Wikinews/License/Ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
Wikinews
Policy
Local policies
Accreditation
Coordination
Forum
IRC
Appearance
Wikinews.org template
Wikinews on Commons
Launching
Language proposal policy
Requests for new languages

Translation: de - en - it

このページは先立つ討論やWikinews/License straw pollにおける投票と新たな投票に向けたWikinews/Licensure Pollでの新たな投票に先立ちウィキニュース用のライセンスのための討論を収集するのに使われました。

投票は現在終了しています!結果はWikinews-lに載りました。終了時の投票数は、Wikinews/Licensure Poll/Resultsにありました。ウィキメディア財団は9月25日に全ウィキニュースにCC-BY-2.5ライセンスを施行することに決しました。

独創的なコモンズ[edit]

帰属[edit]

論争:

  • GFDLを伴う一方的な適合性(CC-BYコンテンツはGFDLコンテンツに含まれます)。
  • どんな可能性のある改良でもウィキニュースに含まれるには遅すぎるようなものであるとはいえ(そしてあり得なくても著作権を侵害することなく含まれることを認める自然の)投稿者を最大化します -- コピーレフト効果は、対象となる聴衆が縮小する効果はありません。

同様に分配する[edit]

論争:

  • 現時点では両方は相容れないが、将来はGDFLを伴う共有できる方法になるかも知れません。

誰に帰属するか[edit]

2.5現在、クリエイティヴコモンズライセンスCC-BY(帰属)やCC-BY-SA(帰属と「同様に分配する」、例えばコピーレフト)は、ある作業の担当者として実在するものを(例えば「ウィキペディア」や「ウィキニュースコミュニティー」)をデザインするのを可能にしています。例としてCC-BY 2.5を参照してください。このものはこうしたものを使用する(例えば「原本の作者」のみに帰属する)ことに対する主要な論戦の一つを除去しています。しかし、誰に帰属すべきでしょうか。ウィキメディアです。

原本の作者[edit]

ウィキニュースコミュニティー[edit]

論争:

  • ウィキニュースの独自性と検索エンジンのランクを強化し、コミュニティーから追放されることのないようにします。
  • 法的な実体ではなく、よって可能ではないかも知れません。

ウィキメディア財団[edit]

論争:

  • 法的な実体、従って確実な可能性

GFDL[edit]

論争:

  • GFDLを伴う二方向の適合性

パブリックドメイン[edit]

論争:

  • 幾つかの国では著者が「同義的権利」(特に帰属)を放棄できない為に法的に存在しない。
  • 法的に可能なら(例えばクリックスルーが十分でないかもしれない)承諾するのは難しい可能性がある。
  • 帰属を必要としない -- このことはグーグルランキングを押し下げるかもしれない、あるいは剽窃に導くかもしれない(しかし上記の同義的権利問題を参照されたい)。
  • 機能していると分かるライセンス問題を除去し、著作権法の理解なしにフリーシェアを促進する。

目的に適った利用法[edit]

論争:

二重ライセンス[edit]

GFDLとCC-BY-SA[edit]

論争:

  • 一方通行の適合性を認めるとはいえ、CC-BY-SAの優位性(例えばGFDLテキストにおけるウィキニュースストーリーの利用)

BSDとBSDのようなもの[edit]

論争:

  • 簡素でライセンスは制限などを簡潔に含み容易に理解できるものである。
  • 制限は殆ど置かず、コンテンツの再利用を推奨できる。
    • BSDや異なるライセンスは、「下流に」加えられる更なる制限を認め、「盗作」問題を理解したが、元の無料コンテンツは、常に得られることになる。