Wikimedia Foundation elections/2021/Candidates/Raavi Mohanty/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Wikimedia Foundation elections/2021/Candidates/Raavi Mohanty and the translation is 72% complete.

ラーヴィ・モハンティ (Raavimohantydelhi)

Raavimohantydelhi (talk meta edits global user summary CA  AE)

候補者の詳細
ウィキメディアンのラーヴィ・モハンティ
  • 自己紹介:
    • 名前: ラーヴィ・モハンティ
    • 居住地: ニューデリー、インド
    • 言語: 英語、ヒンディー語、オリヤー語、パンジャーブ語
  • 活動:
    • ウィキメディア参加時期: 2015年
    • 活動中のウィキ: en.Wikipedia, Commons, hi.wikivoyage.org, en.wikiversity.org, en.wikivoyage.org, pa.wikipedia.org, hi.wikipedia.org, Wikidata, Mediawiki, Meta.Wikimedia, (13プロジェクト)
所信表明 (450語以内) マルコムXの「教育こそが未来へのパスポートだ。明日という日は、今日準備をする人のものである」という言葉を借りれば、テクノロジーは人類の文明を情報革命の頂点へ導き、インターネットは、質の高い教育を受ける機会がエリートに独占されたり、富裕層の要件にはならないことを確かにしたと言えます。技術の成果が、社会の貧困層にもたらされる時が来ました。ウィキペディアが、その中で大きな役割を果たすことができると確信しています。

教育は、現代社会における要といえます。平和な共生社会に性別、人種、宗教に偏見を抱くことなく貢献するには、文化、歴史などの重要な側面を学ぶ必要があります。インドのような国では、教育は男女平等と女性の地位向上を実現するために不可欠となっています。 無償教育の機会が、人々に自らの権利を意識させ、社会的・経済的権利に関する知識を与えることができるのです。 インドにおいて、教育を受けていない人々からの搾取は悲痛なものです。

無償教育は、現代のグローバル社会の構築に不可欠です。ウィキペディアの記事は、人々に世界各国の歴史や文化について知識を養わせます。人々が互いの文化と歴史を学ぶことは、私たちと後世の人々にとって理想的な社会の到来を告げると考えています。

インターネットは、ボーダーレスな世界を実現するための絶好の機会を提供してくれます。現代を生きる私達は、人対人レベルでのアイデア交換を大規模に行うことができる最初の世代です。アイデアはほんの数分で世界のある場所からある場所へ伝わっていきます。民主主義や人権という理論は、今や世界で最も到達し難い地域へも伝播して然るべきです。さらにこれらの理論は、透明性のある方法で伝えられることができるのです。

ウィキペディアの編集者であることは、社会に対して何か貢献することを可能にしてくれています。国内の様々な地域の人々と交流するごとに、抑圧された人々を育成していくことに対して私ができる最大の貢献は、言語の壁を超えて全ての個人に対して知識を伝えていくことであると考えるようになりました。より多くの地域言語の書き手が参加することで、目標をより早く達成することができます。無償の普通教育は、後世への最大の贈り物です。ネルソン・マンデラが言ったように「教育とは、世界を変えるために使うことのできる、最も強力な武器である」のです。

理事会の上位三優先事項 1. スキル向上に関する話題に更に焦点を当てるべきと考えます。

2. 教育水準の高くない人々でも理解が容易になるように、映像やイラストも提供されるべきと考えます。

3. 地域的な需要に関係したトピックに焦点を当てるべきです。例として、ココナッツに関する情報への容易なアクセス(歴史、栄養価、真偽、市場需要など)が挙げられます。

ウィキメディア運動戦略の上位三優先事項 1. 私は、誰もが無償の知識へアクセスできるべきだと考えています。

2. 女性中心のトピックをウィキメディアへ更に追加するべきです。

3. 地域言語での書き手が更に集められるべきです。

確認 完了した確認作業
立候補資格: Artículo bueno.svg 確認済み
確認者: Matanya (talk) 20:43, 1 July 2021 (UTC)
身分証明: Artículo bueno.svg 確認済み
確認者: Joe Sutherland (Wikimedia Foundation) (talk) 01:22, 1 July 2021 (UTC)
理事評価フォーム
理事評価フォーム
経験年数
<1 1–2 2–5 5–10 10+

ウィキメディアにおける経験 候補者には、ウィキメディア運動への献身的な貢献者であることが求められます。要件を満たす貢献には以下を含みます:ウィキメディア・プロジェクトへの貢献、ウィキメディア財団や提携団体の構成員であること、ウィキメディア運動の取りまとめ役としての活動、もしくはウィキメディア運動の協力組織への参加。

5-10 5-10 years of experience, I have been with Wikimedia Movement since 2015. I contributed thousands of quality edits globally in English in 13 Wikimedia projects. My maximum contributions are in the Wikipedia project in the English language and have been honored with BarnStar, BarnCompass, and Barnstar of National Merit. Besides, I worked on articles for Indian regional languages. Always I tried to discover missing information in our projects. Participated, supported, and organized the WMF International conference in India. Tightly connected with Hindi, Odia, Punjabi, Sanskrit, and other communities. Successfully conducted Tiger project in India to train and engage new editors. Also implemented outreach programs in institutions.

理事としての経験 候補者が、全国的もしくは世界的な組織(非営利、営利、もしくは政府)において理事や取締役などを務めたことがあるか。

10+ Years I have 25 years of golden experience as Director, & CEO in an SME in India. Managed many technical, financial, and operational strategies until retired. Worked on the govt projects collaborated with the world's topmost IT brands like Google, Intel, IBM, & Dell. Implemented several AI, & ML technologies across the world. Experienced in making strategies and roadmap to build a working system.

役員経験 候補者が、規模、複雑性、活動範囲においてウィキメディア財団に匹敵するかそれを上回る規模の組織、部門もしくはプロジェクトにおいて役員を務めたことがあるか。

Yes, I worked with many small projects to gear up education, digital or internet-based training programs for rural people.

内容領域専門性 候補者が、ウィキメディア財団と理事会の活動に関連する分野において働いたか、もしくはかなりのボランティア活動を行ったことがあるか。これらの分野は毎年決定され、グローバル運動の構築やコミュニティの組織化、企業レベルのプラットフォーム技術と製品の開発、公共政策と法律、知識分野(例:学術/GLAM/教育)、人権と社会正義、オープンインターネット/フリー・オープンソースソフトウェア、組織戦略と運営、財務と財務監督、非営利の資金調達、人材管理、理事会のガバナンスのような分野を含みます。

IT - Over 20 years of experience in software development, Server Integration with over 5 years of experience in AI, ML, and NLP kind of application development and implementation.

Managed hundreds of corporate clients following Indian Company Acts and policies. Executed several facilitation centers and brand awareness campaigns across the world.

Volunteered in Govt educational project Vidyanjali with Intel corporation. Educated tens of thousands of students in India.

Under an Indian project Umeed, implement a non-voice contact center to empower rural Indian people locally. Provided IT education and certification with scholarships to all deserving students.

多様性:経歴 候補者が、権力構造の中で歴史的差別や低代表に直面してきた集団に属しているか、属していたか(例えば、性、人種、民族、障害、LGBTQ+、社会階級、経済的地位、もしくはカースト)

いいえ

多様性:地理的 候補者が地理的な居住地域に基づき、理事会の全体的な地理的多様性に貢献するか。

はい

But, I work globally.

多様性:言語 候補者が、英語以外の言語のネイティブスピーカーであるか。

はい

多様性:政治システムの経験 候補者に、非民主的・検閲国家・抑圧的な状況において長く居住もしくは就労した経験があるか。

いいえ