プロジェクト閉鎖の方針

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Closing projects policy and the translation is 76% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Afrikaans • ‎العربية • ‎čeština • ‎dansk • ‎Deutsch • ‎Zazaki • ‎English • ‎Esperanto • ‎español • ‎euskara • ‎فارسی • ‎suomi • ‎føroyskt • ‎français • ‎italiano • ‎日本語 • ‎한국어 • ‎Lëtzebuergesch • ‎лезги • ‎lietuvių • ‎مازِرونی • ‎norsk bokmål • ‎Nederlands • ‎occitan • ‎ਪੰਜਾਬੀ • ‎polski • ‎پښتو • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎русский • ‎slovenščina • ‎Kiswahili • ‎Türkçe • ‎українська • ‎ייִדיש • ‎中文
方針とガイドライン プロジェクト閉鎖の方針
このページには、ウィキメディア財団がホストするウィキの閉鎖(状況によっては消去)の手続きを規制する方針の概観が書かれています。方針は言語委員会によって規定されています。

言語委員会の会議以前の版については、こちらをご覧ください。

言語委員会
言語委員会
依頼する利用者向け
情報
情報
プロジェクト閉鎖(自発的)
ボックスの: 閲覧 · トーク · 編集

この方針はウィキメディア財団によって提供されているウィキを閉鎖(状況によっては消去)する手続きについて定めています。プロジェクト(サブドメイン、ほぼ言語版に対応)の廃止についての依頼は、言語委員会 (LangCom) のメンバーのうち名乗りでた者によって扱われます。委員の判断に対してウィキメディア財団理事会が最終決定権を持ちます。ひとつの姉妹プロジェクト全体を閉鎖するという依頼は、めったに起こらないため、取り扱いのための形式的な手続きがありません。

はじめに[edit]

以前のプロジェクト閉鎖の提案には明確な方針がありませんでした。方針を決める提案は何度かなされましたが、適用されたものはありませんでした。

それ故、多くの小規模で活動のないウィキが閉鎖の提案をされることになりました。"不活発なウィキである"と方針から外れた賛成意見を示す者がおり、また一方で"成長するにまかせよ"と方針から外れた反対意見を示すものがいました。しばしば、利用者が立ち寄り、決定を下しましたが、実際の合意とはかけ離れたものにさえなりえました。

この方針ではこれらの問題を以下のように処理しようと試みています:

  • 閉鎖を依頼する正当な理由を示すよう要求し、いくつかの理由については正当、もしくは正当でないと定めています。
  • 手続きを言語委員会と理事会の最終判断の管理下に置いています。

The community no longer has authority over closing projects, but only an advisory role. This puts the procedure in line with the language proposal policy, which is also dependent on Language Committee and Board approval. That means closing a project is no longer easier than opening one.

決定はコミュニティの合意によってではなく言語委員会のメンバーによってなされ、理事会が最終決定権を持ちます。言語委員会は、この手続きによって意思決定がよりよいものとなり、言語委員会と理事会がウィキメディアのウィキの閉鎖を扱うのにふさわしい機関であると、確信しています。

方針[edit]

提案の種類[edit]

複雑だったり普通ではない場合を普段のものと区別するため、閉鎖の提案がなされたプロジェクトは以下の2つのどちらかに分類が行われます。

  1. 内容を持たない、もしくはその内容がほとんど意味を持たない正規言語版(小規模なウィキや活動的なウィキ自体は、外へ開かれている限り一般に問題を起こしません。以前と違い、自動スパムは常にブロックされます。)
    例えば:イヌ語版ウィクショナリー、ネコ語版ウィキクォート、ウサギ語版ウィキブックス…
  2. 異論や疑義がありうるウィキ、もしくはその他の理由で通常のウィキではないもの(多くの場合前者と比べてより活発なウィキです。)
    例えば:Quality Wikimedia、シンプル英語版ウィキクォート…

行為の定義[edit]

  • Closing a wiki means locking its database so that it cannot be edited by anyone except stewards, interface editors, system administrators, founder and staff, but all pages are still visible to public. User rights (sysop, ...) are removed and can be restored on user request when the wiki is re-activated.
  • Deleting a wiki means deleting the database so it is completely unavailable on the web. An XML file with the wiki's content will still be available for external use.
  • Transferring or importing content means moving useful articles/pages, along with the contribution history, to the Wikimedia Incubator, OldWikisource or BetaWikiversity (or another site when explicitly mentioned). See incubator:I:Importing for more info.
    • Files are left on the wiki because of the lack of an export function. When the wiki is deleted, files could be downloaded manually if needed. When such a software feature becomes available, files should be exported.

提案[edit]

誰でもウィキの閉鎖を提案できますが、以下を行う必要があります:

  • 提案を上の2つのどちらかに分類する。
  • 提案者がウィキの消去を求める場合、そのことを提案の原文において明確に言及する。
  • 提案を提出した際には、当該ウィキへ直ちにその旨を伝達する。
  • 支部が当該プロジェクトへ貢献することに興味を持つ人々を発見する機会を持てるよう、同じ言語の主な関係ある支部へ同様に伝達を行うのが望ましい。言語ごとのウィキメディア支部を参照(括弧にくくられていない主支部に連絡する)。
  • 適切な理由とは、なぜそのウィキが閉鎖もしくは消去されるべきなのかという理由を含んでいるものです。
    • 不活発であること自体は正当な理由となり得ません。不活発に付随する問題が理由となります。ウィキメディア・インキュベーターが本物のウィキのようにある程度利用できるようになった場合、不活発は正当な理由となるかもしれません[1]
    • ウィキが設立されて以来の内容の欠如というのは(一般にはタイプ1に関して)正当な理由となります。
    • 現在の言語版開設方針に適合しないというのは、正当な理由となりえません
    • ウィキメディアや言語委員会は何が言語であって何が方言であるかということを定義しないということを覚えておいてください。我々は、言語の広範な理解を持つことの多い国際的なISO基準に従います。そのプロジェクトで使われているのが「言語」というより「方言」であるとされるからといって、一般にプロジェクトの閉鎖を提案するべきではありません。

決定[edit]

  • During a period of at least several weeks, the proposal is public to the community for comments and recommendations.
    However, in the event that a LangCom member considers a discussion harmful, with no reasonable possibility of a decision to close the wiki, the member may close the discussion immediately. This may be appealed to the closing member or to another member of LangCom, who may re-open it if that member finds the discussion to be of value. Any other responsible WMF user, not affiliated with the wiki proposed for closure, may also close a discussion considered disruptive, for stated cause, pending review, and it should not be re-opened except by a LangCom member.
  • Any Language Committee member who has opted-in to take care of handling closing projects proposals can bring up the proposal on the mailing list. It is discussed during about a week (or longer if needed), without formal voting.
  • Thereafter, the initial LangCom member drafts a decision and notifies the community and the Board. The decision will be implemented one week after giving notice unless members of the Board, which has final authority, wish to take the matter up.

提案の承認[edit]

  • For the first type of proposal, useful content should be transferred to the Incubator. Whether content is useful is hard to define, but common sense can help. For the second type, a different solution for the content is often appropriate.
  • A bug should be submitted to Phabricator to request the closure (and deletion if applicable).
  • The sitenotice on the respective wiki should be set to something like:
    This wiki has been locked (see discussion). To contribute to a future wiki, see the Wikimedia Incubator project.
    ウィキテキスト:
    <div style="border:3px solid #000; padding:1em;">'''This wiki has been locked (see [[m:Proposals for closing projects/Closure of WIKIPROJECT|discussion]]).''' To contribute to a future wiki, see the [[incubator:Wx/xyz|Wikimedia Incubator project]].</div>
  • Re-opening projects is done through requests for new languages, which uses the Meta:Language proposal policy that is much more strict than used to be in the past (when most wikis, that are now proposed for closure, were started)

提案の却下[edit]

  • The wiki remains open.
  • A new proposal may be submitted if there are new conditions. A proposal that is exactly the same, may not be made the same year to reduce unneeded duplicate proposals.

言語委員会メンバー向けの指針[edit]

  • Since closing projects is not our main activity, you should generally wait with uncontroversial requests. Instead, try to bundle several requests into one e-mail to keep the e-mail volume low.

遡及性[edit]

As it was done when the Language proposal policy was introduced, all proposals that were open at the time when this policy was introduced have been made invalid. Anyone can start a new proposal under the new policy.

脚注[edit]

  1. 将来において、ウィキメディア・インキュベーターは、自らのウィキを持つほど大きくない一般のウィキへの場所として機能するよう意図されています。それによって、ウィキメディアが大量の小規模ウィキを抱えることはなくなりますが、代わりに"仮想的なウィキ"を持ったインキュベーターウィキを持つこととなります。

リンク[edit]