Strategy/Wikimedia movement/2017/Cycle 2/ja

From Meta, a Wikimedia project coordination wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Strategy/Wikimedia movement/2017/Cycle 2 and the translation is 100% complete.

Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Gaeilge • ‎Nederlands • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎dansk • ‎español • ‎euskara • ‎français • ‎italiano • ‎latviešu • ‎magyar • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎suomi • ‎svenska • ‎Ελληνικά • ‎български • ‎русский • ‎українська • ‎עברית • ‎العربية • ‎سنڌي • ‎हिन्दी • ‎বাংলা • ‎ไทย • ‎中文 • ‎文言 • ‎日本語 • ‎한국어
最新の日程
サイクル 1 (生み出す) センスメイキング (意味付け) サイクル 2 (議論) 議論のまとめ サイクル 3 (新しい意見に取り組む;
グループからまとめを集めて戦略的方向付けの草稿作りへ)
意見交換と草稿の完成 妥当性の評価 第2段階
3月14日–4月18日 4月18日–5月5日 5月11日–6月12日 6月12日–6月30日 7月 8月から9月 10月 2017年末–2018年

ステップ1: 5つのテーマ全てに目を通す

健全で、排他的でないコミュニティ

2030年までにウィキメディアのボランティア文化は、すでに参加している寄稿者にとっても新参者にとっても、楽しく、やりがいがあって、すべてを含んだなものになります。私たちの運動への新しいボランティアを歓迎し、その人たちが素晴らしい経験を得てプロジェクトに参加し続けられるように面倒をみていきます。あらゆるバックグラウンドをもった人たちが、深い関係をもってグループや組織のネットワークの一部であることを感じるようになるでしょう。その結果として、集団での保護の下でプロジェクトが栄えていくにつれ、私たちの運動は規模と性質の両面で成長するでしょう。

拡大期(技術進歩)

2030年までに、ボランティアがより創造的で生産的になるのを支援するため、ウィキメディア運動では積極的に技術革新を取り入れます。機械による学習と設計を用いて知識へのアクセスと利用が簡単になるようにします。多くの言語でより質を高めより量を増やすために、例えばボランティアはより良い機械翻訳にアクセスできるようになっているでしょう。私たちは、ブラウザ、アプリ、百科事典を超えて、人々が学び貢献する手段を改善するという方法で知識の提示と整理を行います。

真にグローバルな運動

ウィキメディア運動では、これまでが自分たちが当初の15年間で十分に顧みてこなかった世界の地域に対して、私たちの関心を向けていきます。ウィキメディアへの認知を築き、人々により役立つものにしていきます。知識へのアクセスの障壁を取り除き、より多くの人が自由にウィキメディアプロジェクトを共有できるようにします。世界であまり顧みられなかった地域のコミュニティを支援し、新しい形の貢献と、世界中の知識の流儀に沿った参照方法に対して、場所をつくります。2030年までに、真にグローバルな運動になります。

最も尊重される知識の源へ

今後、内容をより正確で検証可能にする努力をしています。2030年にはウィキメディアプロジェクトは、世界中で最も高品質、中立で現実の問題に即した知識の源と認められているでしょう。利用可能な知識の奥行きを広げ、検証可能で中立なコンテンツの基準を維持します。専門家もお招きして参加していただくつもりです。どんなプロセスが私たちの信頼性を築いているか、皆さんに理解していただけるようにします。必要なとき、必要な場所で最も関連性の高い情報を皆さんにお示ししていきます。

知識の生態系に関わる (知のネットワークに参加)

私たちは無料で自由にアクセスできる知識源の理想実現に向けて尽力してくれるさまざまな組織との関係を構築します。ウィキメディアのコミュニティーは、どんなものを持っているのか知らなかった協力者と共に活動していきます。私たちが持つコンテンツと技術は世界中において、正式なあるいは非公式な教育の場で中心の一旦を担う存在になることでしょう。私たちは教育、芸術、娯楽、市民社会、政府、科学技術の主要機関と提携します。私たちはそれらの機関と連携して、あらゆる人が無料で自由に使える知識源について学び、想像し、保護しようとする新たな世代の人々を招待します。

ステップ2: 自分にとって最も重要なテーマを選び、議論に参加する

すべてのテーマに貢献する時間や興味がないかもしれないことを了承しています。理解できますし、あなたができる貢献を評価します。好きなだけ可能な限り多くのテーマにコメントし、最も魅力的な質問に集中することをお勧めします。コメントはすべて分析と気づきに含まれます。

あなたの貢献が簡単、たとえば私たちが特定の方向に進むとあなたが作業を – やめたり、あるいはやり始めたりするなど、どう変化するか述べることでも結構です。あるいはまた、特定のテーマがなぜ重要であるかあえてやってみるような、思考を促すものをもたらす可能性もあるのです。

あなたには価値のある貢献をもたらせるのですから、ぜひ参加してください。

ステップ3: 議論したい空間を選ぶ

  1. メタウィキで: 上の議題をクリック、それぞれの議題のページや議論するページへ移動

ステップ4: 組織化されたグループに限定

  1. テーマと質問数をもとに議論の主なポイントを要約
  2. あなたの要約を情報源のページに投稿