技能の貸し借りプロジェクト

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
This page is a translated version of the page Capacity Exchange and the translation is 100% complete.
技能の貸し借りプロジェクト用ロゴ

技能の貸し借りプロジェクト(略称CapX)とはローカルの技能開発をグローバルに取り組むもので、対象はウィキメディア運動に属すグループ、趣旨は運動に貢献することです。ピアとピア(仲間同士)を結び、知識共有の社会技術のプラットフォームを確立し、コミュニティに根ざした能力開発を持続的に可能にします。("※"=The Capacity Exchange。)

社会技術の解決策

当プロジェクトの趣旨とは、方法論を確立してサービスを立ち上げることです。相互に技能を開発し合う構造を、グローバルにもローカルにも築きます。意図する相互作用のプラットフォームはオンラインに設け、ウィキメディアンの皆さんは自分自身、その提携団体(国・地域別協会や利用者グループ)も非公認グループも、情報を公開してください。また情報を探したりアクセスしたり、相互につながることもできて、それには各ウィキの精神とウィキメディアの運動戦略が反映されます。

プロジェクトの背景

当プロジェクトは2021年設立。第1期(2021年–2022年)の牽引役はボランティアの作業グループで、主にヨーロッパに本拠を置くウィキメディアンの皆さんを中心にコンセプトの設計、構造、プラットフォームの試作によってイニシアティブを進めました。2022年にプロジェクトの拡大が始まり、活動はローカルから跳躍してグローバルな南の各地のコミュニティに呼びかけ、新興グループに働きかけてきました。

当イニシアティブの2期目(2023年–2025年)の管理運営チームウィキメディア運動ブラジル協会を本拠とし、国際的な諮問委員会の助言を受けつつ運動戦略施行助成金を受給しています。

CapXを助けたいですか?
関心がある人として名簿に登録

ユーザーページにユーザーボックス{{CapXsupporter}}を追加する。.
This user supports the Capacity Exchange project.