Wikimedia Foundation elections/2021/Candidates/Eliane Dominique Yao/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Wikimedia Foundation elections/2021/Candidates/Eliane Dominique Yao and the translation is 100% complete.

イリアーヌ・ドミニク・ヤオ (Yasield)

Yasield (talk meta edits global user summary CA  AE)

候補者の詳細
ウィキデータプロジェクトの研修会 にて。Wikimoussoグループ主催、2019年3月16日(土)
  • 自己紹介:
    • 名前: イリアーヌ・ドミニク・ヤオ
    • 居住地: コートジボワール、アビジャン
    • 言語: フランス語
  • 活動:
    • ウィキメディア参加時期: 2013年
    • 活動中のウィキ: ウィキペディア
所信表明 (450語以内) 私は、2013年からウィキメディア活動のメンバーです。私は、わが国のコンテンツの男女格差に立ち向かうコートジボワールの利用者グループに従事しています。2016年に私は役員によって、「Wiki Loves Women」プロジェクトに取り組むチームのリーダーに選ばれました。2016年から2017年にかけてresults コートジボワールで重要な結果を出したこのプロジェクトの成功後、私は「Wikimousso」(ウィキの女性)」というプロジェクトを始めました。その目的は、コンテンツギャップを減らすために、わが国の著名な女性に関する質の高いコンテンツを制作することです。このプロジェクトでは、ウィキペディア、ウィキデータ、ウィキコモンズ、ウィキクオートなどのウィキプロジェクトにおいて、わが国の人口に大きなプラスの効果をもたらしている女性の活動を紹介しています。2017年以降、私はこのプロジェクトのチームを積極的に指揮し、ウィキインダバ、フランス語圏のウィキコンベンション、ウィキマニアといったいくつかの国際会議で発表してきました。

2018年から2021年の間副会長および役員のメンバーとして、私はウィキメディア サミットのようないくつかの重要なコミュニティ会議で私のユーザー グループの代表を務めました。アフリカのフランス語圏地域のアート+フェミニズムのリージョナル アンバサダーとして私は、私の地域内の他の国にいるフランス語圏のウィキペディアンの能力構築 にも3年間貢献しています。このような一連の経験から、私は活動の全体像を把握し、理事会が短期的かつ長期的な成果を目指す正確な優先順位に基づいて活動することの重要性と緊急性を理解しています。私は理事会の一員として、これまでに行われた成果や活動を強化させ、コミュニティ全体の利益を考慮した意思決定の多様化に貢献したいと考えています。私はコミュニケーションの専門家でもあるので、活動のコミュニケーション方針を改善し、さまざまなメンバーのコミュニティに合わせた戦略を適応させることも私の目標のひとつです。

理事会の上位三優先事項 *
  • 運営組織の再構築:アクションを進化させコミュニティの発展を継続させるためには、できるだけ早く運営組織を再構築することが活動にとって重要です。
  • 財団のコミュニケーションの向上:情報を分散させるために、活動のコミュニケーションシステムを改善します。
  • より包括的な活動を実現するために、理事会におけるスキルや専門性を多様化することで、活動のグッドガバナンスのシステムを強化します。
ウィキメディア運動戦略の上位三優先事項 *
  • 能力構築: 活動の中で、コミュニティの強みと弱みに応じた能力構築を支援することが望ましいです。
  • 分散化:事務手続きを円滑に進めるためには、財団とコミュニティの距離を縮める必要があります。
  • 意思決定における平等性:私にとって、活動のあり方に関わるすべての主たる決定は、強い提案力となるすべてのコミュニティと提携団体の意見を考慮しなければなりません。
確認 完了した確認作業
立候補資格: Artículo bueno.svg 確認済み
確認者: Matanya (talk) 20:30, 1 July 2021 (UTC)
身分証明: Artículo bueno.svg 確認済み
確認者: Joe Sutherland (Wikimedia Foundation) (talk) 18:15, 29 June 2021 (UTC)
理事評価フォーム
理事評価フォーム
経験年数
<1 1–2 2–5 5–10 10+

ウィキメディアにおける経験 候補者には、ウィキメディア運動への献身的な貢献者であることが求められます。要件を満たす貢献には以下を含みます:ウィキメディア・プロジェクトへの貢献、ウィキメディア財団や提携団体の構成員であること、ウィキメディア運動の取りまとめ役としての活動、もしくはウィキメディア運動の協力組織への参加。

7年
  • 2013年 - 2017年 私のユーザー グループの監査役
  • 2018年 - 2021年 コートジボワールのユーザー グループの副会長
  • 2017年からウィキプロジェクトのマネージャー
  • 2018年 - 2021年 アフリカのフランス語圏の人々のためのアート+フェミニズム のリージョナル アンバサダー

理事としての経験 候補者が、全国的もしくは世界的な組織(非営利、営利、もしくは政府)において理事や取締役などを務めたことがあるか。

私はユーザーグループの役員のメンバーを4年間務め、わが国の政府のコミュニケーション・メディア省でコミュニケーション担当の副長官を務め、現在はアメリカの国際NGOに勤務しています。

役員経験 候補者が、規模、複雑性、活動範囲においてウィキメディア財団に匹敵するかそれを上回る規模の組織、部門もしくはプロジェクトにおいて役員を務めたことがあるか。

私は8年以上にわたり、コミュニケーションや広報の分野で責任ある立場にあり、現在の会社では意思決定委員会に属し、8カ国の地域コミュニケーションを担当しています。

内容領域専門性 候補者が、ウィキメディア財団と理事会の活動に関連する分野において働いたか、もしくはかなりのボランティア活動を行ったことがあるか。これらの分野は毎年決定され、グローバル運動の構築やコミュニティの組織化、企業レベルのプラットフォーム技術と製品の開発、公共政策と法律、知識分野(例:学術/GLAM/教育)、人権と社会正義、オープンインターネット/フリー・オープンソースソフトウェア、組織戦略と運営、財務と財務監督、非営利の資金調達、人材管理、理事会のガバナンスのような分野を含みます。

私はこれまでに理事会に出たことはありませんし、財団の役職に就いたこともありませんが、いくつかの協会の役員を務めたことがあり、意思決定やチームワークの経験があります。

多様性:経歴 候補者が、権力構造の中で歴史的差別や低代表に直面してきた集団に属しているか、属していたか(例えば、性、人種、民族、障害、LGBTQ+、社会階級、経済的地位、もしくはカースト)

私は直接的な汚名を着せられたことはありませんが、私が属する民族社会では、経済的に、または社会的な立場によって、異なると思われる人々を判断する傾向があります。

多様性:地理的 候補者が地理的な居住地域に基づき、理事会の全体的な地理的多様性に貢献するか。

私はアイボリーコーストで生まれ、住んでいるので、この国の文化を完璧に分かっています。ヨーロッパ諸国での生活や旅行経験から、いくつかの国についての一般的かつ異文化的な知識を持っています。

多様性:言語 候補者が、英語以外の言語のネイティブスピーカーであるか。

私の母国語はフランス語で、英語は中級レベル程度です。

多様性:政治システムの経験 候補者に、非民主的・検閲国家・抑圧的な状況において長く居住もしくは就労した経験があるか。

コートジボワールは、多様性および人生の選択の自由度という観点では完全な包容まで達していません。例えば、コートジボワールのシステムでは、LGBTのイベントを公式に開催することは難しいです。