ビジュアルエディター/ニュースレター/2015年/12月

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page VisualEditor/Newsletter/2015/December and the translation is 40% complete.

Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Lëtzebuergesch • ‎Nederlands • ‎Piemontèis • ‎Ripoarisch • ‎Tiếng Việt • ‎dansk • ‎español • ‎euskara • ‎français • ‎føroyskt • ‎italiano • ‎magyar • ‎português do Brasil • ‎suomi • ‎Ελληνικά • ‎русский • ‎українська • ‎ייִדיש • ‎עברית • ‎فارسی • ‎پښتو • ‎हिन्दी • ‎中文 • ‎日本語


ビジュアルエディター

ご存知でしたか?

新しくより簡単に、一つの編集ボタンをクリックするだけで編集ができるようになります。いったんページを開いたら、「ビジュアルエディター・モード」と「ウィキテキストエディター・モード」を行ったり来たりしながら切り替えられます。

スクリーンショットには、ウィキテキストエディターからビジュアルエディターへ切り替える際に表示されるポップアップ・ダイアログ・メニューを示しています。

編集ボタンを分離させたい場合は、「環境設定」における「オプション」で設定できます。環境設定は、次回にビジュアルエディターを開いたときにポップアップするダイアログでも、Special:個人設定でも、設定できます。

Screenshot showing a drop-down menu in Special:Preferences

The current plan is for the default setting to have the Edit button open the editing environment you used most recently.

You can read and help translate the user guide, which has more information about how to use the visual editor.

Read this in another languageSubscription list for this multilingual newsletter

Since the last newsletter, the visual editor team has fixed many bugs and expanded the mathematics formula tool. Their workboard is available in Phabricator. Their current priorities are improving support for languages such as Japanese and Arabic, and providing rich-media tools for formulæ, charts, galleries and uploading.

最近の改善点

編集を始めた後でも、ウィキテキストエディターからビジュアルエディターへの切り替えが可能になりました。 LaTeX 数式エディタの機能が大いに拡張されました。 (T118616) LaTeX コードを変更すると、それに合わせて変更された数式を見ることができるようになりました。多くのシンボルに対応した正確な LaTeX コードをボタンクリック一つで挿入できるようになりました。

今後の改善点

The single edit tab project will combine the "Edit" and "Edit source" tabs into a single "Edit" tab, like the system already used on the mobile website. (T102398, T58337) Initially, the "Edit" tab will open whichever editing environment you used last time. Your last editing choice will be stored as a cookie for logged-out users and as an account preference for logged-in editors. Logged-in editors will be able to set a default editor in the Editing tab of Special:Preferences in the drop-down menu about "Editing mode:".

ビジュアルエディターは下記のウィキペディアで2016年の早い時期に編集者全員に供用されます。 Amharic, Buginese, Min Dong, Cree, Manx, Hakka, Armenian, Georgian, Pontic, Serbo-Croatian, Tigrinya, Mingrelian, Zhuang, and Min Nan. (T116523) Please post your comments and the language(s) that you tested at the feedback thread on mediawiki.org. The developers would like to know how well it works. Please tell them what kind of computer, web browser, and keyboard you are using.

2016年、多くのウィキペディア上でのビジュアルエディターのためのフィードバック・ページが、 mediawiki.org にリダイレクトされる予定です。 (T92661)

Testing opportunities

  • Please try the new system for the single edit tab on test2.wikipedia.org. You can edit while logged out to see how it works for logged-out editors, or you can create a separate account to be able to set your account's preferences. Please share your thoughts about the single edit tab system at the feedback topic on mediawiki.org or sign up for formal user research (type "single edit tab" in the question about other areas you're interested in). The new system has not been finalized, and your feedback can affect the outcome. The team particularly wants your thoughts about the options in Special:Preferences. The current choices in Special:Preferences are:
    • Remember my last editor,
    • Always give me the visual editor if possible, 
    • Always give me the source editor, and 
    • Show me both editor tabs.  (ビジュアルエディターをお使いの皆さんの、現在の状態です。個人設定でビジュアルエディターを使わない設定にしてある場合は、どのオプションも見ることができなくなっています。)
  • 日本語もしくは朝鮮語を読んだり入力したりすることができますか?言語エンジニアのDavid Chanが、いくつかの言語で入力する際にどのツールを使うかわかる人を必要としています。もしあなたが日本語か朝鮮語の話者なら、彼の開発したものを試験運用する際の実験台になってあげてください。まずはWhat to testのインストラクションを参照して、製作者のページ( Phabricator (Korean - Japanese) か、ウィキペディア朝鮮語版 - 日本語版でそのことをお知らせください。

あなたのお気に入りの言語でこのニュースを読んでいない場合は、翻訳にご協力ください。翻訳者向けメーリングリストをサブスクライブするか、連絡先に直接、メールをお送りください。そうすれば、次号発行時にはこちらから通知を送信できるようになります。