ユニバーサルな行動規範/2021年聞き取り調査/協議

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Universal Code of Conduct/2021 consultations/Discussion and the translation is 100% complete.
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Nederlands • ‎español • ‎français • ‎polski • ‎svenska • ‎русский • ‎українська • ‎العربية • ‎中文 • ‎日本語
ユニバーサルな行動規範

このページは、2021年4月から5月までのユニバーサルな行動規範の聞き取り調査の協議についてのページです。詳細については、2021聞き取り調査のページユニバーサルな行動規範の概要をご覧ください。

Community Noun project 2280 white.svg協議内容を転記

ウィキメディア財団は、ユニバーサルな行動規範の適用に関する意見を求めています。

この協議の目的は、今年後半に実施する、コミュニティの包括的な審査にかける提案を作るために、草稿委員会が明確な施行の道順を概観できるようにすることです。提案は、既存のプロセスや提案された追加のプロセスと統合される場合があります。ユニバーサルな行動規範プロジェクトの詳細については、 ユニバーサルな行動規範の概要をご覧ください。

進行中の協議は2021聞き取り調査のページの一覧に掲載してください。 議論を始めるのに役立つ、5つのトピックの質問を用意しています。提供されたフィードバックは、コメント期間後に作成される施行ガイドラインの草案に反映されることになります。

  • すべての質問に答える必要はありません。何が重要か、あるいは影響が大きいかに焦点を当ててください。私たちは、このトピックについて意見を述べるのが難しい場合があることを理解しています。
  • 以前の経験について説明する必要がある場合があるかもしれませんが、これらの議論は、より適切な場所で処理された、以前に決定された問題を再検討する場所ではありません。
  • 各トピックには、ユニバーサルな行動規範が、さまざまなコミュニティとどのように連携するかを理解するのに役立ついくつかの質問があります。
  • よくある質問への回答については、FAQをご覧ください。

ご注意: ある特定の事件を報告したい場合は、既存のルートを使用してください。そのルートで受け入れられない場合、既存のプロセスが機能しない理由をより一般的な用語で概説することはこの協議に役立つかもしれません。ファシリテーターや主催者に事件報告を送ることはしないでください。この協議を組織する人々は、事件の報告や上訴を処理するスタッフではないので、対応することはできません。


コミュニティ支援

  1. ハラスメント(嫌がらせ行為)防止の取り組みの効果は、どうすれば測ることができるでしょうか?
  2. ハラスメントの対象となっている人やその問題に対応する人を支援するために、どのような行動をとり、どのような仕組みを用意すべきでしょうか?
  3. 編集者が利用できる公式または非公式の支援ネットワークはなんでしょうか? そのネットワークがうまく機能するためには何が必要で、克服すべき課題はなんでしょうか?
  4. 編集者に効果的な支援を提供するために、どのような機会がありますか?コミュニティ、投稿者、ハラスメントの対象者、それへの対応者を支援するには何が役に立つでしょうか?


報告経路

  1. ハラスメント対象者の報告経路はどのように改善できますか? どのような変更を加えれば、利用者が適切な報告をすることが簡単になるのか、あるいは難しくなるのでしょうか?
  2. i) 弱い立場の人、ii) 深刻なハラスメント、iii) 暴力の脅威、が関係する事件を安全かつ適切に処理するための最良の方法はなんでしょうか?
  3. あなたの経験では、ハラスメントを行う人に対応するための効果的な方法は何ですか?
  4. 調停、是正、または容認できる行動についての指導を、報告経路でどのように提供するべきでしょうか?


報告の管理

  1. 報告を容易にすることで、報告数が増加する可能性があります。報告の管理はどのように改善できるでしょうか?
  2. ハラスメントやその他の行動規範の問題を特定し、対処するためには、どのような追加のリソースが有用でしょうか?
  3. この分野のボランティアを支援するために、財団が提供できる人材、技術、研修、知識ベースのリソースはありますか?
  4. ウィキメディア・プロジェクト外ですがそれに関連しているもの、たとえばオフラインミーティングやオンライン会議などでの事件にはどのように対処すべきでしょうか?


報告の取り扱い

  1. 問題が責任を持って適切に対処されるだろうという、利用者の信頼を高めるために、報告はどのような方法で取り扱われるべきでしょうか?
  2. 被害者が取られた、または取られなかった措置の見直しを求めたい場合、どのような訴えのプロセスが用意されるべきでしょうか?
  3. 非公開の報告方法が使用された場合、報告者のプライバシーや安全性を保護する義務と、透明性や説明責任の必要性のバランスをどのようにとるべきでしょうか?
  4. ウィキをまたいだ不正使用者や継続的な不正使用者を記録するために使用されるレポートシステムでのデータ追跡には、どのようなプライバシー管理を実施する必要があるでしょうか?


グローバルな質問

  1. たとえば管理者や職務上のグループに対する申し立てなどで、対応する適切な現地組織がない場合、どのように問題を処理すべきでしょうか?
  2. 過去に、中立性や行動規範の問題に悩むプロジェクトがありました。その状況で、安全で公正な審査はどのような方法でできるでしょうか?
  3. グローバルな紛争解決機関は、あなたのコミュニティとどのように連携すると良いでしょうか?