Fundraising 2012/Translation/Srikeit&Noopur Appeal

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Fundraising 2012/Translation/Srikeit&Noopur Appeal and the translation is 100% complete.

1

コスト削減政策の一環として、政府の役人が特許庁をもうやめてしまったらどうだろうと提案しました。新しい発明というものはもう発明されつくされてしまって、すでに特許も取られてしまっているだろう、と。

その結果がどうだったか、ご存じですよね!

今日では、ウィキペディアに2200万もの記事があることが知られていますし、もう何事にも十分に書かれてしまったと思われるでしょう。でもそれは正しくありません。まだまだやるべきことはたくさん残っています。

私はSrikeit,そして友人のNoopurです。私たちは世界の若者の中でも最大の世代です。事実、インドでは12億人の人口のうち半分以上が25歳未満です。 私たちの世代は良い教育、高い識字率、広範なインターネットへのアクセスといった恩恵を受けてきました。世界は変わりつつあり、またその変化の手助けもしています。しかし成し遂げなければいけないことはまだたくさんあります。

このウィキペディアという素晴らしいプロジェクトを通じて、私たちは世界中の知識をインドに持ち込むことができます。そしてインドの知識を世界にもたらすことができるのです。

どうかウィキペディアを成長させるお手伝いとして、できることを何でもご寄付ください。まだたくさんやるべきことがあるのです。

Bio

Srikeitはムンバイ在住で、広告代理店で働いている。 Noopurは博士課程で映画研究をしている。 5年にわたる友達付き合いのなかで、SrikeitがNoopurにウィキペディアを紹介してから、二人の結びつきは深まった。他の友達やクラスメート、同僚たちに、どうやってウィキペディアに寄稿するかを協力し合いながら教えている。