ウィキメディア提携活動/原則

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Wikimedia movement affiliates/Principles and the translation is 100% complete.

Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎English • ‎Tiếng Việt • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎svenska • ‎български • ‎русский • ‎українська • ‎اردو • ‎العربية • ‎हिन्दी • ‎ไทย • ‎ភាសាខ្មែរ • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어
翻訳にご協力願えますか?未訳のメッセージを翻訳してください。
Participation at Evaluation workshop - WMCON 2015 03.jpg
ウィキメディア運動の提携団体ならびに提携団体委員会など関連部署は運動役割プロジェクトが定めた下記のウィキメディア提携活動の原則に従うものとします。


ウィキメディア提携活動/原則
ネットワークを広げる
私たちの運動を - 公式・非公式に - 支えるグループは承認の条件に合う場合、広い目で見たウィキメディア運動に加えると望ましく、運動の国際的なネットワークを強めることが期待されます。
しなやかに
組織やグループの体系や状況の移り変わりや変化を受け入れ、相手に適さない型に押し込めるのではなくしなやかに対応します。
押し付けではなく引く姿勢で
ウィキメディア運動提携団体に対して、原則やパラメータ、手続き過程の情報を提供します。それぞれのモデルの利点と不利点、権利と義務を明示します。グループごとに最適の選択肢を選べるように支持しても、決定権はグループにあることを忘れません。
〈上から目線〉ではなく協力を
提携団体同士の協調関係を優先します。同一地域に共存する複数の提携団体に上下関係はなく、互いに存在し続ける方法として、協調関係と作業の重複を避ける工夫を話し合う必要があるのです。
コミュニケーションが鍵
特に地理的あるいは主題の領域が重なる場合、作業の協調あるいは衝突や競合の回避のどちらにとっても、相談、情報の流れとコミュニケーションが不可欠です。重複の可能性があるプロジェクトについて、影響を与え合う全グループ間で情報を共有します。ウィキメディア運動の責任の基準に従って、報告を公開するよう確認します。
お役所仕事に陥らない
貢献者は可能な限り、既存のグループと共同作業を行います。個人的な意見の相違だけを根拠に、新しい団体を設立してはいけません。
貢献者にパワーを
提携団体の承認の基本とは、それぞれのコミュニティー内でより広く認知されて支持を得るように力添えし、プロジェクトにおける提携団体の実績を明確化する点にあります。