenever needed.

This method is also useful for replacing the automatic section link: It provides flexibility with regard to renaming of sections.

"Post a comment" feature

When starting a new thread on a Talk page or page with __NEWSECTIONLINK__, the "Post a comment" feature can be used. Click the plus sign next to the Edit link (MonoBook skin). A box labelled "Subject/headline" appears before the main editing box and the "Edit Summary" text box will not appear. Text typed into the subject field becomes both the edit summary and a new heading (which is added to the end of the page), and text entered into the main edit box is inserted below this heading.

See also help about adding a section at the end.

自動生成される要約

場合によっては、要約欄が空だと、自動的に要約が生成されます。これはセクション編集時に自動的に追加される要約(保存前に利用者によって変更可能)とは若干異なります。

状況 ページ テキスト
リダイレクトの作成か、ページをリダイレクトで置き換えた時
('$1' にはリダイレクト先を代入)
MediaWiki:Autoredircomment [[$1]]への転送ページ
ページの全テキストの削除 MediaWiki:Autosumm-blank ページの白紙化
ページからほとんどのテキストを削除、または短いページの編集
('$1' にはページのテキストを代入)
MediaWiki:Autosumm-replace 内容を「$1」で置換
新しいページの作成 ($1 はページテキストによって置き換え) MediaWiki:Autosumm-new ページの作成:「$1」

リダイレクト作成時の場合を除いて、自動生成要約はきちんとした要約より内容が劣りますので、代替として適当ではありません。自動生成要約が生成される状況でも、常に意味のある要約を自分で記入すべきです。ただ、自動生成要約は、荒らしを見付けることと、要約欄へ記入することの意味をまだ知らない、不慣れな利用者が行った編集の概要をある程度は伝えるのに役立ちます。

要約欄が現れる場所

要約欄は以下の場所に黒のイタリック体で現れます(環境によっては、日本語はイタリック体になりません)

The edit summary also appears in the e-mail received in the case of e-mail notification.

See also help about change tracking.

ファイルのアップロードの要約

画像などのファイルをアップロードしたときには、アップロードの要約を提供することができます。アップロードの要約は複数の目的に使われます。

  • 自動的に作成されるアップロードログの要約の2番目の部分(最初の部分はファイル名)
  • 画像の履歴のエントリ
  • 画像のファイル名が新しい場合:
    • 画像ページの作成時の要約として
    • 画像ページの編集可能なテキスト部分の内容として。次のような内容を含めることができます。
      • 画像の簡潔な説明
      • 内部リンクや外部リンク
      • テンプレートの呼び出し
      • 画像が属するカテゴリの指定

アップロードの要約の容量は250文字以下の1行です。アップロードログでは255文字まで含めることができますが、要約の前にアップロードされたファイルのファイル名が入りますので、要約の末尾が削られることがあります。

リンクやテンプレートの呼び出し、カテゴリタグを確認するプレビュー機能はありません。ただ、これらに間違いがあれば、アップロード後に画像ページを編集して修正することができます。画像ページのテキストは、同様の方法で補充することもできます。

ヘルプ:画像ページも参照してください。

要約の変更

編集の要約を変更することはとても厄介で、インポート (import) を必要とします(そのため、まずプロジェクトのインポート機能を有効にしなければなりませんし、インポート機能が使える利用者権限も必要です)。具体的な手順としては、ページの履歴をデータ書き出しし、ページを一旦削除し、xmlファイルに変更を加え、それを再度インポートします。最新版の要約を変更する場合は、履歴なしでページを書き出し、ページを一旦削除した後、最新版を除いてページを復帰し、xmlファイルを改変し、インポートすることもできます。

インポートログには、ページのインポートの記録が、利用者名、日時、版の数の情報と共に表示されます。また、削除ログには削除および復帰の記録が、利用者名と日時の情報と共に表示されます。「削除されたページの閲覧と復帰」機能は、削除された版の閲覧を可能にしますが、差分表示のように、簡単に変更箇所を見る方法はありません。また、複数の版を削除してからインポート、または復帰した場合、削除前のページの履歴にどの版が存在していたか記録されませんので、最終の削除・インポート作業で行われた変更の内容を知ることは一切できません。

検索

ウィキメディアの検索機能では要約欄は検索できません。また、外部の検索エンジンでも索引化されていません。

There is an unofficial external tool at Wikimedia Labs: edit summary search. Also, hashtags (like #tag) can be searched at https://hashtags.wmflabs.org.

推奨事項

常に要約欄に記入すること。これは重要なガイドラインと考えられています。短い要約でも、要約が何もないよりはましです。また、テキストを削除したときには、特に要約欄の記入が重要です。そうでないと、他の利用者はあなたの編集の動機を疑うかもしれません。また、行った編集のうち一部分だけに言及することも、言及されなかった部分の編集の方が重要だと考える利用者の誤解を招くかもしれません。このような場合、「ほか」などの言葉を補っておきましょう。

適切な要約は、他の利用者がその変更を直接確認すべきか判断するのに役立ちます。編集の要約が、その分野の専門家の関心をひくこともしばしばです。細部の編集の時には要約欄は必ずしも必要ではありませんが、それでも、「誤字の修正」といった記述があるとよいでしょう。

記事にほんの少し文を追加した時には、追加テキストの全文を要約欄にコピーすることが強く推奨されます。こうすることで、最少の労力で最大量の情報を提供できます。冒頭に "full text" (全文の意)の省略形である ft をつけるとよいでしょう(他の省略形については省略形の節を参照のこと)。こうしておけば、要約を見た人は、ページそのものを確認しなくても、編集の全貌を知ることができます。また、句読法などの小さな変更を見るのに困難のある視覚障害を持った読者にとっても親切です。さらに、最近更新したページやページの履歴、利用者の投稿記録などを閲覧する時の効率を高め、サーバーの負担を軽減します。

200文字を超えるテキストの追加の場合、要約欄に入り切りませんので、追加した内容の簡単な要約を記入します。ですが、例えば400文字くらいの追加でしたら、追加テキストの全文をコピーし、最初の200文字分を要約欄として使用することで、おおまかな「要約」に代えてもよいでしょう。

残念ながら、要約欄には1行しか入力できませんので、複数行のテキストをコピーしても1行目しか入力されません。このようなときには、残りの行のテキストを、1行ずつ行末にペーストすることができます。このため、例えば箇条書きの「関連項目」のリストを追加したときなどには、これを要約欄にコピーするのはちょっと手間がかかります。省力化するには、先に要約欄に1行書きで入力し、これを編集用のテキストボックスにコピーし、最後に改行記号を入力するという方法があります。

変更内容そのものの要約の他に、要約欄には変更の意図の説明を書いてもよいでしょう。編集の意図が不明確な場合、特にテキストを削除したときには、差し戻される可能性が高くなることを覚えておいてください。意図の説明が長くなるときは、要約欄には「ノートを参照」などと書き、ノートページを活用するようにしましょう。

ページを保存した後は、要約欄は変更できません。誤字やスペルミスには充分注意しましょう。

要約欄に重大な書き忘れをしたり、重大な間違いをしたときには、要約欄だけを追加する「カラ編集」を行うことも可能ではあります。

省略形

上級ユーザ、特に沢山の編集をしている人は、時間の節約のためしばしば要約欄(およびログ)の記入に省略形を使います。例えば、"rv" は"revert" 、すなわち「差し戻し」の意味です。省略形は、不慣れな利用者には分かりにくいので、使用には慎重であるべきですが、体裁を整えたり、文法を直すといった小さな編集の場合には、一般的に問題ないとされています。要約欄でよく使われる省略形の一覧はEdit summary legendを参照してください。

Action summary

Protection or move actions also generate entries in page the history. This entry is also limited to 1000 octets, and consists of action descriptions and user provided comments.

Action descriptions, such as "moved XX to YY", is created from current system messages in site language. As a result, it is not localized by changing user interface language.

User comments, if long enough, can be truncated by the system. Then its longer version, which doesn't have to share 1000 octets with action summary, can be found in protection/move logs.

See also

External links


メディアウィキ・ユーザーズガイド - ヘルプ・ページ全部

一般的な利用法: 表示 | 検索 | 検索に使用できない単語 | URL | 名前空間 | ページ名 | セクション | リンク | リンク元 | パイプ付きリンク | 言語間リンク | リダイレクト | 変数 | カテゴリ | 画像ページ | 特別ページ
ログイン及びユーザー設定: ログイン | オプション | 外装の詳細設定
起稿・編集: ページの編集 | 新規ページの作成 | 画像/ファイル | 特殊文字 | 数式の書き方 | 表の作り方 | EasyTimeline | テンプレート | リダイレクト | ページの移動 | 編集用ショートカット | トークページ | 公開前のテスト | 関連ページの更新状況
改定追跡: 最近更新したページ | 拡張された最近更新したページ | リンク先の更新状況 | ウォッチリスト | 差分 | 履歴 | 要約欄 | ユーザの投稿記録 | 細部の編集 | 編集のパトロール

他プロジェクト: Wikibooks | Wikicommons | Wikinews | Wikipedia | Wikiquote | Wikisource | Wiktionary - Edit このテンプレートを編集