排除主義

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
(Redirected from 排他主義)
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Exclusionism and the translation is 94% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎Türkçe • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎occitan • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎العربية • ‎سنڌي • ‎مصرى • ‎中文 • ‎日本語 • ‎粵語 • ‎한국어
ウィキペディアにおける排除主義: en, pt
「完璧というものは、付け足すべきものがなくなったときではなく、取り除くべきものがなくなったときに得られるように思われる」
— Antoine de Saint-Exupéry, Terre des hommes, 1939, chap. III


排除主義とは、無関係な情報や余分な情報を記事から取り除くことで記事の有用性を最大化しようとする思想のことです。関連性、参考文献の欠如、POV的問題のある内容、記事の大きさ、他の記事との重複、などを記述排除の判断基準とします。排除主義者の思想は、部分的には、「何を書くかよりも何を書かないかの方が重要であることが多い」との主張に由来しています。排除主義を実践する人々は排除主義者と呼ばれます。

排除主義者のモットー:
予防は治療に優る。
排除主義者の義務:
あらゆるウィキペディア項目から無関係で余計な材料を排除するよう努めよ。排除したくなければ、変更せよ。排除により実質的な中身がなくなったときにのみ削除せよ。

排除主義は他者からは、削除主義に反対するものないしは代替物となる編集哲学であるとみなされ得ます。包摂主義者であると同時に排除主義者であることはあり得ることです。

削除主義者は単に貧弱と思える記事を削除することを望む一方で、排除主義者は貧弱、過剰ないし異質な内容と思われるものを、記事そのものを保持したまま排除します。

排除主義者は中立的な観点 (NPOV)に立って書かれていないと思われる内容を修正するよりは削除することが多いでしょう。

排除主義者は関連性、記事のサイズ、すでに他の記事に情報が存在する、POV、出典の有無などを根拠に排除の決断を下します。彼らはまた、既成事実として見られる事を願って、一見したところでは完璧な記事を構築するでしょう。

Interested exclusionists are welcome to suggest more policy changes. The Association of Exclusionist Wikipedians has been established.

関連項目