ジェンダー・ギャップ

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Gender gap and the translation is 100% complete.

Other languages:
asturianu • ‎Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎galego • ‎italiano • ‎日本語 • ‎Lëtzebuergesch • ‎lietuvių • ‎македонски • ‎മലയാളം • ‎Nederlands • ‎occitan • ‎پښتو • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎தமிழ் • ‎తెలుగు • ‎Türkçe • ‎中文
...そしてどこにいても、性差を見逃さないで!

ウィキペディアにはジェンダーギャップ (性差) があり、ウィキメディア運動のさまざまなプロジェクトでも同じ状況である。このページでは情報やアイデアの保存を助けて性差を解消しようとするプロジェクトの一覧を作ろうとしている。

あなたは報道関係または媒体の所属か? 性差または男女共同参画をテーマにウィキペディアやその同列のプロジェクトの執筆者か? press(at)wikimedia.org に連絡をしてこの課題に詳しい人を紹介するように取り計らってもらう。

はじめに[edit]

2014年2月1日、アメリカのシカゴで"The Art & Feminism Wikipedia Edit-a-thon" (アートと女性運動をテーマにしたウィキペディア編集マラソン) が開かれた。この企画は性差という課題に注目してもらうことが目標のひとつである。

ウィキメディアのコミュニティが初めて性差を意識した時期は創立からまもないころまでさかのぼり、男女差を数値化する調査による大規模な研究国際連合大学の主導で行われ、成果は2010年3月に公開された。[1]

このページはウィキメディアと性差にかかわる各種の資料と情報のハブとして、さらに特に女性がウィキペディアをやめる理由、または決してウィキペディアに参加しない理由を尋ねた被験者の調査を発表する場として、逸話的な証拠を収集し性差を適切に定量化するため機能する。

関連資料[edit]

英語の記事の情報は性差特別委員会/メディア対応を参照

性差に関する記事一覧:

研究論文 :

これまでに発表された小規模な調査の報告はResearch:Gender gap現在、作成中。内容の向上に参加募集中!

視聴覚資料[edit]

研究[edit]

この課題に注目を集めた出発点は国際連合大学の研究で、報告書は wikipediasurvey.org[dead link] (アーカイブ) からダウンロードできる。しかしながら、一般の研究と同様、みずから応募した被験者を対象にしたため年齢層にかたよりがあり、性差の大小に関してごくおおまかな経過途中の感触しかわからない。

女性を編集にさそう現実的なプロジェクトを話し合うとき (以下のセクション参照) 正確な性差の数値化を行う方法を考案する必要がある。これと平行して女性がウィキペディアをやめる理由、または決してウィキペディアに参加しない理由の逸話を集めることから始め、個人的に性差をどう感じるか、多くの人に伝えるきっかけ作りをしている。

議論[edit]

この課題に興味があって手を貸してくれる人と話し合う場は性差に関するメーリングリストが最適。2011年1月31日に開設され、ウィキメディアンのベテランも、性差に関心をいだいてほかの分野からも参加しており、最初の投稿をするときに自己紹介をすることを勧めている。

性差は繊細な課題でもあり、メーリングリストはこれまで短い行動の約束を設けてきた。要点は気配りと建設的な発言で、具体的には:

  • 個人攻撃は禁止
  • 課題に沿った発言をする。無関係な話題は持ちこまない
  • 言い争いは建設的な議論に変えるか、退出もしくは話題を変える
  • 議論の方向を守り、しっかりとした行動につなげる
  • 攻撃的あるいは理屈っぽい発言 (もしくは連投) はほかの人が参加する気持ちをなくす

性差の特別委員会 (GGTF) がウィキペディア英語版にあり、2013年から活動して英語版で性差の問題が悪化しないように目を配りながら、記事の扱いに助言がほしい人を受けれる場所を作ってきた。

参加しよう[edit]

メーリングリストに参加しなくても、最近の発表を読まなくても、性差の解消を手伝える。もしこれまで編集をしたことがなくても問題 はない。興味を持ったら次のリストのプロジェクトは男女を問わず参加者を募集して活発に動こうとしており、考えすぎないで参加してみてはどうだろうか。

ウィキメディアのコミュニティが備えているリソース[edit]

ウィキメディアで開くプロジェクト[edit]

その他の情報: en: :Category:Women-related WikiProjects

ウィキメディア以外のコミュニティが開くプロジェクト[edit]

役に立つ情報ではあるものの、ウィキメディアのコミュニティ以外の主催だったり、ウィキメディア以外の活動のために開かれた企画が混じっている。

  • エーダ・イニシアティブ (Ada Initiative) オープンテクノロジーや文化に女性参加者を増やす活動をする非営利活動法人
  • アニタ・ボーグ研究所 (Anita Borg Institute) 世界各国に必要な技術の発展に女性が欠かせないという信念を抱く社会事業
  • GeekFeminism (GeekFeminism) ブログ
  • Geek Feminism Wiki (Geek Feminism Wiki) ウィキアのサイト
  • Wikipedia Women (Wikipedia Women) Facebook の公式グループ
  • Wikipedia Systers (Wikipedia Systers) - 2015年2月発足予定。アニタ・ボーグ研究所 (Anita Borg Institute) の姉妹フォーラムで対象はウィキペディアの女性編集者
  • WikiWomens Collaborative (WikiWomens Collaborative) Facebook のグループページ。ウィキウィメン・コラボ (WikiWomen's Collaborative) から派生

脚注[edit]

  1. Glott, Ruediger; Schmidt, Philipp; Ghosh, Rishab; et al. (March 2010). "Wikipedia Survey - Overview of Results" (PDF). UNU-MERIT. Archived from the original (PDF) on 28 July 2011.