文書参照主義

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Transclusionism and the translation is 100% complete.
Other languages:
コミュニティ
反ウィキ
衝突駆動視点
似非コミュニティ
ウィキ文化
ウィキ心
ウィキ過程
The wiki way
ウィキ進化論
権力構造
ウィキ無政府主義
ウィキ官僚主義
ウィキ民主主義
ウィキ民主政治
ウィキ独裁主義
ウィキ連邦主義
ウィキ階級主義
ウィキ実力主義
ウィキ衆愚政治
ウィキ個人主義
ウィキ寡頭主義
ウィキ金権政治
ウィキ共和主義
ウィキ懐疑主義
ウィキ技術政治
共同作業
反派閥主義
派閥主義
社交
外部百科主義
内外中庸百科主義
メタ百科主義
全体的なコンテンツの構造
文書参照主義
反文書参照主義
分類主義
構造主義
百科事典の規格
削除主義
削包中庸主義
排除主義
包摂主義
明解主義
情報価値
本質主義
漸進主義
記事の規模
統合主義
分割主義
正確さ水準
到達主義
即座主義
その他
反超ウィキペディア主義
メディアウィキ主義
新削除主義
超ウィキペディア主義
分散ウィキ主義
ウィキ分離主義
転送主義

文書参照主義(英語: transclusionism)とは、大部分が重複するコンテンツはあるページから他のページへと文書参照されるべきだ(つまり、元のページ変更が反映されるように、テンプレートを介して直接挿入される)という哲学である。この哲学を信奉する利用者は文書参照主義者と呼ばれ、同様のコンテンツをコピー&ペーストすることを好む反文書参照主義者と対立する。

文書参照主義者はそれが統合の目的に役立ち、コンテンツをより容易に、より少ない編集作業で更新できると主張する。それは「同じことを繰り返さない」というソフトウェア開発の原則に従う。

欠点は主に、ウィキテキストの複雑さをわずかに増加させ、理想的なページの状態がほんの少し異なる箇所で、小さな微修正をできなくする可能性があることである。これらは通常、クリーンコーディング、適切な文書、カスタマイズ性のために必要な パラメーターの導入によって対処できる。

excerptswrappersの使用など、文書参照にはいくつかの方法がある。