ウィキメディア財団理事会ノーティスボード/2022年4月 - 2022年と2023年の理事席について

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search

ウィキメディア財団理事会は、ウィキメディア財団を指導・監督しています。財団と理事会の双方でリーダーが交代したため、継続性と安定性をいかに維持するかを議論しました。その結果、理事会の拡大に関する以下の決議事項に合意しました。

決議事項: 2022年に、期限切れとなる提携団体選出の議席を埋める選挙を実施し、2023年に理事会拡大の必要性を再検討します。

2020年、集団としての多様性、専門性、能力を高めるために、理事会の議席数を拡大しました。同時に財団の変化に伴い、安定的で一貫したガイダンスを提供する必要性も認識しました。

昨年末にコミュニティから選出された3名の理事に加え、理事会選出の新理事が加わり、さらに提携団体選出の2席が今年任期満了となるため(コミュニティと提携団体の合計6席中5席が流動的)、新しい理事を迎え入れるための時間を理事会に与えることが重要であると判断しました。このため、任期満了となる2議席の選挙を2022年に実施し、2023年に理事会のさらなる拡大の必要性を再検討します。これにより、集団として統合し、新CEOとより強力なパートナーシップを構築するための時間を確保した上で、さらなる理事会の能力が必要であれば、具体的に決定することになります。

Governance Wikiで詳細をご覧ください。

決議事項: Nataliia Tymkiv氏を理事会選出の議席に任命し、理事会議長としての残りの任期を務めることができるようにする。

当財団の細則によれば、ウィキメディア財団理事会には、コミュニティと提携団体から選ばれた理事、理事会から選ばれた理事、そしてコミュニティ創設者がいます。[1][2] 理事会は、理事会議長のNataliia Tymkivを理事会選出の議席に任命し、理事会におけるコミュニティの存在を強化しつつ、彼女が3年の理事長任期を全うできるようにしました。これにより、空席となったNataliiaの席には、コミュニティでの経歴を持つ理事がもう一人加わることになり、2022年の総数としては、コミュニティや提携団体から選ばれた6席、理事会から選ばれた5席(うち1席はNataliia)、コミュニティ創設者の席が設けられることとなります。理事と現任期の一覧は以下の通りです。

理事 席の種類 現在の任期 (任期が満了する順)
Shani Evenstein Sigalov 提携団体選出* August 15, 2019 - September 1, 2022
Nataliia Tymkiv (議長) 提携団体選出* August 15, 2019 - September 1, 2022
Raju Narisetti 理事会選出 September 1, 2020 - October 1, 2023
Esra'a Al Shafei 理事会選出 September 1, 2020 - October 1, 2023
Tanya Capuano 理事会選出 September 1, 2021 - September 1, 2024
Dariusz Jemielniak コミュニティと提携団体選出 October 13, 2021 - November 1, 2024
Rosie Stephenson-Goodknight コミュニティと提携団体選出 October 13, 2021 - November 1, 2024
Lorenzo Losa コミュニティと提携団体選出 October 13, 2021 - November 1, 2024
Victoria Doronina コミュニティと提携団体選出 October 13, 2021 - November 1, 2024
Jimmy Wales コミュニティ創設者席 September 1, 2021 - November 1, 2024
Luis Bitencourt-Emilio 理事会選出 January 1, 2022 - January 1, 2025

*残りの提携団体選出の議席は、2020年の規約変更に基づいて、コミュニティおよび提携団体選出の議席に移行する予定です。

Governance Wikiで詳細をご覧ください。.

決議の意義

  • 2022年の残りの期間の理事会の構成は、コミュニティと提携団体から選ばれた6席、理事会から選ばれた5席、およびコミュニティ創設者となる予定です。
  • 理事会の構成
  • The appointment of Nataliia Tymkiv represents an increase of the Board-selected seats by one. This comes after an expansion by one community-and-affiliate-selected seat in 2021.
  • The approval of Nataliia Tymkiv as a fifth Board-selected seat creates the opportunity for another community-selected trustee, bringing the total number of trustees with a community background to seven.
  • There is no intention to add more Board-selected seats until at least 2023. Whenever Board-selected seats are added, it will be done in accordance with Section 3F of the bylaws, which states that Board-selected seats shall not outnumber community-and-affiliate-selected seats.
  • Nataliia Tymkiv will be able to finish her term as Chair of the Board, ending in 2024. Her maximum term of nine consecutive years as a trustee, as laid out in Article IV, Section 2c of the bylaws, will end in 2025.
  • About Nataliia Tymkiv:
  • Nataliia has served on the Board of Trustees for 6 years in an affiliate-selected seat. She has been an active member of the movement since 2011, and was selected to the Board of Trustees after serving as Executive Director of Wikimedia Ukraine and as part of the Board of Wikimedia Ukraine.
  • She has been vice chair of the Board since 2019, and stepped into the Board Chair position in 2021.
  • Elections will take place in 2022 to replace the two expiring seats. We will reevaluate the need for further Board expansion in 2023.
  • Effective leadership at the Board level requires a mix of historical knowledge, diverse experience, and new, innovative ideas. The Board wants to ensure a balance of all these factors.
  • Onboarding trustees selected in 2021 and 2022 before considering further expansion will allow for us to make a determination based on need, and in response to other leadership structures currently being created by the Movement Strategy process.