Wikimedia Foundation Board noticeboard/February 2020 - Board of Trustees on Movement Strategy/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎русский • ‎العربية • ‎বাংলা • ‎日本語

ウィキメディア財団理事会は今般の会合(2020年2月12日)において、運動戦略勧告を査読し協議しました。当該プロセス全般に関与し注視してきた背景があり、それでも直近の協議は勧告を深く掘り下げることにより、戦略の方向性、知識の公平性ならびにサービスとしての知識という目標との整合性を確かめる機会となりました。これらの勧告により、運動の将来にもたらされるであろう変革の確かな可能性を思うにつけ、興奮を覚えずにはいられません。

これら勧告が目指そうとするものは実に驚くべきことです。大胆に公開し地球規模で誰も取りこぼさないプロセスで進める協働作業はなかなか目にする機会がなく、難しかったり複雑だったりする点はあるものの、これこそ最善の取り組み方です。成果物同様、その道のりが重要で — ウィキメディア運動の将来図を共に描くにつき、共通理解を築き信頼を育む機会となります。すでに運動戦略プロセスを通じて、透明性と地球規模の協働作業、集団としての思考、誰も取りこぼさない意思決定についていくつも学びがありました。今後、複数年にわたって続く協働作業にも、ぜひこれらの学びを活用していく所存です。

We welcome the overall direction of the recommendations and the opportunities they present for overcoming enduring challenges, bridging gaps in the movement, and creating enabling environments for strategic growth, resilience, and diversity, within established communities and among new ones. The recommendations provide us with many practical ways to move forward and a robust basis for change at a level that allows flexibility for further discussions and local adaptation. The Board has welcomed many of the recommended ideas, such as upgrades to our technical infrastructure, support systems for increasing local capacity, inclusion and equity in access to resources and decision-making, community growth and health, providing training and skills improvement for the future community leaders, and the urgent support needed for better coordination, documentation, research, and evaluation. We have also provided guidance for improvement, sought clarity in certain areas, and have requested additional content from the writers so the recommendations can be refined and finalized. We look forward to reviewing and approving the final recommendations in late March 2020.

なかでも長年にわたり運動のあらゆる場所から懸案事項として提言され続けたのが安全と安心の向上であり、そのイニシアティブに賛同し承認するため力を尽くし、さらに断固たる手法によって嫌がらせ行為対策にあたります。理事会は「ユニバーサルな行動規範」と、その戦略方向性の達成において必要不可欠で根源的存在であるコミュニティとの協働作業を通じて開発することについて、全会一致で承認します。

もちろんこれらの作業を成し遂げるために尽力された皆さんにも、感謝を申し上げなければいけません。さまざまな利害関係者が戦略をめぐる協議に参加され、私たちの素晴らしい運動のいろいろな部分のつながりにより — 新興や準備中のコミュニティは言うに及ばず — 成長の芽がどこにあるか、隠れていた困難の顕在化、共通のバリアを克服する方法の割り出しが進んでいます。これほどユニークな試みに運動のあちこちから飛び込んで来られた皆さんに、またその道筋で手を貸してくださった皆さんに謝意を表します。ボランティアやコミュニティ参加者は戦略案の策定に貢献され、理事や職員として提携団体ならびに当財団に関わる人々、コミュニティのまとめ役、賛同者、パートナー組織や同じ志をいだく諸団体にお礼を申し上げます。すべて熱心な取り組みの賜物であり、誠意あるご尽力をたたえたいと存じます。

将来に待ち受ける変革を思うと胸が高鳴りますし、これまで戦略立案段階をつづりあわせてきた熱意、信頼醸成、協働作業の精神が勢いを保ったまま行き交い、今後の実施段階でも一本の糸として伸び続けるよう、コミュニティの皆さんのますますのご活躍をお願いいたします。

理事会を代表して, Raystorm (talk) 16:00, 28 February 2020 (UTC)