抽象ウィキペディア/概要

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Abstract Wikipedia/Summary and the translation is 100% complete.
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Scots • ‎Türkçe • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎português do Brasil • ‎română • ‎svenska • ‎українська • ‎العربية • ‎ไทย • ‎日本語 • ‎한국어
これは、関数ウィキの開発計画の一部です。

抽象ウィキペディアでは、 “抽象的コンテンツ “が、コミュニティにより直接編集でき、言語に依存しない形式で表されます。 ローカルウィキペディアはアクセスして(抽象ウィキペディアからの) “抽象的コンテンツ “を使って、ローカルに独自管理されているコンテンツを充実させることができます。 このように、ウィキペディアのローカライズ版は、ほとんどのローカルウィキペディアが提供できるものよりもはるかに少ない労力で、はるかに多くのコンテンツを読者に提供できます。

自然言語生成の分野における研究結果とプロトタイプを考えると、残念ながら、言語に依存しない“抽象的コンテンツ“からの自然言語生成には“チューリング完全”システムが必要です。 しかし、ウィキペディアがカバーする必要のある言語の数をカバーするために、このシステムはクラウドソーシングされなければなりません。 したがって、私たちはWikifunctionsを導入します。これは、“関数“のオープンライブラリ(またはリポジトリ)を作成、カタログ化、および維持するためのプロジェクトであり、多くの使用事例が考えられます。

その主な使用例は、ウィキデータで利用可能な言語的およびオントロジー的知識(あるいはウィクショナリーやウィキスピーシーズなどの他のウィキメディアプロジェクトからのデータを含め、ウィキペディアで使用可能な適切なライセンス要件を持つ他のオープンデータソースからの知識)を使用して、言語に依存しない“抽象的なコンテンツ“を自然言語に変換する“レンダラー“(つまり、Wikifunctionsでホスト、あるいは参照される関数の一部)の開発です。

プロジェクトは、Wikifunctionsのプロジェクト作成から始まり、抽象ウィキペディアの作成を可能にするためにこれを使用します。 Wikifunctionsは1年以内に立ち上げられ、2年目に抽象ウィキペディアの開発が追加されます。 2年後、言語に依存しない“抽象的なコンテンツ“の作成と維持、そしてウィキペディア内でのこのコンテンツの統合を可能にするエコシステムを作成し、多くの個々のウィキペディアの網羅性、最新性、および精度を大幅に向上させます。 これは、誰もが全ての知識の総体を共有できる世界に劇的に近づけるでしょう。

関数ウィキの名前に続きます。