ウィキメディア財団選挙/2022年/候補者/Lionel Scheepmans

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Wikimedia Foundation elections/2022/Candidates/Lionel Scheepmans and the translation is 100% complete.

Lionel Scheepmans (Lionel Scheepmans)

Lionel Scheepmans (talk meta edits global user summary CA  AE)

候補者の詳細
  • 自己紹介:
    • 名前: Lionel Scheepmans
    • 居住地: Belgium, Wallonia (French part)
    • 言語: French (native), English, Portuguese.
  • 活動:
    • ウィキメディア参加時期: 2008
    • 活動中のウィキ: en/fr.Wikiversity, fr-Wikibook, commons and Wikipedia.
自己紹介/立候補の動機まとめ
この欄は翻訳対象(原文150単語以内)
私は候補者ではありますが、コミュニティーの関係者や関心あるメンバーと共に組織的な決定を行うのではなく、選ばれた少数に力を与えるエリート主義的なプロセスを取ることには反対です。ウィキメディアのプロジェクトの理事と同様、財団の理事もまた、コミュニティーによって出された決定を認可し、実施できるものと私は考えています。

my study of the Wikimedia movementから、私たちの使命である知識の共有にとって、資金が多すぎることは有害になるとも、私は論じさせてもらいます。資金が多すぎるということは、つまり 編者に負担を強いることで職員の数を増やしているということであり、一方で財団に資金を提供している人たちが、プロジェクトに対し時間を捧げてくれる可能性は低いものです。

大多数がリモートで働いている600人以上の職員が居る状態では、財団の経営は難しいものとなっています。理事会を拡大する代わりに、職員を減らしたり、現状でもメディア受けが良くない資金調達を減らしたりする方が良いように思われます。

ウィキメディア・プロジェクトへの貢献、ウィキメディアの組織または提携団体の参加、ウィキメディア運動の活動主催者、またはウィキメディア運動と同盟する組織への参画。
(100 単語以内)
First edit in 2008, admin on Wikiversity since 2015. Founding member of Wikimedia Belgium and board between 20. Studying the movement since 2011.
理事会が必要とする分野の技術に優れていること。
  • 組織のための戦略と運営について
  • エンタープライズ-レベルのプラットフォーム技術かつ/またはプロダクトデベロップメント
  • パブリックポリシーと法
  • ソーシャルデータサイエンス、ビッグデータ分析、機械学習

(最大150 単語)

Digital-anthropology, socio-political PhD student, financial analyses, free and open source software and free license user and supporter. Much more information available on my Wikimedian contributor page.
世界各地での生活体験。アフリカ、南アジア、東アジア・南東アジア・太平洋、ラテンアメリカ・カリブ海の各地域での体験を特に必要としています。これらの地域での経験は、より公平な参加という運動戦略の目標を達成するために、理事会の能力を伸長させるはずです。同時に、他の経験も重要な貢献をもたらすと認識しています。
(最大250 単語)
I'm finishing my PhD thesis about Wikimédia movement (read in French, read in other languages). I have a 10 years old son and a long personal experience of social care and the stigma it brings. Since 2011, I have been devoting most of my time to studying the Wikimedia movement, which I consider to be a social experiment that is very much ahead of its time in terms of awareness of the issues and possible solutions to the challenges facing our global and digital society.

I can also give a hand to the board concerning issue about inclusion and representativity in the movement. I would also like to put volunteering back at the centre of the movement instead of institutional and financial development. I am in favour of consensus, drawing lots and direct, participatory democracy within the movement and I can help the movement to evolve in this direction.

母国語以外の地域や言語に対する文化的・言語的な流暢さ。異文化を理解することは、多文化社会における架け橋となります。
(最大250 単語)
French native speaker, I can survive in English, and I'm comfortable with Portuguese. In writing contexts, Deepl.com is my best friend ...
すべての人にとって安全で協力的な場を作るための、提唱者としての経験、および/または検閲、抑圧、その他の人権に対する攻撃を受けた状況や文脈での経験。
(最大250 単語)
I have the privilege of living in a country that is quite respectful of human beings and their freedom of expression and way of being. But I struggle personally and daily to be able to live without proprietary software (including in the Wikimedia movement), to pollute our environment as little as possible and to produce the minimum amount of greenhouse gases. I also struggle to free myself from the grip of money and employment that makes us part-time slaves of an immoral and dehumanized economic system.

By writing my PhD thesis on Wikiversity and comparing the university system to my observations within the Wikimedia projects, I also hope to open a debate about the democratization of science within the human community by challenging some privileges and dysfunctions of the social sciences. Including in the Wikimedia movement, I try to show the way to another way of producing knowledge outside the Wikipedia project, whose editorial rules do not allow a fair representation of knowledge.

権力構造において歴史的に差別や過小評価に直面してきた集団(カースト、人種、民族、肌の色、出身国、国籍、性自認、性表現、性的指向、年齢、宗教、言語、文化、教育、能力、収入、環境など)に関連した(あるいはその一員として共有したいと思う範囲の)経験を有する。
(最大250 単語)
As I'm facing to dysorthographic and dyslexic troubles, and because I've been most of the time of my life social assistance recipient, refusing to be submitted as an employee, I've experienced a lot of stigmata in my life.
確認 確認は選挙管理委員もしくはウィキメディア財団職員によって実施されます。
立候補資格: Artículo bueno.svg 確認済み
確認者: Matanya (talk) 08:55, 17 May 2022 (UTC)Reply[reply]
身分証明:
確認者: ?