理事会

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to: navigation, search

ウィキメディア財団理事会は、財団を運営し、寄付の配分および勧誘を監理します。理事会はウィキメディア財団の最高議決機関です(規約(英文)第4章第1節)。

現在の理事会は8人の理事から構成されます。

現在のメンバーは以下のとおりです。

マイケル・スノウ[edit]

Michael Snow

マイケル・スノウ は、2008年2月に理事となり、2008年7月に理事長に指名されました。 彼は 2003年以来ウィキメディアプロジェクトに携わってきており、またThe Wikipedia Signpostという英語版ウィキペディアに関するコミュニティ・ニュースの創設者でもあります。 ドイツのプフレンドルフ二生まれで、現在はシアトル在住。弁護士であり、日本の法務博士にあたるJ.D.の専門職学位をワシントン大学で取得しています。

ジミー・ウェールズ[edit]

ジミー・ウェールズ、パリにて

ジミー・ウェールズはインターネット起業家、ウィキの熱烈な支持者で、また、ウィキペディアの創設者でもあります。

ジミーは1966年アラバマ州ハンツヴィルに生まれ、オーバーン大学とアラバマ大学に学びました。シカゴの先物オプション取引会社シカゴ・オプションズ・アソシエーツに調査ディレクターとして勤務しました。ウェールズはまたアイン・ランド客観主義哲学を高く評価しています。1990年代半ば、ウェールズはポップカルチャーに焦点を当てた検索ポータル、ボミスを開始しました。はじめてオープン・ディレクトリ・プロジェクトのフリー・ライセンスされたデータを利用した企業でした。

1999年にジミーはフリーで配布される百科事典の構想を持つようになり、ヌーペディアを設立しました。ヌーペディアのために哲学者ラリー・サンガーが編集長として雇用され、2人のプログラマがヌーペディアのためのソフトウェア制作に従事しました。ヌーペディアの失敗は、主にトップダウンの「伽藍方式」を取ったことにあります。これはウィキペディアの取る、徹底した「バザール方式」の対極にあるものです。ヌーペディア構想に2年間費やした後、コンテンツ作成補助のためにウィキペディアが設けられました。ウィキペディアはまたたく間に予想とは違った形で成功を収めました。そして、ヌーペディアは閉鎖されたのです。2003年、ジミーはウィキペディアやその姉妹プロジェクトの支援のために、フロリダ・タンパに非営利団体のウィキメディア財団を設立しました。

2004年には Wikia を設立しました。2005年中旬にはハーバード・ロースクールのバークマン・センター・フォー・インターネット・アンド・ソサエティ・フェローに任命され、2005年10月、ウィキの技術をビジネスに提供することを目的としたソーシャルテキスト (Socialtext) の取締役会の一員となりました。フロリダ州セント・ピータースバーグに住んでいます。


ヤン=バート・デ・フレーデ[edit]

Jan-Bart de Vreede

ヤン=バート・デ・フレーデは2007年1月14日よりウィキメディア財団の副理事長です。ヤン=バートは2006年にウィキメディア財団理事会に入りました。

ケニスネット基金 (Kennisnet Ict op School Foundation) 職員として、デ・フレーデは、なによりもウィキソフトウェアとウィキメディアプロジェクトの教育的利用の促進に力を尽くしてきました。ケニスネット基金はオランダの公益団体で、教育現場での情報コミュニケーション技術利用を促進する活動をしています。ケニスネット基金における仕事を通じて、デ・フレーデは2004年からウィキメディアに関わり、いままで3回のウィキマニアには発表者として参加してきました。

デ・フレーデは少年時代をほとんどオランダで過ごしましたが、スリランカ、モルディブ、ケニヤ、アメリカ合衆国にも住んだことがあります。デ・フレーデはロッテルダム経営大学院で経営学を学びました。


Domas Mituzas[edit]

Domas Mituzas

Domas Mituzas は2008年2月に理事に就任しました。彼は2004年からウィキペディアの技術部門にかかわってサイト・パフォーマンスと運営の向上に取り組んで来ました。MySQL AB (recently acquired by Sun Microsystems)のサービス部門のためにも働いています。その前には、彼はリトアニアそのほかのバルト諸国でネットワーク・サービスの構築に携わっていました。リトアニアのビリニュスに生まれ、現在もそこに住んでいます。


キャット・ウォルシュ[edit]

キャット・ウォルシュ

キャット・ウォルシュは活動歴の長いウィキメディアンで、ワシントンD. C.に近い米国ヴァージニア州ハーンドンの出身です。ウォルシュは現在ジョージ・メイソン大学ロースクールに在学中で、技術および知的財産法を専門にしています。

ウォルシュは2006年2月から8月まで、ウィキア社のコミュニティ・サポート・チームの一員として勤務していました。現在はウィキメディア財団のコミュニケーション・コミッティの一員となり、ウォルシュはたびたびウィキメディアプロジェクトに関する取材に対応し、寄せられるメールへの応対をしています。2005年10月に英語版ウィキペディアの調停委員に任命されましたが、理事就任に伴い辞任しました。ウォルシュはまたファゴット奏者でもあり、ステットソン大学より音楽学士を受けています。


フリーダ・ブリオスキ[edit]

Frieda Brioschi

フリーダ・ブリオスキ(30歳、イタリア人)はウィキメディア財団理事会に2007年7月に加わりました。ブリオスキはウィキペディアや他のウィキメディア・プロジェクトに2003年5月以来参加しています。2005年6月には国別協会ウィキメディア・イタリアの設立に関わり、設立以後、2007年9月まで理事長を務めてきました。ブリオスキは現在ローマに住み、プログラマーとして働いています。


Stu West[edit]

Stu West

Stu Westは、ウィキメディア財団理事会に2008年4月に加わりました。 彼には15年以上の財務経験があり、Yahoo!, TiVo, J.P. Morgan銀行部門を含む企業における上級管理職も経験もしています。彼はまた国連のU.S. Missionで仕事をしていたこともあります。イェール大学のB.A. in Historyでは20世紀の外交を、スタンフォードビジネススクールではthe Executive Program for Growing Companiesを専攻していました。米国と英国の国籍を持ち、現在はサンフランシスコの湾岸地域に住んでいます。

ティン・チェン[edit]

Ting Chen

Ting Chen は、ウィキメディア財団理事に2008年6月に選出され、翌7月に就任しました。 ティン・チェンは1969年に中国・上海に生まれ、中国北東部にある都市ハルビン市で小中学校時代を過ごしました。 1989年、ドイツ・ブラウンシュヴァイクで電気工学の勉強を始めました。彼は特に半導体とその物理学に関心を持っていました。1993年に卒業しドイツ・マインツでIT専門家として働いています。大学時代にGerman Fido-Netにかかわり、科学知識に関するフォーラムのモデレートを何年もしていました。彼はドイツ語版ウィキペディアのマイルストーンに関する2003年の報道を通じてウィキペディアを知り、それ以来、ウィキペディアが彼の新たな趣味となりました。まずドイツ語版ウィキペディアに参加し、すぐにまだできたばかりだった中国語版ウィキペディアに転じました。ドイツ・フランクフルトで開催された初回ウィキマニア(Wikimania 2005) ではパネルディスカッションで中国語版コミュニティの紹介を行いました。台北で開かれた第三回ウィキマニア(Wikimania 2007)の運営も手伝いました。


以前の理事会メンバー[edit]

アンジェラ・ビーズリー(2004年6月-2006年7月)
2003年2月よりウィキメディアのプロジェクトに参加し、最初のウィキメディア財団理事会の一員となりました。現在は諮問委員会委員長を務めています。ウィキをホストする事業を展開するウィキア (Wikia) の創業者、またコミュニティ部門副長であり、Wikis: Tools for information Work and Collaboration (2006) の著者でもあります。ウィキペディアに関わる前は、教育研究者、また児童評価法の研究者でした。
アンジェラは辞任するまで理事を務めました。後任は2006年9月26日に選出されました。
アンジェラについて: 英語版ウィキペディアの伝記 | Wikia, Inc.
マイケル・デイヴィス
マイケル・デイヴィスはウィリアムス・カレッジシカゴ大学に学びました。シカゴにある先物オプション取引会社シカゴ・オプションズ・アソシエーツの最高経営責任者を経て、現在はコミュニティに重点を置いたウィキを提供するウィキア (Wikia, Inc.) の最高業務執行責任者です。フロリダ州セント・ピータースバーグ在住です
マイケルについて: Wikia, Inc.
エリック・メーラー
エリックは2008年1月にウィキメディア財団理事会より財団副事務長になりました。エリック・メーラーは2001年よりウィキペディアに活発に参加しており、それをささえるMediaWikiにもさまざまな貢献をしてきました。メーラーはウィキメディアのプロジェクトのひとつ、ウィキニュースの提案をまとめ、提案の補訂のために投票を開催しました。ウィキメディアに雇用されるまえは、メーラーはフリーのジャーナリスト、ライター (Die heimliche Medienrevolution: Wie Weblogs, Wikis und freie Software die Welt verändern) であり、ウィキ関連ソフトウェアの開発プロジェクトのマネージャーでした。コンピュータ科学の学位を得ています。ウィキメディアでの活動以外には、フリーコンテントやフリーソフトウェア活動の促進し、知的財産権法の利害調整をはかっています。ウィキメディア財団で地位を得ている間、メーラーはベルリンに居住しています。
エリックについて: ユーザ・ページ
ティム・シェル
ティム・シェルはインターネット起業家で、ウィキペディアに典型的に現れる自己組織化と脱中心的秩序に関心をもっています。1996年にはコンピュータ科学の学位を取得するべく勉強中でしたが、進路を変更してビジネス界に入り、ジミー・ウェールズとともにボミス社を旗揚げしました。シェルはかつてシカゴ、フロリダ、サンディエゴに住んだことがあり、現在はラス・ベガスに住んでいます。2006年12月15日、シェルは理事を辞任しました。
シェルについて: 英語版ウィキペディアの伝記
オスカー・ファン・ディレン 
オスカー・ファン・ディレンは、ウィキペディアをはじめとするオランダ版プロジェクトで編集者・ビューロクラットとして活動しています。ファン・ディレンはまた2005年5月からスチュワードとなり、多言語のいろいろなプロジェクトを支援しまた助言を与えています。ファン・ディレンはウィキメディア・スペシャル・プロジェクト・コミッティーの一員でもあり、財団の助成金獲得・拡大のための努力の監督・他の団体との協力関係の推進などに携わっています。ファン・ディレンは音楽家・作曲家であり、ワールドミュージックの作曲理論やジャズ理論をロッテルダム音楽院ジャズ・ポップス・ワールドミュージック部門で教えています。
ファン・ディレンについて: 英語版ウィキペディアの伝記, ユーザ・ページ
フロランス・ニバル=ドゥヴアール(2004年6月-2008年6月)
2006年10月21日に理事長に選出され、任期満了まで務めました。
フロランスはフランスのヴェルサイユに生まれ、グルノーブルで育ち、それ以来幾つかのフランスの都市、ベルギーのアントワープやアメリカ合衆国アリゾナ州テンピ(フェニックス郊外)に住んだ経験をもちます。フロランスは農学技術者 (ENSAIA) であり、遺伝学および生物工学で DEA(専門研究課程《博士課程第1年度》修了証書、農業工学分野)を取得しています (INPL)。一番目に花植物の遺伝的改善、二番目に汚染土壌の生物的環境浄化の可能性について微生物学の公的研究に従事しています。つい最近まで、フランスのある会社に勤務し、持続可能な農業についての意思決定ツールを構想する仕事に従事していました。ウィキペディアには2002年2月から関わり、ハンドル Anthere で活動しています。フロランスは現在39歳で、クレルモン・フェランに住んでいます。家族は夫ベルトランと3人の子ども、10歳のウィリアム、8歳のアンヌ=ガエール、2006年に生まれたトマの4人です。
フロランスについて: 英語版ウィキペディアの伝記, ユーザ・ページ


Template:IndexJa



歴史[edit]

理事会誕生当時[edit]

組織図も参照のこと)

see also Organization chart

ウィキメディア財団の最初の発表は、財団の規約(第4条)に従って5人の理事が財団を構成する、というものでした。

当初の理事会(第4条、2.2)は、Bomisの役員3名と、選挙によって選ばれたウィキペディアン2名の、合計5名からなる以下の構成です。

  • Jimbo Wales, ウィキペディアの創始者、財団の終身会員 (Founder of Wikipedia and designated life member)
  • Michael Davis, 理事 (trustee) 
  • Tim Shell, 理事 (trustee)
  • Florence Nibart-Devouard, 理事、会費納入ユーザ代表* (trustee, contributing user representative)
  • Angela Beesley, 理事、ボランティアユーザ代表 (trustee, volunteer user representative)
  • *訳注:会費納入会員は年会費を納めるウィキメディア財団の会員 (member)、ボランティアユーザはウィキメディア・プロジェクトの参加者で、年会費を納めず、かつ財団会員となる意思を表示した者である。しかし当初の理事会を選出した時点では会費制度は発足しておらず、実際の選挙では、二つのユーザステータスは区別されなかった。次段落も参照のこと。

選挙によって選ばれた理事2名は、それぞれボランティア会員(volunteer member)と会費納入会員(contributing member)の中から選ばれました(規約第4条2項3)。この選挙は2004年6月に行われたものでWikimedia-wide elections(英語)で見ることができます。この選挙では、ウィキメディア財団のプロジェクトにアカウントを持つ参加者で、投票開始時点より90日以内に少なくとも1件の編集を行った者全てを有権者とし、2人の選挙委員(ImranDanny) によって監視されました。

理事の中から、以下の役員が理事の互選により選出されます:理事長、副理事長、書記、財務担当(第5条)。

理事会は、ウィキメディア財団の最高権威にあたります(4条1項)。理事会は財団の活動について支持を与える権限を有しています。また、会費、処罰、会員資格の取り消しなどを定める権限(第3条)、定款を変更する権限を有しています(第6条)。

理事会は委員会を設置し、権限を委託することができます。(4条3項)。現在のところ、ウィキメディアプロジェクト管理委員会(Wikimedia Project Governing Committees)についての提案があり、運営方針や参加者間の紛争などについての権限を各プロジェクトに委任する提案がなされています。


関連する議論[edit]

これまでの議論[edit]

現在進行中の議論[edit]