コミュニティ資源/助成金戦略再起動2020-2021

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Community Resources/Grants Strategy Relaunch 2020-2021 and the translation is 69% complete.
翻訳にご協力願えますか?未訳のメッセージを翻訳してください。

助成金戦略の再始動
2020年 - 2021年

助成金戦略再起動の提言 発表者はコミュニティ資源チーム部長 Kassia Echavarri-Queen

コミュニティ資源チームは運動戦略の方向性に準拠しているか、活発な運動を築き公平性を備えているか確かめるため、現状の助成金を見直しています(年次助成金 簡易型プロジェクト随時)。

助成金事業の新たなモデルを学んで取り入れ 運動のより広範な資源配分のニーズに応えていく所存です。 助成金戦略におけるこれらの変革の提言はハブならびにグローバル評議会関連のより広い組織統治の変更を視野に入れていないものの、これらの進行中の対話も支援していけたらと望みます。

We are examining:

  • Our role as a team to support communities and the movement
  • Our programs to understanding the needs we are currently addressing, and what elements need to be incorporated to achieve the strategic direction
  • Our processes - applications, reporting, metrics, funding criteria, and participatory decision-making processes and their alignment with equity

予想される成果

この聞き取り調査の時期を終えるときには、運動戦略の方向性と知識の公平性とサービスとしての知識の提供という優先課題に沿ってた助成金事業としてその目録(ポートフォリオ)がもっと理解しやすくなることを目指します。これは作業を繰り返す過程ととらえており、評価と学習、習得を重ねていきます。

協議が終了するまでの期間に、以下の質問に対する答えが得られる見込みです。

  • What should the role of the Community Resources team be in supporting grantees?
  • How are Wikimedia Foundation grant programs changing and for what purpose?
  • Across grant programs, what changes need to be made to our processes to ensure equity?